文化学園大学 国際文化・観光学科ブログ“小平の風”

bwukokusai.exblog.jp
ブログトップ

<   2013年 06月 ( 4 )   > この月の画像一覧

銃社会、それとも銃のない社会?

皆さんは、警察官すら銃を持たない社会があることをご存知ですか? 先月21日付の朝日新聞が、銃の所有が一切禁じられている南太平洋の孤島を取り上げていました。ポリネシアにある米領サモアです。『月と六ペンス』の著者、サマセット・モームの短編小説『雨』の舞台となった島だそうです。この島では、野豚から農作物を守るためのライフルを除いて、銃は所有も使用も禁止されています。丸腰の警察官が持ち歩きできるのは手錠だけと言いますから、まさに「最後の楽園」のような場所ですよね。

けれどもグローバリズムの波は南半球のこの孤島にも押し寄せ、「楽園」では、現在、警察官の銃保持についての是非が議論になっているとのことです。銃を持ちこむ外国人や銃の密輸が増え、とうとう3年前には警察官を射殺する事件が起きたためです。「凶悪犯が入ってきても、銃すら持たないサモアの警察官は市民を守れない」という銃保持派の意見に対して、「みんなが銃を持つから、自分も持たなければ身を守れないと感じるのだ」という反対派が真っ向から対峙する状況になっているようですね。

ところで、本国であるアメリカ合衆国は、人口をはるかに上回る数の銃が氾濫する「銃社会」です。昨年の12月に、コネティカット州の小学校で26人が殺される痛ましい事件が起きました。このような事件が起きるたびに、一般市民の銃の所持を規制しようという意見が出てはくるのですが、最終的には「銃の所持は、合衆国憲法が認める市民の権利」という意見の方が優勢になってしまうようです。

憲法が一般人の銃所持を認めているなんて、日本では分かりにくいことですよね? 具体的には、合衆国憲法の修正第2条(1791年採択)を指します。引用しますと、「良く規律された民兵は自由な州の安全にとって必要であるから、武器を保持し携帯する人民の権利は侵害されてはならない」というものです。全国的な警察組織が整備されていない建国当時に採択された条項が、まだ効力を持っているのです。それに、条項の全体を読むと、武器の保持と携帯が許されるのは、「人民」というより「民兵」と解釈した方が自然だと指摘する法学者もいます。

銃社会、それとも銃のない社会、あなたはどちらを選びたいですか?


a0149405_1262782.jpg


                                                  教授 中沢 志保
[PR]
by bwukokusai | 2013-06-25 12:04 | 教員コラム

小平ロータリークラブのプロジェクトに参加して

現代文化学部国際文化学科・国際文化コース
田中 潤好・小室 なな

私たち国際文化学科・国際文化コースの3・4年生は、5月31日にルネ小平で、小平ロータリークラブが主催した地元の企業で働く方々と地元の学生が交流するためのプロジェクトで「地域で活躍する学生、地域活性化に関すること」についてプレゼンテーションを行いました。本来このプレゼンテーションは私たち国際文化コースの学生には無縁の話だったのですが、たまたま授業内で先生から「こんなプロジェクトがあるが、あなたたちもやってみない?」とお誘いを受け、私たちは半ば軽い気持ちでやると決めました。

私たちは3年生3人と4年生1人のグループで、「小平市の6大学に通う学生がどんな人たちなのか、小平市にどんなイメージを持っているのか」について実際に各大学に足を運び、インタビューを行い、それを映像に収め、編集して発表しました。そもそも私たちは、ロータリークラブやそれが提唱するローターアクトクラブ(18才~30才の青年男女のための奉仕クラブ、通常地域社会もしくは大学を基盤とする)がどのようなコミュニティなのかを知らずにこの企画を始めたので、まず準備段階でとても苦労しました。今回のこのプロジェクトの代表を務めているのが嘉悦大学のローターアクトクラブに所属する学生だったので、その方とコンタクトを取り、色々教えてもらいながら準備を進めていきました。

小平市の6大学―嘉悦大学・白梅学園大学・津田塾大学・一橋大学・武蔵野美術大学・文化学園大学にインタビューに行ったのですが、最初は失敗の連続でした。インタビューも撮影もすべてが初めての事だったので、映像がうまく撮れなかったり、インタビューを断られたり、なんども心が折れそうになりました。やっとすべての大学のインタビューが終わったと思ったら、次は編集の作業が待っていました。編集も初めての事だったので、電気屋さんに行って良い方法を聞き、編集に詳しい方にアドバイスを受けながら進めていきました。

また今回のこの活動は4人の授業の合間を縫っての活動だったので、とても時間が限られていました。発表に間に合うのかとヒヤヒヤしましたが、何とか無事に当日を迎えることができました。当日私たちは早めに会場に行き、リハーサルや会場作りを手伝いました。その間に他大学の学生やローターアクトクラブの方と親しくなれたので、発表の時はとてもリラックスして行うことができました。発表の合間に食事休憩等があったのですが、その際に小平ロータリークラブで活動なさっている方々と名刺交換をしたり、互いの話をしたりと普段学校に行って勉強しているだけでは体験することのできない貴重な経験をすることができました。

今回のプロジェクトは私たちが志願して始めたことなので、中途半端な気持ちではこの活動に携わっている方々に迷惑がかかると、とても責任重大でした。しかしこの重圧に耐えた私たちはまた一つ成長することができたと思います。完成した映像を観てくださった方々からたくさんの好評をいただくことができ、それは私たちの自信にも繋がり、新たな自分たちの可能性を発見できたと思います。
また、プロジェクト参加は義務でも授業の一環でも課題でもなく、自分たちの意思で決め、自由に考え企画して作り上げたものだからこそ、何事にも変え難い貴重な、この先にも繋がっていく何か強いものを得ることができました。就職に悩んでいた私たちですが、今回のプロジェクトのおかげで就職に対してもより前向きに考えられるようになりました。

今回このプロジェクトに携わった小平ロータリークラブ、ローターアクトクラブの方々、私たちをサポートしてくださった嘉悦大学ほか5大学の皆様には深くお礼を申し上げたいです。貴重な経験、チャンスを本当にありがとうございました。
a0149405_13281897.jpg

[PR]
by bwukokusai | 2013-06-18 10:00 | 学生コラム

光を観る

「こんなときに観光で休みとは」、「ここも観光地化しちゃったね」、「あの人達は観光客だよ」、・・・。このように「観光」という言葉には何となくネガティブなイメージもあります。その「観光」客として、先日、長崎県の佐世保市にあるハウステンボスと長崎市を訪れました。

長崎空港からバスで北へ約1時間、1992年に開業したハウステンボスはオランダ語で「森の家」を意味し、オランダをテーマとした、敷地面積日本最大のテーマパークです。東京ディズニーリゾート、USJジャパンと並んで日本の三大テーマパークと言われたこともあるようですが、パークの立地や魅力の乏しさなどから、集客力が弱く(現在の年間集客数は東京ディズニーリゾートの10分の1以下)、経営破綻して再建の道を歩んできました。最近、新しい経営者がパークの内容や運営の改善、財務面での手当などに手腕を発揮し、開業以来初の営業黒字を達成したことをご存じの方も多いと思います。実際、いろいろなアトラクションや季節に応じたさまざまなイベントや企画(「100万本のバラ」など)によって、集客の努力がなされているのが分かります。このようにテーマパークは何もなかった場所に新しい「観光」地としての魅力を作って人を集めています。
a0149405_9332614.jpg

写真(筆者撮影)は、左上から右へ、ハウステンボスの入口、町並み、運河、スタッドハウスと花時計、風車、満開のバラ園です。広大なパークのほんの一部ですが、まるでヨーロッパです。

ハウステンボスからJRで1時間ほどのところには古くからの観光地・長崎市があります。坂の多い街・長崎は鎖国をしていた江戸時代に出島のオランダ貿易を中心に栄えた歴史の町であり、広島に次いで被爆し、「世界で最後の被爆都市」として世界的に有名です。
a0149405_9335925.jpg

写真は左上から、原爆の爆心地に立つ塔、平和祈念像、オランダ坂、大浦天主堂、グラバー亭、眼鏡橋です。これらは歴史的、文化的遺産であり、最初から観光のために作られたものではもちろんありませんが、いずれもさまざまな思いを抱かせ、人の心を引きつけ、人を集める観光地です。

日本で「観光」という言葉が使われ始めたのは江戸時代末期で、大衆が認知したのはオランダ国王から徳川幕府に贈られた蒸気船に名付けられた「観光丸」であると言われています。命名の意図は、進んでいる海外の実情を「観る」とともに我が国の意気を「観せる」ことでした。この「観光」が英語の「Tourism」「Sightseeing」の訳として使われるようになりました。

そして、「観光」の語源は、中国の儒教の経典・四書五経の一つ『易経』に出てくる「観国之光、利用賓于王」(国の光を観るは、もって王に賓たるによろし。)から、「観」と「光」を組み合わせたものと言われています。「観」はただ漠然と見ることではなく「よくみる」こと、そして「しめす」の意味もあり、「観る」と「観せる」の両方の意味をもっています。「光」とは政治、文化、風俗などのことで、国王の人徳と善政によりその国が光り輝いて見えることをいったようです。((財)日本交通公社『現代観光用語辞典』などによる)

観光立国を目指す日本には自然や温泉、伝統的な文化や歴史に関わる観光資源が豊富で、食事も美味しく、アニメ、漫画、ファッションなど、海外から高く評価されている「光」がたくさんあります。これらの「光」をうまく「観」せるのは、人々の「観光」に対する理解や関心と、「古くからの光」や「新しい光」に更に魅力を加えることのできる「おもてなしの心をもった人の光」ではないでしょうか。
                                                     教授 高橋 哲夫
[PR]
by bwukokusai | 2013-06-11 08:00 | 教員コラム

けやき祭  2013

今年も、現代文化学部(小平キャンパス)の最大のイベント「けやき祭」が、6月1日(土曜日)に開かれました。2・3日梅雨空が続いた後の好天に恵まれたことから多数の入場者があり、日頃の静かなキャンパスがにぎやかなキャンパスへと変貌しました。ご来場頂きました皆様に、感謝申し上げます。

現代文化学部の国際文化・観光学科、国際ファッション文化学科、応用健康心理学科のそれぞれの学科の授業内容の展示、国際ファッション文化学科のファッションショーや学生によるライブやダンスの鑑賞、それに初登場の小平市との連携企画でマスコットの「ぶるべー」や地域宣伝隊「コダレンジャー」とのふれあい、などをお楽しみ頂けたことと思います。もちろん、例年登場のフランクフルトやタピオカ、お好み焼き等の模擬店も好評のようでした。
 
文化学園大学の文化祭は、11月の文化の日を挟む3日間(11月2日~4日)、新都心キャンパスで開かれます。これを秋祭りと位置付けるなら、けやき祭は春祭りになります。新入生が大学生活に慣れ始めた、一つの区切りになるでしょう。


私はけやき祭の玄関装飾を担当しました。一昨年までは、学生ボランティアを募り、学生が教員の指導を受けつつ手弁当で制作していました。もちろん、材料費は大学が負担していましたが。昨年から、コラボレーション科目(本学独自のオムニバス形式の授業)となりましたので、学生に単位を与えています。学生はこうした課題に関連する科目「ヴィジュアルプレゼンテーション」を履修した国際ファッション文化学科の学生が多いですが、ほかの学科の学生、また、男女共学になったことから、初めて国際文化・観光学科の男子学生も加わりました。写真は、学生がデザインを考え、プレゼンテーションを行い、デザインを決定し、その上で制作作業を分担して進め、けやき祭前日に飾りつけ作業を行った成果です。昨年まではアーチの土台を布で覆っていましたが、今年は覆わずに型紙で作ったモチーフを土台に貼り付けた点が大きな変化です。ご覧になって、皆様はどの様な印象を持たれたでしょうか?
a0149405_10583370.jpg

                                                教授 瀬島 健二郎
[PR]
by bwukokusai | 2013-06-04 10:00 | 教員コラム