「ほっ」と。キャンペーン

文化学園大学 国際文化・観光学科ブログ“小平の風”

bwukokusai.exblog.jp
ブログトップ

<   2012年 04月 ( 4 )   > この月の画像一覧

今、私が国会審議で注目していること 

  現在(4月20日現在)、国会では田中防衛大臣と前田国土交通大臣の問責問題が持ち上がり、この先の国会審議がどうなるのか、また、何時までこんな状態が続くのか、何とかならないかと思っている人が多いと思います。また、中には、どうせ国会はこんなものさ、私には関係ないと諦めている人もいるでしょう。

  しかし、国民生活に重大な関係がある国の予算を決め、国民の権利・義務を決めることができるのは、国会だけなのですから、国会がその役割を果たさないのは困ります。何しろ、国会は憲法にある通り、「国権の最高機関」で「唯一の立法機関」なのですから。
  今開かれている国会は第180回国会と呼ばれ、今年1月24日に召集されました。この国会では、予算案が審議され、可決された予算に基づき、国の政策が展開されます。予算案は既に可決・成立しています。しかし、予算の裏付けになる予算関連法案はまだ成立していないので、この扱いが今後の火種になりそうです。予算関連法案が成立しないと、予算で決めた額のお金が入ってくる目途が立たなくなるのですから、事は重大です。

  予算案の審議に続いて、その他の法案の審議が始まります。私が関心を持っているのは、著作権法の改正案です。著作権法というと、読者の多くの方は著者では無いでしょうから、関心が薄いと思われますが、決してそんなことはありません。特に、コンピュータとネットワークが進歩した現在、著作権をどう扱うかはが学生の皆さんの生活に密接に関係します。
  たとえば、現在、日本では著作権の保護期間は死後50年間となっています。私が都立図書館で働いていた時、古い図書を沢山持っていましたので、1冊全部のコピーを申し込まれることがありました。古本屋さんで買うより、図書館でコピーした方が安い場合などでしょう。その際は著者の没年を調べ、保護期間が切れていると全文コピーを許していました。でも、古い本ですので、コピーすると製本が壊れるケースも多く、利用者の希望と資料を保存する図書館の役割の対立に悩む場面がありました。また、多くの利用者にご理解頂けなかったのは、著作権保護の対象期間中ですと、品切れ絶版で本屋さんで買えない場合でも、一部分しかコピーできないという著作権法の規定でした。入手困難なものを提供するのが図書館の使命ではないか、という利用者の主張はうなづけるのですが、法律では許されていない困った現実があります。
  ところで、我が国の唯一の国立図書館である国立国会図書館は、資料の利用と資料の保存を両立させることを目的に、所蔵資料の媒体変換(初めはマイクロフィルムやマイクロフィッシュでの撮影、平成21年度以降は原則としてデジタル化する)に取り組んできました。その結果、昨年11月までに江戸期以前の約7万冊と明治から1968年までの約88万冊の図書、それに101万冊の雑誌その他の大量のデジタル化(現在の媒体変換は原則としてデジタル化なので、ここから「デジタル化」と表現)が国の予算、つまりは国民の税金を使って完成しています。
  デジタル化された資料はネットワークの発達により、日本中の、そして全世界の何処にいても利用することが可能になります。デジタル化により、膨大な数の図書や雑誌を自宅に居ながらにして利用できる社会が、技術的には可能になってきたのです。特に、過去の出版物に国民が地域間格差なしにスムーズにアクセスできることは、知的インフラとして早く実現すべきです。しかし、それを無条件に許すと、現在の著作権制度との間に矛盾が出てきます。
  この点を検討するため、文部科学省は平成22年11月から「電子書籍の流通と利用の円滑化に関する検討会議」という、関係者や学識経験者を集めた検討会を開き、その報告が平成24年1月に公表されました。そして、この内容などを盛り込んだ著作権法の一部を改正する法律案が3月9日に国会に提出された、というわけです。改正案は、平成25年1月1日の施行を予定しています。
  修正の内容は、国立国会図書館は、複製物を図書館に対してデジタル送信でき、図書館では一部分を利用者の求めに応じて複製し提供できるというものです。対象となる図書館は、公立図書館や大学図書館などとすることが、検討会議でまとまっています。また、国民の利便性を考えると各家庭までの送信サービスを実施すべきだが、解決すべき課題が多いので、実施するまでに相当の期間を要すると報告書には書いてあります。取りあえずは、図書館に行けば、国立国会図書館のデジタル資料を読んだり、一部分のプリントアウトが可能になったりする、という内容の改正です。

  この改正内容は、デジタル化による国民の利便性を少しでも早く実現することを目的に、多くの利害関係者に賛同いただける比較的順当な範囲の改正案になっていると評価されています。早く実現する、といっても、改正案が成立しても施行されるのは来年の正月を待たねばならないのですが。

  現在の第180回国会の会期末は6月21日となっています。その日まで、この著作権法改正案が成立するのか、私はハラハラしながら見守っています。

参考:
 「電子書籍の流通と利用の円滑化に関する検討会議」の報告
 http://www.bunka.go.jp/bunkashingikai/kondankaitou/denshishoseki/kouhyou.html
  著作権法の一部を改正する法律案 
http://www.mext.go.jp/b_menu/houan/an/detail/1318798.htm


教授 瀬島 健二郎

文化学園大学 現代文化学部 国際文化・観光学科のHPはこちら
[PR]
by bwukokusai | 2012-04-24 15:47 | 教員コラム

2012年本屋大賞に『舟を編む』が受賞

 文学作品を対象とした賞には、誰もが知る芥川賞、直木賞をはじめ数多くあります。これらの既成の文学賞はプロの作家によって選考されています。マイナーの部類に入るかもしれませんが、最近、話題をよんでいるのが本屋大賞です。全国の書店員自身が読んで「面白かった」「お客様にも薦めたい」「一番売りたい」本を投票だけで選ぶ賞です。この原稿を書いた4月11日の朝、NHKのニュースで知り、出勤途中、駅中の書店でこの本を購入しました。
 4月10日の夕方、書店員有志で組織する実行委員会によって本屋大賞発表会が明治記念館で開かれました。過去1年間(2010年12月1日~2011年11月30日)に刊行された日本の小説の中から、直木賞受賞作家、三浦しをんさん(35歳)の『舟を編む』(光文社)が受賞と決まりました。NHKのニュースによると、投票に参加した書店員の方々は年間700冊以上の新刊書を読破しているとのことです。

 昼休みを利用して速読してみました。
 あらすじは、大手出版社玄武書房の辞典編集部が舞台で、辞典編集に長年携わってきた荒木公平が定年退職を迎え、後任に営業部から馬締(マジメ)光也が着任、新辞書の編集を託されることとなります。営業部では変人として疎まれていましたが、編集部の個性豊かなメンバーたちと新辞書『大渡海』を編む作業が開始されます。馬締は辞書編集の世界に没頭していきますが、辞典編集部には様々な問題が山積しています。果たして『大渡海』は完成することになるのでしょうか・・・。
 編集という地味な世界ですが、作者の言葉へのこだわりが読み取れ、日常会話が面白いのです。出版関係者の人間模様が活写され、辞書作りだけでなく恋愛もえがかれ、なにしろ面白い。著者の三浦氏は小学館や岩波書店の辞典編集部や製紙会社での取材を重ね、構成は慎重で筋たてに腐心されたことが読み取れます。帯に刷り込まれたメッセージには「地味なんだろうと思っていた辞書作りが、何か、目のはなせないスポーツ競技のように思えてくるのである」(角田光代)「辞書編集部という、とことん地味な世界で繰り広げられる、壮大で痛快で、ロマンスたっぷりの一大冒険小説」(金原瑞人)「言葉への愛は、人間への愛なんだ」(明正堂書店・金杉由美)等々。

 本屋大賞誕生の経緯を、サイトから引用させていただきます。「実際に本を作っている編集者や販売の現場の書店員、読者の声を反映していないということから、首都圏の書店員や雑誌編集者が本屋大賞実行委員会を作って、書店員の声を反映した賞を作ろうと設けた。きっかけは片山恭一の『世界の中心で愛を叫ぶ』(小学館)をほとんど宣伝しなかったにもかかわらず一部のカリスマ書店員が手書きのPOPを作ったことから火がついて100万部を超す売り上げとなったことや、書店員の手書き帯によって売り行きの悪かった本の売り上げを急激に増やしたことが注目されたことにある」。(インターネット「本屋大賞」サイトより)
注:POPとはキャッチコピーを記したハガキ大のカードのこと。お勧め本の脇または上に立てた店頭広告。
  
 出版不況が続く昨今、販売現場の書店員の方々のこうした地道な努力がベストセラーを生むきっかけとなっていることは間違いないと思います。
 著者の三浦しをんさんは、本書の巻末に<引用・主要参考文献>をあげています。その中に『大言海』が含まれています。本書を読まれたら是非、高田宏氏の傑作、『言葉の海へ』(新潮社 1978)も読まれることをお勧めします。日本初の近代国語辞典『大言海』を作った大槻文彦の感動的な生涯を描いた作品です。

                                                       教授 宍戸 寛

文化学園大学 現代文化学部 国際文化・観光学科のHPはこちら
[PR]
by bwukokusai | 2012-04-17 10:00 | 教員コラム

新入生を迎えて

 いよいよ新年度がスタートしました。
 今年は4年ぶりに1年生の副担任となりました。4月4日は入学式。翌5日からのオリエンテーションで新入生と対面しました。今年度から共学となりましたので、はじめての男子学生も入学しました。新入生もきっと緊張したでしょうが、迎える私たち教職員もドキドキでした。

 私自身は男性ですし共学の大学を卒業しましたが、女子大に勤めて10年、女子学生を対象に教壇に立ってきましたので、その間に無意識に身につけた価値観や習慣があるのではないか…。それらを男子学生を迎えるにあたり自己点検しなくてはならないのではないか、と考えると漠然とした不安に駆られることもありました。女子大に赴任したときのことを思い出すと「女子大ってどんなところなんだ!?」と不安と緊張でガチガチだった記憶がよみがえります。それが10年たつとアタリマエになってしまうものなのですね。

 そんな不安を抱えてのオリエンテーションでしたが、案ずるより産むが易し。男子学生と対面すると自分が大学生だった頃の記憶がフラッシュバックして、行動や表情から「きっと、こんなこと考えてるんだろうなぁ」と捉えることができホッと胸をなでおろしました。不安が期待に変わった瞬間でした。

 オリエンテーションの合間には、キャンパスの中庭に出て見ごろとなった桜をめでながら、クラス全員で乾杯(もちろんお茶やジュースで)をし、親睦を深めました。そういえば、ソメイヨシノという桜は、エドヒガンとオオシマザクラという2つの桜の交配種(=ハイブリット)なのだとか。異なるものが掛け合わされることで、もとよりも優れたものが創造されることはしばしばありますが、ソメイヨシノはその好例でしょう。

 国際文化・観光学科の1年生は、男性、女性、日本人、各国からの留学生と、異なる背景や文化を持ち、多様性にあふれた集団です。大学生活を通じて、それぞれの良さが掛け合わされて、学生たち皆が美しいそれぞれの花を咲かせることのできる、そんなクラスになってほしいと心から願っています。

a0149405_9313951.jpg


                                                    助教 栗山 丈弘
[PR]
by bwukokusai | 2012-04-10 09:00 | 教員コラム

A New Tomorrow

a0149405_22313619.jpg

A year after March 11, everyone still thinks back on the horrific events of that fateful day that changed Japan forever. Living far away from the Tohoku region, the consequences I faced as a result of the earthquake and tsunami were relatively minor, limited to small inconveniences such as a shortage of electricity, bottled water, bread and toilet paper. However, March 11 has made a big impact on my perspective on life, reminding me that it is short, and that if there were things I wished to accomplish in my lifetime, I needed to take the initiative and put my thoughts into action. It is symbolic that with this blog entry, I will be leaving my workplace for a year, in order to pursue studies in a brand new field in a college in the United States.

March 11 inspired me to collaborate with a couple of my friends to create this music video. I hope this will inspire everyone to do what they want to do with their lives. There is a new tomorrow for everyone.



A New Tomorrow
Lyrics by Noriko Furuya
Video by cyber yayoi
Music by JoeTAM

Thousands and thousands of lives were shattered
On a peaceful spring day
Innocent lives were swept away
Coastal towns swallowed up by the waves

Desperation is in the air
But life goes on
Lives miraculously held on
And precious ones were born
All of this world's behind you
There's hope for a new tomorrow
The dawn of a new, new tomorrow

Where there's a will there's a way
Is the saying
Words to inspire
In the midst of despair
Adverse conditions will change your life
Make it better
It's all up to you

Desperation is in the air
But life goes on
Lives miraculously held on
And precious ones were born
All of this world's behind you
There's hope for a new tomorrow
The dawn of a new, new tomorrow
                                                      教授 古屋 則子
[PR]
by bwukokusai | 2012-04-03 22:36 | 教員コラム