「ほっ」と。キャンペーン

文化学園大学 国際文化・観光学科ブログ“小平の風”

bwukokusai.exblog.jp
ブログトップ

<   2011年 07月 ( 4 )   > この月の画像一覧

猛暑、節電の夏休みの過ごし方

本学は、今日で通常の授業期間が終わり、試験期間を残すのみとなりました。来週からはいよいよ夏休みです。今年の関東地方は、例年より10日ほど早い梅雨明けで7月中旬から猛暑に見舞われています。加えて節電の必要性から例年のようにエアコン頼みとはいかず、電力に頼らない暑さ対策に注目が集まっています。

文化学園の服飾博物館では今、「暑さと衣服-民族衣装にみる涼しさの工夫」と題した企画展が開催されており、先日、見てきました。温帯や熱帯など気候区分ごとに、34の国と地域の民族衣装が展示されています。暑い地域では、インドのサリーのように長い布を体に巻き付ける衣装が多く見られ一見「暑くないの?」と思ってしまいますが、日光を遮ったり、ゆったりした布と体の間に空気が通り涼しいのだそうです。日本の盛夏用の着物は、朝顔など涼やかな柄をあしらい目で涼を感じられるだけでなく、麻を用い着心地も、肌触りも涼しくする工夫がなされてきました。他にも沢山の衣装があって勉強になりました。皆さんにも、装いの工夫で涼しく過ごすヒントが見つかるかもしれません。

暑いところで、いかに涼しく過ごすかを工夫する他に、暑い時期は、涼しいところで過ごす、という考え方もあります。これがいわゆる「避暑」です。一般に、避暑という習慣は、明治に日本に訪れた外国人宣教師や教師、商人たちによってもたらされたといわれています。長野県の軽井沢は、カナダ人宣教師アレクサンダー・クロフト・ショーが夏に滞在したことが起源とされ、現在でも旧軽井沢にショーハウスが残されています。また、同じく長野県の野尻湖は、大正期にカナダ人ノルマンによって外国人村(国際村)が開かれています。東日本大震災で津波被害にあった日本三景・松島を望む高山に、アメリカ人医師ハレルが妻の病気療養を目的に別荘を立てたことから、高山外国人避暑地が形成されました。これらは「山の軽井沢、湖の野尻湖、海の高山」といわれ、日本三大外国人避暑地と称されています。

今年の夏は、旅行業界も「避暑」に注目しています。「節電の夏を涼しい北海道で過ごそう!」といったキャンペーンを展開して北海道や長野などの旅行に力を入れています。航空各社も例年より、北海道への航空運賃を格安に提供しています。「避暑」をキーワードに探してみるとお得な旅行が見つかるかも知れませんよ。


文化学園服飾博物館HPはこちら


                                                    助教 栗山 丈弘
文化学園大学 現代文化学部 国際文化学科のHPはこちら
[PR]
by bwukokusai | 2011-07-26 12:21 | 教員コラム

Seattle Central Library

a0149405_1653931.jpg

     This is the third installment in a series of blogs regarding famous tourist spots in Seattle, the Emerald City. When you are in downtown Seattle, pay a visit to the Seattle Central Library, one of the most recognizable landmarks in the city. Located on 1000 Fourth Avenue, it was opened to the public on May 23, 2004. A spectacular 11-storied building of steel and glass, it has become a major tourist attraction among domestic as well as international travelers. In the year that it opened, two million people visited the library.
     The Seattle Central Library is unique due to a number of features. First, the overall feel of the place is light, airy and inviting, as opposed to the dark and stuffy atmosphere of traditional libraries. The architects, one of whom is the famed Rem Koolhaas, specifically designed this library with this concept in mind.
a0149405_1661263.jpg

     Another innovative feature of this library is its system of classifying non-fiction books. A continuous ramp comprised of four floors contains the shelves of these books. This “Book Spiral” enables users to browse for books from different categories without having to go to a different floor or section of the library.
a0149405_167244.jpg

     The Seattle Central Library is perhaps best known for its environmentally friendly and sustainable design. Examples can be found throughout the building. The glass exterior lets in abundant natural light, decreasing the necessity for artificial light. Natural materials are used whenever possible, such as the bamboo floors that are found in the Children’s Center. The library shelves are made from 80-90 percent recycled materials.
a0149405_167493.jpg

     Go and check out the state-of-the-art Seattle Central Library for yourself. It is a wonderful way to spend a leisurely afternoon in this vibrant city.

                                                     教授 古屋 則子

古屋先生のこれまでのシアトルに関するブログ1 HOMESTAY IN SEATTLE
古屋先生のこれまでのシアトルに関するブログ2 SAFECO FIELD
古屋先生のこれまでのシアトルに関するブログ3 Starbucks


文化学園大学 現代文化学部 国際文化学科のHPはこちら
[PR]
by bwukokusai | 2011-07-19 16:31 | 教員コラム

Local Beauty

a0149405_6392033.jpg
Summer nears and although it is sometimes fun to get away from Tokyo and explore new places, I’m often surprised by the many wonderful places located nearby. For example, near my home is a small valley surrounded by low, tree-covered hills. In the valley, there are several rice fields that are still being tended by local farmers. Each season in the valley has its own beauty and takes on its own personality. In spring, the water reflects the bright green colors of the surrounding hills and the azure blue of the spring sky. At night, the valley is alive with the sound of frogs calling to each other and sometimes the soft glow of fireflies can be seen. In early summer, the rice begins to shoot up in verdant green rows that seem to get taller by the moment, as if propelled by some magic. By early fall, the rice slowly ripens and the colors and mood of the valley changes from bright green to more subdued colors. One senses that the pace of growth is slowing and nature is preparing for a well deserved rest. I especially enjoy watching the rice being harvested and the stalks of rice being cut, gathered into bundles and then dried in neat stacks. Often, on my way to or from work, the valley is so beautiful I have to stop and take in the scene for a few moments before continuing on my way. Tokyo is full of pleasant surprises like this valley. I hope that this summer I’ll be able to discover a few more of them.

                                             教授 チャールズ ヒューベンソール
文化学園大学 現代文化学部 国際文化学科のHPはこちら
[PR]
by bwukokusai | 2011-07-12 06:40 | 教員コラム

Trouble is the Key!

外国語習得において最も効果的な方法は、自ら困難な状況を作ることです。日本人がなかなか英語を習得できない理由は、実に当たり前なことですが、日本にいて英語を話す必要がないからです。英語を話せなくても困らないからです。

以前、英語を教えていた大学生にラグビー部の男子がいて、ニュージーランドの高校生と親善試合をするからしばらく休むと言ってきました。それまでは欠席の多かったその学生は、遠征から帰って来るなり、汚れたユニフォームのまま片手に教科書を握りしめ、毎週のように姿を現すようになりました。ニュージーランドの選手とラグビーの話ができなくて困ったと言うのです。その後、彼はたいへん優秀な成績で英語の単位を取得しました。

a0149405_6403460.jpg「言語能力が生命に関わる」という意味で、フィンランドは代表的な例でしょう。国際学会でヘルシンキへ行った時のことです。物価の高さにも度肝を抜かれましたが(日本の3倍くらい)、何より驚いたのはその言語能力。一般人で3カ国語は当たり前、5、6カ国語話せる驚異的な人物もおりました。生まれつき自分でも信じられないくらいの方向音痴で、ヘルシンキ到着後、当然迷子になりました。近くで携帯電話をいじっていたおにいさんに、おそるおそる英語で道を聞くと、まるで英米人並の流暢な英語で細かく指示をしてくれました。フィンランドの言語教育は歴史によるところが大きく、ロシアとスウェーデンという2大国に占領され、非常に困難な政治状況を乗り切ってきた国です。言葉が国民の命を左右するという意味で、言語習得における究極の環境と言えます。「命がけで英語を勉強せよ」とは言いませんが、「海外旅行で英語が話したい」レベルの目的意識では、とても上達というわけにはいきません。

a0149405_6405385.jpgヨーロッパのどの国でも、英語が通じる人などそうはいません。私自身が英語で話しかけた時には、ドイツではもって1分、イタリアやフランスでは相手にされませんでした。しかし、ヘルシンキのキオスクのおねえさんとは30分の会話が成立しました。厳しい外国語教育の環境を作らなければ、何年勉強したところで、トラベル・イングリッシュの域を超えることはできないでしょう。

                                   教授 白井菜穂子









文化学園大学 現代文化学部 国際文化学科のHPはこちら
[PR]
by bwukokusai | 2011-07-05 06:46 | 教員コラム