「ほっ」と。キャンペーン

文化学園大学 国際文化・観光学科ブログ“小平の風”

bwukokusai.exblog.jp
ブログトップ

<   2013年 04月 ( 4 )   > この月の画像一覧

手こずるイギリス英語のリスニング(その2)

a0149405_10583346.jpg

 イギリス英語の聞き取りについて、第二弾のコラムになりますが(第一弾はこちら 2012年12月4日)、今回はイギリス英語の発音で第二の難関、「語尾が消える」をご紹介します。
 イギリス英語の特徴として、イントネーションが激しく、アクセントが強く、という影響からか、単語の語尾がほとんど聞こえないという現象が生まれます。例えば、よく聞く言葉として、a cup of tea (一杯のお茶)というのがありますが、これが発音されると「カポティ」と聞こえます。最初に聞いた時は、アメリカの小説家トルーマン・カポーティー(注)のことかと思ったくらいです。他に、butは「バッ」、付加疑問文のcan I?(~できるでしょ?)は「カナ」、will you?(~してくれる?)は「ウリャ」、isn’t it?(~じゃない?)は「イニ」と聞こえます。他にも様々な語尾の脱落はありますが、こればかりは、聞き慣れるより他に方法はないでしょう。イギリスに留学したい学生が聞き取りの練習をするとすれば、ポッドキャスト等で庶民的イギリス人の話を山ほど聞くしかないですが、テキストがなければ何を言っているかわかりません。イギリス映画のDVDの英語字幕を見ながら聞く練習もできますが、俳優は比較的きれいな英語を話す訓練をしているため、参考になりません。いずれにしてもイギリス英語の聞き取り練習は簡単ではありません。
 イギリス英語の聞き取りをさらに難しくしている要素に、イギリス人の話し方そのものが挙げられます。全般的にアメリカ人と比べると、イギリス人は恐ろしく早口で、つっかえつっかえ話します。例えば、I’m coming tomorrow, but . . . but . . . but, is it OK? の途中にあるbutは「バババッ」としか聞こえません。気のせいかもしれませんが、わざとやっているようにも感じられます。つっかえながら話すほうが、相手に好印象(誠実に感じられる?)を与えると思っているようです。外国人にとっては余計な気遣いと言わざるをえません。
 日本人学生がイギリス留学をして苦労するのは、一生懸命英語を勉強していっても、相手の言うことが聞き取れない上に、アメリカ英語の発音をすると知らん顔をされる、というひどい目に合うからです。イギリス留学を希望する学生は、少々のことにはへこたれず、ひたすらイギリス英語の発音を身につけ、早くイギリス社会に受け入れられるよう努力しなければなりません。


注:有名なアメリカ映画「ティファニーで朝食を」の原作者

参考:
ポッドキャスト: BBC WORLD SERVICE The English We Speak(6分間イギリス英語会話)などの比較的わかりやすい英会話からニュースまで、多様な番組が聞けます。ちなみに、「ポッドキャスト」はアメリカ英語の発音で、イギリスでは「ポッドカースト」と発音します。
BBC RADIO 様々なイギリス英語が聞けます。BBC Radio 4 Todayなど多くの番組が収録されていて、ノーマルスピードのイギリス英語を聞く練習になります。

DVD: Lie to me アメリカのテレビドラマですが、主演のTim Rothがロンドン特有の英語で話しています。語尾脱落などイギリス英語の聞き取り練習にはなりますが、かなり難しいでしょう。英語字幕を見ながら勉強してください。
                                                  教授 白井菜穂子
[PR]
by bwukokusai | 2013-04-30 10:00 | 教員コラム

Argo

今年のアメリカ・アカデミー賞の作品賞はベン・アフレック(Ben Affleck)監督の「アルゴ」(Argo)に与えられました。私は「アルゴ」がカナダに関係する映画という理由で、昨年11月に見ました。1979年11月4日、イランの首都テヘランで、イランの学生らがアメリカに入国した前イラン国王の引渡しを求めてアメリカ大使館を占拠し大使館員を人質に取りました。その際、6名の大使館員が混乱にまぎれて大使館を脱出し、カナダ大使公邸に密かにかくまわれ、「アルゴ」という架空のSF映画のスタッフとしてカナダ人になりすまし、1980年1月27日にイランを無事出国できたという映画です。この救出劇ではCIA(アメリカ中央情報局)のエージェント、トニー・メンデス(Tony Mendez)が英雄的な働きをしたというのが映画の主題です。
 カナダ側からは、この映画の見方は少し違っています。アカデミー賞決定後、CBC(カナダ放送協会)のインタビューで、当時の駐イラン、カナダ大使ケン・テイラー(Ken Taylor)は、あの救出作戦は90%カナダ主導であり、CIAの役割は10%に過ぎなかったと述べています。事件を知らない若いカナダ人に、カナダはもっと主要な役割を担ったことを知って欲しいと結んでいます。当時のアメリカ大統領ジミー・カーター(Jimmy Carter)も、アカデミー賞発表前のCNNのインタビューで同様の見解を述べ、本当のヒーローはケン・テイラーであると言っています。映画は、CIAエージェントの本を基に作られたので、CIAの手柄として描いていますが、実際はカナダ外交が主役の救出劇でした。
 アカデミー賞受賞のニュースを伝えるCBCのサイトには、カナダ人から多くの書き込みがなされました。「昨晩のオスカー授賞式はボイコットしたわ(見なかった)。作品賞を取ったと聞いて、見なくて良かったと思う。カナダの貢献を過小評価するハリウッドに腹が立つわ。ハリウッドでは何でもアメリカ製になるのだから。」「一番の侮辱はハリウッドがこの歪曲を作品賞に祭り上げたことだ。」「アメリカが我々のことについて何と言っているか、思うかなんてことを心配するのはもうやめよう。世界ではカナダは好意的に思われているのだから、アメリカは違うが。」 ・・・カナダ的書き込みが続きました。
 映画としてはスリル満点の人質救出劇であり、1979年のイラン革命を知らない若い学生にお勧めします。そして、裏にあったカナダの外交努力を感じて欲しいです。なお、アメリカ大使館に囚われた52人の人質は、カーター大統領の軍事救出作戦が無残にも失敗した後、次のロナルド・レーガン(Ronald Reagan)大統領が就任した日に、囚われてからなんと444日後に解放されました。このしこりが今なおイラン・アメリカ関係に影を落としています。勿論イラン政府は「アルゴ」は反イラン宣伝映画だと退けており、イランでは上映禁止ですが、多くのイラン人はDVDで見ていると報道されています。
                                                   教授 城 由紀子

  
[PR]
by bwukokusai | 2013-04-23 10:00 | 教員コラム

イースター(Easter  復活祭)

最近日本でも3月や4月になると色とりどりのイースターエッグを目にするようになりました。イースターはクリスマスほどまだ日本に浸透していないキリスト教のイベントですが、今回はイースターについて触れてみようと思います。

イースターはイエス・キリストの復活を記念し、春の訪れを祝うキリスト教圏ではクリスマスと並ぶ大切な祝日とされています。 今年のイースターは3月31日と5月5日ですが、昨年のイースターは4月8日と4月15日でした。 イースターはクリスマスと違って、日付が毎年変わります。「春分の日の後の最初の満月から数えて最初の日曜日」と定められているからです。 これは、紀元325年に開かれたニカエア公会議という世界教会会議で定められました。 しかし年や教派により日取りが異なります。

イースターのシンボルは卵とウサギです。イエス・キリストは十字架上で亡くなってから3日目に復活されました。これはちょうどひよこが卵の殻を破って出てくるように、キリストも死という殻を破って蘇られたことを象徴し、卵は生命の復活を意味します。またウサギは子供をたくさん産むので、そこから繁栄を表しているようです。

欧米ではイースターの日には、「イースターエッグ」と呼ばれる卵を作ったり、卵に絵を描いたり、庭に隠した卵を探す「エッグハント」をしたりして楽しみます。ホワイトハウスの庭では卵を転がす「エッグロール」が行われます。また卵をスプーンにのせて落として割らないようにしながらゴールを競う「エッグレース」などもあります。卵を使った様々なイベントの他にニューヨークでは、イースター・パレードのようににぎやかなパレードが行われます。ひよこやウサギのイラストが描かれたイースターカードの交換もします。このようにイースターの日にはいろいろな催しをして楽しみます。  
 
私がアメリカに留学していた時お世話になっていたアメリカ人の家庭では、イースターになると知らぬ間にイースターエッグが庭に隠されていました。 犬たちとその卵を探しまわったことが春の到来とともに懐かしく思い出されます。
                                                    教授 石田 名都子
[PR]
by bwukokusai | 2013-04-16 08:00 | 教員コラム

裏千家茶道同好会の四年生を送る会

 先日、国分寺のプリンセスライラで個室を借りて、四年生の追い出しコンパをしました。四年前は何となく不安そうな新入生だった彼女達が、先輩に可愛がられて学外のお茶会や小旅行を楽しんだりしていくうちに、居場所が定まった時のとてもよい表情を、私は今でも忘れません。いつのまにか後輩に教える立場になり、だんだんたのもしくなっていった五人だけれど、世の中の就職難ムードのため、話題が就活のこととなると、いつも和気あいあいとしたクラブ活動の最中でも、少し笑顔がくもったことを覚えています。しっかり者で聡明な彼女達ならば心配はないと思ってはいたものの、私は冗談で、「就職が決まらなかったら、皆で『和風喫茶、古都』でも経営したら?」と言ってみたところ、その案は少し本気でとても気に入られていました。流す曲やメニューの話なども、ふざけてしていたものです。しかし、最上級生になった彼女達が、そうそうたる有名どころや希望通りの会社から複数の内定をもらってきて、逆にどちらを選ぶか相談されたりする頃になると、私も嬉しいと同時に、真剣に考えてアドバイスをしました。
 四年生を慕う後輩達は、送る言葉を言っているうちに感極まって少しべそをかいていました。これからもけやき祭のお茶会だけでなくクラブに顔を出してくれるという約束をとりつけたり、寮を出る先輩達の新居を訪れる計画なども話に出るうちに、涙の跡が光るいくつかの顔にも笑顔が浮かんできました。たてのつながりは本当にいいものだと思いました。後輩達が心をこめて作ったアルバムも、四年生達に手渡されていました。
 欧米の卒業式にはガウンや帽子がつきものですが、ガウンは用意出来ないので、私は毎年一人ひとりの個性に合わせて、スタイリッシュな帽子や可愛い帽子、楽しい帽子等を選んでプレゼントしています。我らが尊敬する日野宗青先生は、皆の将来に芽が出るようにと、双葉の模様がついたお茶碗を四年生達に贈って下さいました。やさしいことに、卒業生達も、残される私達にアルバム等を用意してくれていました。
最後に下級生達が手を組んで花道を作り、卒業生はそのトンネルを通って退場しました。嬉し涙や希望に満ちた笑顔も見られた、心にしみる時間でした。
a0149405_11273243.jpg

                                             教授 久保田 文
[PR]
by bwukokusai | 2013-04-09 08:00 | 教員コラム