文化学園大学 国際文化・観光学科ブログ“小平の風”

bwukokusai.exblog.jp
ブログトップ

<   2011年 08月 ( 5 )   > この月の画像一覧

海運業界に由来する航空の用語

  飛行機で大量の旅客を運ぶようになったのは1960年代のことです。それまでは、長距離の海外旅行といえば定期航路の汽船の利用が主流でした。そのため、航空業界の用語や決まりは海運業(以下、海運)をお手本にしました。今でも、海運に由来する用語や決まりが航空業界では使われています。主要なものをいくつかあげてみましょう。
  空港は港です。英語のairportのportは、船の左舷(船首に向かって左側)のことです。かつて、船が入港して接岸するときは左舷を岸壁側にする決まりでした。飛行機は、これにならってスポット(駐機位置)に駐機するときは機首に向かって左側をターミナル側にしています。今でもそうです。ですから、旅客機には左右に複数のドアがありますが、お客様は常に左側のドアから乗降します。右側のドアは非常時に脱出するときや手荷物などを積み下ろしするときに使われます。空港が駅と呼ばれないゆえんです。
  飛行機の機体のことをシップ(ship)といいます。予定されていた機材が整備などの都合で他の機種に変わるような場合、航空会社の現場ではシップチェンジといいます。
  機内やそこで働く職員の呼び方にも海運に由来する用語がたくさんあります。操縦室はコックピット(cockpit)あるいはフライトデッキ(flight deck)といいます。デッキは、船の甲板の意味からきています。ジャンボ機(B747)の2階席のことをアッパーデッキ(upper deck)といいます。操縦士のパイロット(pilot)は船の水路を案内する資格を持った水先人ということばに由来します。ハイテク機には機長と副操縦士の二人が乗務しますが、機長はキャプテン(captain)で、海運の船長もキャプテンです。ちなみに、副操縦士はコパイ(copilotの略)といいます。
  客室のキャビン(cabin)は船のキャビンからきています。客室で働く乗務員のことを現在は日本でもキャビンアテンダント(cabin attendant)とかフライトアテンダントといいますが、1996年までは男性をスチュワード(steward)、女性をスチュワーデス(stewardess)と呼んでいました。スチュワードは船の乗客係の呼称からとったものです。客室乗務員の中で指導的な立場の人をパーサー(purser)といいます。これは船の事務長を指すことばです。客船のキャビンはファーストクラスとツーリストクラスに分かれていました(他に特等室もあります)が、一般に、大型機の機内はファースト、エコノミーの2クラスに仕切られていました。今日では、2クラスの間にビジネスクラスを設けて3クラスに仕切ることが多くなっています。こうした等級制も海運にならったものです。
  飛行機に乗務する人びとをひっくるめてクルー(crew)といいます。船の乗組員もクルーです。なお、運航乗務員(操縦士たち)をコックピットクルー、客室乗務員たちはキャビンクルーといいます。また、空港の地上職員たちはグランドクルーと呼びます。
  飛行機の離陸はテイクオフですが、着陸はランディング(landing)です。海運でランディングといえば船が入港することを意味します。船は出港して航海するときは気象条件を考慮して経済的な速度で次の港を目指します。この速度のことは巡航速度といいます。飛行機の場合も同じです。離陸してしばらく上昇したのち一定の高度(一般に33,000フィート、約10km)に達すると目的地の空港を目指して一定の経済的な速度で飛行を続けます。これを巡航(cruise)といいます。ただし、クルーズにはクルーズ客船で観光しながら船旅を愉しむ巡遊の意味もあります。
  自動車は右側走行の国と左側走行の国とがあります。左側走行が原則の日本車の運転席は右側にあります。船は、決められた航路の右側通行が原則です。操舵席(車の運転席に該当)は操舵室のほぼ中央に位置します。飛行機は決められた航空路(airway)を飛行しなくてはなりませんが、船にならって右側通行です。では、ここでクイズです。機長の座席は、機首に向かって左側でしょうか右側でしょうか。考えてみてください。

                                                        講師 西村 修一

文化学園大学 現代文化学部 国際文化学科のHPはこちら
[PR]
by bwukokusai | 2011-08-30 13:58 | 国際文化・観光学科の紹介

Technology, Change, Skills

   Technology changes. You know that. But how aware are you of technology changing in your own lifetime? I had a grandfather who at the start of his life mainly traveled by horse and wagon. By the end of his life humans had walked on the moon. When I was a boy typewriters were common. Recently, it was reported, the world’s last typewriter manufacturer closed. The newspaper recently reported that politicians in one country in Europe are discussing banning Power Point.

   What technologies are likely to continue throughout your life? What technologies will become obsolete? What skills for technology or other uses should you focus on acquiring? How can undergraduate or graduate education help you acquire valuable skills?

                                    教授 チェスター・プロシャン

文化学園大学 現代文化学部 国際文化学科のHPはこちら
[PR]
by bwukokusai | 2011-08-23 05:33 | 教員コラム

緑のカーテン

この夏は節電意識が高まっています。日本人は水や空気と同じような感覚で電気も不自由なく使える生活に慣れきっていました。ここにきて、不必要な電気は使わないという節電習慣が誰の心にも芽生えてきたようです。一般の家庭では本来は「節電」というよりもピーク時の電力を分散させるのが大事だったはずなのですが、いつの間にか電力全体の消費を抑えるため、あらゆる機会を捉えて電気を節約するということになってきたようです。

私も去年までは夏の暑さに対抗して文明の利器・エアコンを最大限利用して過ごしていたのですが、今年の夏は自然の力を借りて少しでも部屋の温度を下げようと、初めてゴーヤをベランダで育ててみることにしました。いわゆる「緑のカーテン」です。これが思いのほかうまくいきましたので、ご紹介することにします。
a0149405_21242561.jpg

「緑のカーテン」の材料としては、ゴーヤのほかに、キュウリやアサガオ、ヘチマ、ヒョウタンなどたくさんありますが、数年前からゴーヤを育てている友人から、ゴーヤがいろいろな面で一番と聞いて選択しました。

確かにゴーヤは、ほかの植物に比べると、葉が密に茂り太陽の光を遮断して断熱効果が高いだけでなく、葉面からの蒸散効果(気化熱)も多くあるらしく、見た眼にも涼しく、育成が簡単で、実がたくさん生る(生産性が高い)といいことばかりのようです。さらに病害虫に強いというのが、ゴーヤの優れた特性でしょう。
a0149405_21251948.jpg

やはり人気が高いらしく、売り切れ寸前の苗を4本買い、支柱とネットを組み立てて、毎日水をやりながら成長を待ちました。最初は30センチ足らずの小さな苗が本当に育って一面に茂っていくのか半信半疑でした。それが、水とほんのわずかの肥料のみで6月の日差しと暑さを受けてすくすく育ち、7月に入ると、あっという間に縦に2メートルほど伸び、横にも枝を広げてツルをネットに絡ませながら葉が生い茂りました。

最初は小さな黄色い花(雄花・上写真左)がきれいに咲き、次に、根本が膨らんで少し緑がかった花(雌花・上写真中)が咲きます。自然の営みは不思議なもので、やがてどこからか虫がやってきて、雌しべが受粉します。すると、数日で大きくゴーヤの実が成長します。20センチほどになれば食べごろです。ここにある写真はいずれも7月末から8月の初めに撮ったものです。

採りたてのゴーヤは新鮮でしゃきしゃきとして歯ごたえがあり、適度な苦みがあっていかにも体によさそうな自然の恵みです。少し湯がいて鰹節と醤油をかけて食べれば暑さも吹き飛ぶというものです。

ゴーヤの緑が眼を休めてくれるとともに、精神的にも気分を穏やかにしてくれます。また、「緑のカーテン」を吹き抜ける爽やかな風が暑さをやわらげます。今年の夏は電力不足のおかげで、4本の小さな苗から、改めて植物の偉大さ、自然の素晴らしさを知ることができました。
a0149405_2126302.jpg


                                       教授 高橋 哲夫
文化学園大学 現代文化学部 国際文化学科のHPはこちら
[PR]
by bwukokusai | 2011-08-16 21:28 | 教員コラム

読書体験記

今年の日本は季節の廻りが早く、梅雨明けも平年よりも早くて暑さの夏を迎えています。そんな時、何の気なしに手に取った1冊の本に思わず暑さを忘れ、読書に引き込まれてしまうのも、手軽な避暑法と思います。でも、何を読んだら良いのかが分からない時は、適当な読書案内が無いかと探します。こんな時には、同世代の人が何を読み、何に面白さを感じているのか分かれば、参考になるのではないでしょうか。

文化学園大学では、節電対策のために例年に比べ変則的な前期の授業が終わり、8月2日から1ヶ月強の夏季休暇に入りました。

私は授業では、図書館員司書になるための科目を担当する他に、「国際文化・観光研究」という1年間を通しての科目の前半部分を、私の他にもう1人の先生と分担しました。そこでの私の役割は図書館の使い方や資料や情報の探し方を解説することで、学生は図書館を実際に利用しての感想を発表するなどしました。また、昨年から取り組み始めたのが「読書体験記」のレポート作成です。これは、受講生の全員に、
1最初の読書体験、その後、どの様な本を読んできたか
2その読書にはどの様な場所や組織(書店や図書館)、それに人の助けがあったか
について書いて貰うもので、最終的に小冊子にまとめました。クラスの中に、同じ本を読んだ人がいる、しかもその感想を共有できたりすると(共有できなくても)、お互いに話をするきっかけになるのではという思いからです。

今年度の「読書体験記」で紹介された作品は、3つのグループに分けられます。

最初のグループは、幼児・児童向けの作品群です。絵本の『私のワンピース』(にしまきかやこ著 こぐま社)、寺村輝夫の物語『わかったさんのおかしシリーズ』(あかね書房)、同じく『ぼくは王さま』(理論社)、ドキュメンタリーでは『白旗の少女』(比嘉富子著 講談社)などで、想像性豊かなストーリーやリアルなドキュメントに魅力を感じるなど、初めて本を一冊全て読み切ることに達成感を得た初々しい感想が書かれています。

次のグループは『ハリー・ポッター』シリーズ(J.K.ローリング著 静山社)や『はてしない物語』(ミヒャエル・エンデ著 岩波書店)などのファンタジーノベルの作品群です。特に『ハリーポッターシリーズ』は留学生を含めて4人に1人が名前を挙げていて、世界的なベストセラーの影響力が明らかです。このグループには『風の谷のナウシカ』(宮崎駿著 徳間書店)やスタジオ・ジブリの諸作品も含めることができます。その魅力は、空想の世界で登場人物になりきり、活躍する楽しみにあります。

そうした読書体験を経て、最後の大人向けの作品が紹介されています。この仲間には実に様々な作品が挙げられています。ベストセラー作品では、『世界の中心で、愛をさけぶ』(片山恭一著 小学館)、『ダヴィンチ・コード』(ダン・ブラウン著 角川書店)、『五体不満足』(乙武洋匡著 講談社)など、古典的作品では『老人と海』(ヘミングウェイ著 三笠書房他)、『レ・ミゼラブル』(ユゴー著 講談社他)などです。
 
二人以上の学生が紹介した作品は、先述の『ハリー・ポッター』シリーズ、『わかったさんのおかしシリーズ』の他には、『カラフル』(森絵都著 理論社)、『告白』(湊かなえ著 双葉社)、『ノルウェイの森』(村上春樹著 講談社)でした。同じ作品が重複して登場する率は全体の1割以下と高くありません。読書することによりその人なりの感動が得られ、そしてこころの豊かさが育まれるのではないでしょうか。

長い夏休みをどの様に過ごすか、特に中学生、高校生の受験生の皆さんには重大な時期と思います。体調管理に気を付けて、暑い夏を乗り切ってください。

                                    教授 瀬島健二郎
                          
文化学園大学 現代文化学部 国際文化学科のHPはこちら
[PR]
by bwukokusai | 2011-08-09 20:34 | 教員コラム

子どもに好かれる10カ条-公共図書館の現場からの思い出-

『週刊読書人』7月22日号を見ていましたら、村上春樹氏のエッセイ集『おおきなかぶ、むずかしいアボカド- 村上ラヂオ2』(マガジンハウス)の広告が目に入りました。キャッチコピーにつられて早速購入。村上氏がエッセイを書くときに自身に課した原則が三つ明記されていました。①人の悪口を具体的に書かない。②言いわけや自慢をなるべく書かない。③時事的な話題は避ける。(p.32) エッセイではないのですが、図書館司書現役時代、児童サービスに際しての私のルールを披露させてください。

私が日比谷図書館の児童室に勤務していた頃、都職員研修所で職場研修を受講した時のことです。魚津講師がコミュニケーションの上手なとりかた10カ条の秘訣を伝授してくれました。日頃、職場で腕白坊主たちに手を焼いていた私は、この秘訣を早速子ども向けにアレンジし、実行へ移したのが次の10カ条です。

①スマイルで迎えること。(微笑は魔法のパスポートです)

②名前を覚えること。(貸し出しカードで名前を確認「Aくん、この本は面白かった?」子どもは自分の名前を覚えてくれたと知って嬉しいのです)

③聞き上手になること。(こちらは相槌をうつぐらいにとどめ、子どもの話を真剣に聴いてあげる)

④どの子にも公平に対応すること。(常連の子どもとばかりおしゃべりすることを控え、初めて来館した子どもには特に気を遣うこと)

⑤関心を示すこと。(「へえー、すごいことを調べているんだね」)

⑥長所、努力を認めてほめてあげること。(「よく読んだね、こんなに長いお話を」と)

⑦悪い噂をしないこと。(噂は張本人の耳に必ず伝わるもの)

⑧あやまること。(子どもの話を取り違えたり、間違って注意したときは素直に謝る)

⑨感謝すること。(本を書棚に戻すのを子どもが手伝ってくれた時)

⑩ユーモアの感性を培うこと。(時には軽い駄洒落や軽口をたたく)

若い職員にも協力を求め、実行したところ、上々の効果がえられました。実は今でもこの一部を学生の皆さんにも実践しています。特に「名前を添えて」と「スマイル」「聞き上手」は効を奏しているようです。

                                                 教授 宍戸 寛
文化学園大学 現代文化学部 国際文化学科のHPはこちら
[PR]
by bwukokusai | 2011-08-02 12:06 | 教員コラム