「ほっ」と。キャンペーン

文化学園大学 国際文化・観光学科ブログ“小平の風”

bwukokusai.exblog.jp
ブログトップ

<   2015年 02月 ( 4 )   > この月の画像一覧

「小平の風」休止のお知らせ

 2010年1月に開設された国際文化学科(現国際文化・観光学科)の公式ブログ「小平の風」は、今回をもって休止とさせていただきます。このブログを通じて、本学科が何を目指しているか、本学科ではどのようなことを学べるのかなどをお伝えするために、学生や教員の「生」の声をお届けしてまいりました。
今年の4月、本学科を含む小平キャンパスのすべての学科は、新都心キャンパスで新たなスタートを切ります。文化学園大学の学びの拠点が一か所に集まり、「文化」と「観光」を多面的な方向からとらえてきた本学科は、ほかの学部・学科との交流を深めることによって、さらに充実した教育・研究内容を提供できると思います。
 再出発後の様子は、あらためて皆様にお伝えしていきたいと思いますが、ここで5年余りに及ぶ「小平の風」にひとまず幕を下ろすことにさせていただきます。
 ご愛読本当にありがとうございました。                    

「小平の風」編集担当
中沢 志保
栗山 丈弘
齊藤 眞理子
星  圭子
三島 万里
[PR]
by bwukokusai | 2015-02-17 16:00 | ニュース&トピックス

平成26年度卒業研究発表会

 1月31日(土)の午後、国際文化・観光学科の卒業研究発表会が行われました。15名の4年生が、学びの集大成となった卒業研究を7分ほどの発表にまとめ、そのあとでフロアから次々と出された質問に対しても堂々と対応していました。発表者と卒論題目は以下の通りです。

1小室 なな 和太鼓の広がり
2田中 潤好心の平安と充実について
3李 玟晶韓国のFSAとLCCについての考察
4沖 ひか瑠地方空港の現状と未来について
5豊田 紗希客室乗務員の役割についての考察
6王 婉南日本の食文化の観光資源としての長期持続可能性について
7郭 雅倫訪台湾日本人観光客向けの新しい個人旅行の開発について
8手塚 葵クルーズ旅行の将来性について
9日名地 愛美日本を新婚旅行先として発展させるために
10三守 亜紀日本におけるワインツーリズムの将来性
11稲田 唯香レゲエ文化とツーリズム
12姜 琳君日本における近代観光の成立と変遷
13秋 ミン志テーマホテルに関する考察
14並木 聡美100周年を迎える東京駅
15松田 流花観光立国日本におけるアニメーションツーリズムの可能性

 卒論題目を一覧するだけでも、「文化」と「観光」をキーワードにするこの学科の特徴が明確に伝わります。「観光」することは、ある意味で「文化」を知ることですから、この二つの言葉はいわば裏表の関係にあるとも言えるでしょう。この学科で4年間学んだ学生の皆さんがこのことを十分に認識していることが、上記のような研究テーマからもはっきりと確認できます。卒論指導を担当された先生方からは、15名それぞれの研究に対して、厳しくも愛情あふれる講評をいただきました。また、熱心に先輩の晴れ舞台を見つめていた下級生からも率直な質問が飛び出し、発表会の雰囲気を大いに盛り上げてくれました。

 今回は、小平キャンパスで開催する最後の発表会となりましたが、来年度からは新都心キャンパスでさらに活発な発表会が期待できると思います。
a0149405_1644772.jpg
a0149405_165350.jpg
a0149405_1651587.jpg

[PR]
by bwukokusai | 2015-02-17 12:00 | ニュース&トピックス

On the Origin of Valentine’s Day

  Every year on the 14th February girls all across Japan, in a sense of annual obligation, commemorate Saint Valentine's Day by giving chocolates to boys of their acquaintance. For the most part, in the rest of the world, the obligation is the opposite; it is boys who feel compelled to give girls heart shaped boxes of chocolates, romantic greetings cards, and bouquets of roses. Putting aside this strange reversal of roles, that distinguishes Japanese Valentine’s Day from the rest of the world, have you ever wondered the origin of this celebration of friendship and love? To answer this question we need to appreciate two stories from ancient European history.

  Our first story will require us to go back more than 2,500 years to “pre-Christian Rome”, and it begins with a wolf, a cave and two small boys. Legend has it that around 500 BC a “she-wolf” or Lupa (as the ancient Romans would have called it) lived in a cave near the Tiber River, which ancient Romans referred to as Lupercal (meaning the cave of the “she-wolf”). The legend tells us that one day the she-wolf found two small boys abandoned beside the river, which she took back to her cave and suckled.
a0149405_922391.jpg

  The story continues that one day the boys and the she-wolf were discovered in their cave by a shepherd named Faustulus. In turn, the shepherd took the boys home, and he and his wife raised them. The legend goes on to tell us that when the two boys, whom Faustulus named Romulus and Remus, grew up, they founded the city of Rome.
a0149405_931139.jpg

  In commemoration for the legendary birth of their city, the citizens of ancient Rome established a fertility (erotic or sexual love) festival that became known as the Lupercalia or “festival of the she-wolf’s cave”. So called because the festival was originally celebrated near what was believed to be the cave of the she-wolf.
a0149405_933344.jpg

  Moreover, preparation for the annual celebration of Lupercalia required the task of cleaning or purifying of the she-wolf’s cave. Over the years the cleaning in preparation for Lupercalia became itself a very important activity, which ancient Romans referred to as Februalia (purification), In fact, the Februalia became so important that ancient Romans dedicated an entire month to purification, which they called Februarius.
a0149405_941824.jpg

  Our present day calendar derives the name for the month of February from this ancient legend, and even today the annual event of spring cleaning is still very much a part of European culture. Moreover, the ancient Romans required that the festival of Lupercalia be celebrated on three days in the middle of Februarius, traditionally from the 13th to 15th. So, we can learn from this story that the middle of February has long been associated with celebrating fertility, that is to say sexual love.
a0149405_945662.jpg

  The second story that we need to absorb, also from ancient European, explains how the Lupercalia celebration of fertility and sex became associated with the name Valentine. This story takes place several hundred years after the legend of Lupercalia. Moreover, it involves actual historical people as opposed to being merely a legend like the story of the she-wolf. We pick up this story in the early Christian-era of Rome, a time in Europe when Christianity was slowly but surely becoming a very powerful religion. In 268 AD Claudius II became the emperor of Rome. Claudius held the belief that his married soldiers spent too much time thinking of their families and not enough time training for battle, which made his army weak. So, in the hope of making his men more capable soldiers, he prohibited them from falling in love, getting married and starting families. Of course, these restrictions on love and marriage were not very popular with young many people, who were prone to fall in love and often desired to get married. Thus, some young lovers attempted to disobey the emperor, and they were often aided by a certain Christian bishop. He believed love and marriage were scared blessings from God, and as such could not be prohibited by the emperor. His name was Bishop Valentine, and he performed many secret marriage ceremonies for young soldiers in opposition to the emperor. When Emperor Claudius discovered that Valentine was disregarding his ban on marriage, he ordered the bishop to be put to death. And so it was that the good Bishop Valentine was killed because he had gone against the will of the emperor.
a0149405_952688.jpg

  In the course of time, with the rise of Christianity, and the decline of the Roman Empire, many ancient Roman festivals were replaced by new Christian ones. However, the ancient festivals were still very popular with the people of Rome, so the newly created Christian festivals often attempted to maintain the same general themes of the ones they replaced. Whereas, ancient festivals, such as Lupercalia, may have involved fertility or sexual celebrations, Christian festivals were meant to honor God or saints, people who dedicated their lives to God. Christians, with their religious focus completely on God, deleted any association of sex or bodily pleasures in their festivals. The story of Bishop Valentine, who had been murdered by Emperor Claudius for aiding young couples with the blessings of love and marriage, thus, became a suitable replacement for the ancient legend of the she-wolf and the sexual celebrations of Lupercalia. In 496 AD, the now dominant Catholic Church declared Bishop Valentine to be a saint, and dedicated a special day in his honor. The three-day festival of Lupercalia, traditionally celebrated on the 13th, 14th, and 15th days of Februarius, was reduced to a single day on the Christian calendar, created to commemorate the “romantic love” that Bishop Valentine had once aided. And so it is, every year on 14th of February we continue this tradition of celebrating friendship and love, on a day we call Saint Valentine’s Day.
a0149405_96633.jpg
教授 ジョン オーエン
[PR]
by bwukokusai | 2015-02-10 09:00 | 教員コラム

旅へのいざない(2)~行ってみたらこんなところでした~

 前回に引き続いて、私が訪れた中で印象に残っている場所を挙げてみたいと思います。今回はホテル選びです。

 1990年ごろだったと思いますが、パリの郊外にあるお城をホテルに改装したところに泊まったことがあります。川が流れる広大な敷地に、こじんまりした城(館?)があり、そのままホテルとして営業していました。この手のホテルにはいろいろなタイプがありますが、ここはしっかりとしたダイニングルームを持つ星付きのホテルレストランでした。
a0149405_1673128.jpg

 星付きといってもなにせ古いので、「すべてが快適!」というわけでありません。空調は旧式ですし、エレベーターは荷物運搬用のため、階段を何回も行ったり来たり、食事も決まった時間しか提供されません。インフォメーションもフランス語、ドイツ語、スペイン語、英語だけでした。古城ホテル以外にも、欧州には、優に100年は経っているグランドホテルがいくつも営業しています。その多くは高級ホテルですが、一度くらいは泊まってみると良いでしょう。

 なぜ一度くらいなのか?実は、私には価格と施設が一致せず、「割に合わない」感じがしてしまうことが多いのです。泊まってみたくて、事前に予約をしてから行くのですが、「なんか違うな」と感じて、途中でホテルを変えたことが何度かあります。移動先は大体ヒルトンやシェラトンといった米国系のホテルチェーンが多かったように思います。これらのホテルは、世界中どこに泊まっても同じで、部屋に入ってしまうと、それこそ「どこにいるのかわからない」のですが、それが私には「便利で快適」そして「割に合う」ようです。

 先ほどの古城ホテルも、今回「小平の風」を書くために20数年ぶりに検索してみたところ、まだちゃんと営業していました。ただし、大改装されたようで、外装はそのままでしたが、Wi-Fiや衛星テレビ、温水プールに、豪華ダイニング、ヘリポート付になっており、言語もブラジル・ポルトガル語、中国語、ロシア語にも対応しているようです。時代のニーズもあるでしょうが、私と同じような気持ちになった人も多かったのではないでしょうか。(http://www.grandesetapes.com/en/castle-hotel-esclimont-paris)

 パック旅行から個人手配旅行に主流が移る中、自分に合う「ホテル選び」は意外と難しいものです。年齢や経験によって、自分の中で「割に合う」ホテルも変わります。ホテルを選ぶ自由があるということは、外すリスクもあるということです。ただ、これも「におい」や「味」と同じで、行ってみないとわからないものの一つです。インターネットで行ったつもりになっていないで、何回も「外して」みてください。きっと、一つの街をいろんな角度から見ることができるようになります。

准教授 小川 祐一
[PR]
by bwukokusai | 2015-02-03 12:00 | 教員コラム