「ほっ」と。キャンペーン

文化学園大学 国際文化・観光学科ブログ“小平の風”

bwukokusai.exblog.jp
ブログトップ

<   2011年 06月 ( 5 )   > この月の画像一覧

節電休校

 このブログがアップロードされる頃、本学は節電休校に入っています。6月27日から7月8日まで、土曜日を除いて授業を休講とし、学生には課題を与え2週間後に授業再開となります。但し、事務局、図書館は通常通りです。これは、東日本大震災後の福島第一原子力発電所の事故による電力供給量不足に伴い、大口需要事業者に課せられている15%の節電を実施するためです。節電のための休校?これまでになかったことに対して、教員も学生も戸惑っています。

 第2次世界大戦に負けた日本は、戦後復興を成し遂げ、高度経済成長を達成し、欲しいものは何でも手に入れる、水も電気も使い放題の生活をしてきたようです。バブル崩壊後、経済成長率は鈍化したとは言え、多くの学生にとって電気が得られず何かを我慢するという生活とは無縁であったように思います。つい最近までは、政府のエコポイントにつられて、より大型のTVを、より大型の冷蔵庫をと、より大きな家電を家の中に持ち込み、オール電化住宅の宣伝も派手にされていました。高まる電力需要に応えて、日本各地に原子力発電所が建設されました。そして、広島、長崎の原爆により核アレルギーが強いと言われた日本が、原子力の平和利用の国策により、原発基数で言えば、アメリカ(104基)、フランス(58基)についで世界第3位の54基を所有する原発大国への道を進んできました。(原発基数は、「原発増設ブレーキ」朝日新聞2011年5月27日参照。)

 今年の4月5日に新入生を迎えた時、いつもの入学式ですが、迎える方も迎えられる方も、いつもとは違う不安を抱えていたと思います。2011年3月11日の大震災を経験した者として、津波、原発事故を知った者として、まだ平常心を取り戻せていない時でありました。5月のフレッシュマンキャンプ(長野県飯山市での新入生合宿授業)においてディスカッションをした時、多くの学生が東日本大震災のことについて懸命に話していました。普通に生活できること、勉強させてもらえることに感謝の気持ちを口にする学生が多かったのです。あの日は高校の卒業式だったという学生もいました。校名変更前の文化女子大学としても最後の卒業式の日でした。日本に留学しようかどうしようかと随分迷った留学生もいました。学生は「今自分にできることは何か」を確かめ合い、3月11日という共通の経験の上に生きている仲間という気持ちを強めたのではないでしょうか。

 1995年は1月の阪神淡路大震災により日本でのボランティア元年と言われます。2011年は東日本大震災により、我々が我々の足元、生活のすべてを見直すエネルギー再考の年になると思います。3月11日以前にはもう戻れないのです。今年の新入生は去年までの学生とは違う面を見せていると感じています。3.11世代という新たな世代が生まれています。梅雨空に咲く私の好きな紫陽花(アジサイ)の花をめでながら、この節電休校の意味を考えています。
a0149405_15381540.jpg

                                                      教授 城 由紀子
文化学園大学 現代文化学部 国際文化学科のHPはこちら
[PR]
by bwukokusai | 2011-06-28 12:56 | 教員コラム

英語で書くこと、書き直すこと

  英語のライティングを担当して20年余りになります。第1回生が入学した平成3年は、一クラスが50人以上で英語のライティングを効果的に指導する環境ではありませんでした。しかし、学生達ががんばり、彼女たちの努力の結晶とも言うべき英語で書いたマガジンを製作。今でもこの英語マガジンは私の研究室のキャビネットの中にしまってあります。この一回生以来、多くの学生に「英語で書くこと」を指導し、貴重な体験を数多くしてきました。そこで今日は「英語で書くこと、書き直すこと」と題し英語で書くメリットについてお話ししましょう。
 英語のライティングの他にこれまでいろいろな英語の授業を担当してきましたが、その中で「英語を話せるようになりたい」と言う学生は大勢いるのに、「英語を書けるようになりたい」と言う学生はほんのわずか。「英語を書くこと」は余り魅力がないようです。確かにある程度の長さを書くという作業は母国語でも厄介なものです。口語と違い、紙とペン,あるいはPC、書く場所、辞書などの準備が必要となります。それに自分が書きたいことを言葉で表現することは、そんなに容易なことではありません。特に英語で書くとなると、より難しくなってしまうのは当然です。書きたいことが日本語では浮かんでも、それをどのように英語で表現したらよいか分からない。頭の中にある目には見えないものを「文字」にする作業は本当にたいへんです。しかし「何を言いたいのか」「どんな表現にしたら良いのか」いろいろ考えることのメリットは大きいのです。何回も何回も書いては直しを繰り返しているうちに、自分の考えを整理することが出来、考えていることが少しずつ見えてくるからです。何か頭皮あたりで考えていたことが、だんだん奥に入っていき本当に言いたいことを見つける感じ。James Francoという作家は、「書くことのすべては、文を書き直すこと」*であるとまで言っています。
 この「書き直し」のプロセスは時間と忍耐を必要としますが、書けば書くほど効果があります。「量産」をするうちに書くことに慣れライティングのスキルアップにつながります。適切な英単語や日本語とぴったりする英語の表現がすぐに見つからず、試行錯誤しながら出来るだけ自分が述べたいことを文字にしてゆく。自分の述べたいことが文字でしっかり表現できると、それが頭にインプットされ英語を話すときにも役立ちます。「英語で書くこと」と「英語で話すこと」は考えながら行なう作業という点で似ています。英語を話せるようになりたい皆さん、話す練習に加え、英語を書く練習もするとより効果がありますのでぜひ試してみて下さい。

参考
*The Big Issue 168号 2011年6月 p. 6

                                                       教授 坂本 政子
文化学園大学 現代文化学部 国際文化学科のHPはこちら
[PR]
by bwukokusai | 2011-06-20 22:00 | 教員コラム

懸命な美しさ

 がんばっているところを人に見せるのは、かっこ悪いと思う人が増えている。たとえば、同級生の中で一番部活の練習をがんばっているのにレギュラーになれないなんてかっこ悪いから、練習は適当に流してみせる。失敗するとかっこ悪くて傷つくから、がんばるのはいや、という感じ。帰国子女だった学生が、中学時代の話をしてくれた。【掲載は了承済み】海外の学校ののりのまま、行事などでも元気に積極的に参加しようとしていたら、「なに、一人で意気込んじゃって」と、退屈顔や訳知り顔のクラスメート達にうっとうしそうにされてしまったとか。以後、彼女は気配を消すように、学校では消極的にふるまう他なかったらしい。
 
 大学講師になりたての頃、羽田に向かうモノレールから外を見ていて、工員達が作業服でラジオ体操に近いことをしていた光景が、その時私が学生たちに伝えたかったことと重なって、今でも妙に私の記憶に焼きついている。やる気のない動きでその時間を何となくやり過ごそうとしている男性たちの中に、一つ一つの動きに留意しながら、きびきびと動いている数人がいた。その顔形は遠すぎてよくわからないものの、見ていて素敵だな、と思えた。彼らは、きちんと自分の体調を整え、次のことに備えている様子だった。一見些細なことにも自分なりの工夫や積極性を示し、その時間を大切にしている姿は、かっこいいものだ。人は肯定的なもの言いの多い人に惹かれるものだ、とは心理学の分析であり、あなたが誰かに嫌われたければ、その人の前で何度も、「どうでもいい、面倒くさい、そんなことやったって、どうせ…」といった表現を並べればよい。

a0149405_15473187.gif  八重山ヒメボタルという小さな蛍を、見たことがあるだろうか?私の場合は、一昨年5月の初めの頃、石垣島で出会ったタクシーの運転手さんに、山の方に連れて行ってもらった。車中で「何千という蛍が飛び交って、本当に美しいです。きっと一生に残る思い出にしてもらえると思います。」と言われながら、私は頭の中で、蛍にまつわる遠い過去の思い出をたどっていた。当時近くで見られる蛍など未体験だった私は、椿山荘のディナーを締めくくる余興の「蛍の夕べ」の帰り際、自分の小さなバッグの中につかまえた蛍を入れてしまい、帰りの車中でも蛍の光を楽しめるものと夢想していた。当然の結果として、蛍は光を発してはくれなかった。「ほかの命を玩具にしてはいけない」と叱られて、涙を流して反省しながらも、車の中を舞う蛍の光の幻想は、まだ私の頭の中で愛らしく踊っていた。
 本当の蛍は、切ないほどに繊細だ。目指す地点に近づくと、石垣島のドライバーは、「ヘッドライトで、蛍が弱るから…」と、スモール・ランプだけで坂道を徐行した。八重山ヒメボタルの体長は6ミリほどで、てんとう虫のように小さく、光を点滅させるところが特徴的だ。車から降り立った私の服について光っていた蛍に、彼の携帯電話の光を当てて、その大きさを見せてくれたドライバーに、罪なことをさせてしまった、と今でも思っている。日没が漆黒の闇に転じていく間に繰り広げられる、30分ほどの光の舞。30分だけならば頑張れる、なんて言わないでほしい。蛍の半時間は、人の一生の幾年か?蛍二十日に、蝉三日。二十日も生きないと言う人も多い。もう私は、蛍を自分からつかまえたりはしない。その短い光の時間を、人間のそばで無駄に過ごさせたりはしたくないから。
 a0149405_15471468.gif「人の世ならば何年ものプロポーズ」と、ロマンティックにしめくくると誤解されそうだが、蛍の光のように美しくなくても、一生懸命は素敵だ、と私は思っている。一途であることや努力はかっこ悪いと思わずに、学生諸君も精一杯命の光を輝かしてほしい。回りの空気を読み過ぎて、同じ沈黙の闇に沈むのは、あまりにもったいない。他人に迷惑をかけない限り、一生懸命はかっこいい。

                                                                   
                                   教授 久保田 文

文化学園大学 現代文化学部 国際文化学科のHPはこちら
[PR]
by bwukokusai | 2011-06-14 15:49 | 教員コラム

ウェストミンスター寺院(Westminster Abbey)

まだ皆さんの記憶に新しいとは思いますが、4月29日に英国のウィリアム王子とキャサリン妃の結婚式が行われました。他国の王子の結婚式といえども大変喜ばしい出来事でした。その挙式が執り行われたのが、ウェストミンスター寺院です。結婚式は日本でもテレビ放映されていたため、この寺院の内部をかなり詳細に見る事ができました。今回はこの由緒ある寺院について少し触れてみたいと思います。

ウェストミンスター寺院は、英国のロンドン市ウェストミンスター自治区にある、英国国教会の教会で、ゴシック建築を代表する大礼拝堂です。寺院の西正面に2つの塔、南に回廊、食堂などがあります。

その歴史はイギリス王室の歴史と重なります。11世紀にエドワード懺悔王が建設し献堂式をあげました。さらに13世紀にはヘンリー3世によりフランス・ゴシック様式のフランス大聖堂にならい放射状祭室頭部が建てられましたが、1298年に大火で破壊されました。その後、正面部分は16世紀初め、塔の部分は18世紀に造られました。11世紀にノルマン朝最初の王ウィリアム1世が、このウェストミンスター寺院で戴冠式を行いました。それ以来現在まで、歴代の国王や女王の戴冠式や冠婚葬祭などさまざまな王室の行事が執り行われ王室と深いかかわりをもっています。また内部の壁と床には、歴代の王や女王、加えて過去1000年近くにわたる英国の歴史上の名士たちも埋葬されています。 埋葬されている著名人を何人かあげると、アイザック・ニュートン、チャールズ・ダーウィン、ディビット・リヴィングストン、ジェフリー・チョーサー、チャールズ・ディケンズ、トーマス・ハーディ、ロバート・ブラウニング、ローレンス・オリィヴィエ等です。 特に南袖廊には、“Poets’ Corner”として有名な文学者の墓があります。 墓地はすでに一杯になっているそうですが、ここに葬られる事は英国人にとって最高の名誉とされています。

1987年には、同じウェストミンスター自治区にあり寺院に隣接している国会議事堂(ウェストミンスター宮殿)と聖マーガレット教会とともにウェストミンスター寺院は世界遺産(文化遺産)に登録されました。

ついでに、ウェストミンスター寺院と間違われやすいのが、同じウェストミンスター自治区にあるウェストミンスター大聖堂(Westminster Cathedral)です。これは英国最大のカトリック教会です。 

                                                      教授 石田 名都子
文化学園大学 現代文化学部 国際文化学科のHPはこちら
[PR]
by bwukokusai | 2011-06-07 15:42 | 教員コラム

6月4日(土)は「けやき祭」!

小平キャンパスの恒例行事、「けやき祭」が今週末に迫りました。

国際文化学科では、日本航空の客室乗務員をお招きしての
「航空教室ー緊急脱出訓練体験」「日本航空 キャビンアテンダント歴代制服
展示」などの特別企画を開催します。詳しくは、下の画像をクリック↓↓↓

このほか、児童英語教室や、国際ファッション文化学科のファッションショーや、
応用健康心理学科の人形劇など楽しい企画がめじろおし。

多くの皆さんのお越しを、お待ちしています。
a0149405_13183934.gif

[PR]
by bwukokusai | 2011-06-02 13:19 | ニュース&トピックス