「ほっ」と。キャンペーン

文化学園大学 国際文化・観光学科ブログ“小平の風”

bwukokusai.exblog.jp
ブログトップ

<   2011年 01月 ( 4 )   > この月の画像一覧

雪のニューヨークで考えていたこと

 この冬休み、本当に久しぶりにニューヨークに行くことが出来た。グラウンド・ゼロにおける建設がかなり進んでいるのを我が目で確認した後は、芸術鑑賞をして過ごし、教員生活を支えるインプットを増やすことに努めた。
 今回撮った中で一番おかしな写真が、ピアノと女性を被写体としたものだ。それでなくとも、MoMAのレイアウトは、ホリデイ・シーズンを過ごしに世界中から集まった人々を吸収するには適さず、芸術による刺激とは別の違和感が館内全体に漂っていたが、ピアノを体で押しながら歩き、逆方向から正確に演奏する彼女の姿には、最初あっけにとられた。髪におおわれて見えない顔、周りに群がる聴衆など存在しないかのように孤独に空間を右往左往する姿に、素直な自己表現が難しい時代を感じた。彼女が演奏していたのは、「喜びの歌」…。暗いトーンにアレンジされていた。その調べにのせられていたのは、前途が見えづらい現代人の不安でもあっただろう。
a0149405_16573831.jpg

 平和な気持ちになれたのは、雪の降るセントラル・パークをぬけて、メトロポリタン美術館に行った日。ブリザードの後の公園にも物好きな人々はちらほらいて、一見ただの散歩している人にしか見えない傘販売人(彼が体のどこに売り物を携行していたのか、私には不明だったが、すでに傘をさしている私にも、楽しい言葉と笑顔をくれた)や、オペラ歌手の扮装をして見事に歌う公園パフォーマーなどと出会いながら、美術館を目指した。メトロポリタンの内部は、空間ごとの演出が絶妙なので、どのスペースに移動してもどきどきさせてくれる。芸術的興奮に疲れた時には、美術品とセントラル・パークをながめながら食事が出来るカフェも複数あるし、ここに飽きる人とは絶対友達になれないと思う。
 国際ファッション文化学科の卒業イベントがOzだったため、授業でも“The Wizard of Oz”の英語の台詞をとりあげていた私は、大雪のためイエロー・キャブさえつかまらない中、“Wicked”も見にいった。写真のように、ガーシュイン劇場では、バーの色調さえもが、「エメラルドの都」を髣髴とさせた。
a0149405_1703997.jpg

 そのバーを、幕間にどれだけの時間楽しめるか、といった場内アナウンスはいっさいない。アメリカに来るといつも思うのは、情報がほしければ自分が動かなければならないし、自己責任が常に強調されている点だ。地方に行っても、美しい風景を求める人々の眼に入るのは、安全柵ではなく、「この先に行きたければ、at your own riskで楽しみなさい。」といった立て札だけだったりする。ニューヨークの地下鉄でも、“Protect yourself.”というアナウンスが繰り返される。これらは、行政等の責任逃れととることも出来るだろうが、他方、最近の日本では、些事に関する行政の責任追及やサービスを提供する側の細かい説明不足に対する非難が多くなり過ぎたきらいがある。携帯電話に夢中になりながら歩いていて事故にあったとしても周りのせいにするような「あなたまかせ」が、まかり通る社会になっては困る。自分の頭で考え、りりしい行動のとれる学生を育てることも、大学の使命の一つと感じている。

                                                       教授 久保田 文

文化女子大学 現代文化学部 国際文化学科のHPはこちら
[PR]
by bwukokusai | 2011-01-25 17:03 | 教員コラム

クリスマス表記について

クリスマスの時期から少しずれてしまいましたが、昨年末、街中で見かけて気になったクリスマス表記について少し触れさせていただきます。

クリスマスシーズンになると、街のあらゆる所でクリスマスの表示を目にしますが、その表記にはいろいろなバリエーションがあるのに気づいている方も多くいるかと思います。思いつくままに挙げてみると、「クリスマス」「Christmas」「Xマス」「Xmas」「X’mas」など等です。さてこれらの表記はいかがなものかと考えてみることにします。

カタカナの「クリスマス」と英語の「Christmas」は問題なしですね。さて、上記に挙げた残り3つはどうでしょうか?うーん、と答えに窮してしまいます。「Xマス」は英語と日本語の混成表記でしょうか?そして「Xmas」と「X’mas」は英語のみの表記でしょうか?では、Xは何を表すのでしょうか? 英語でしょうか? 実はギリシャ語なのです。Xはカイというギリシャ文字で、ギリシャ語でキリストをXPIΣTOΣと書きます。つまり、キリスト(Christ)を表すギリシャ語の頭文字だったわけで、12世紀ごろにはすでにこのXがクリスマスの表記に使用されていたと言われています。XのほかにXP.やXt.もキリストを表す時に使われることがあります。つまり、Christmasは、X + mas(ミサ)ということになりますので、「Xmas」は正しい表記です。辞書も公認しています。「Xマス」はギリシャ語と日本語の混成表記です。ですが、「X’mas」はどうでしょうか? 実際、街中ではこの表記のほうが多いようです。このアポストロフィを使用した表記は日本人が考え出した誤った表記のようです。アポストロフィは省略記号で、例えば、is not がisn’t になる時などに使用されますが、「X’mas」はXとmasの間に何かが省略されていると感じられるためにアポストロフィが使われているようですね。

今年のクリスマスシーズンにはどのような表記が街にあふれているか、是非確かめてみてください。

                                                    教授  石田 名都子


文化女子大学 現代文化学部 国際文化学科のHPはこちら
[PR]
by bwukokusai | 2011-01-18 06:18

音がわかるということ


留学生に母国の童謡を教えてもらうことがあります。小平の小学校との交流会のために日本の童謡と同じメロディのものを教えてほしい、とリクエストすると、よく、日本の「グーチョキパーで何つくろ?」の歌の母国語版を教えてくれます。

もとはフランス語でこう言う歌詞です。下はフランスに長くいた中国人学生が昨年教えてくれた意味と歌い方です。

Frère Jacques(フレール ジャック), Frère Jacques,  :ジャック兄さん
Dormez-vous ? Dormez-vous(ドゥーメ ブー) ?  :寝てるの?
Sonnez les matines (ソネ レ マティーヌ)! Sonnez les matines  :朝の鐘を鳴らしてよ
Ding Ding Dong ! Ding Ding Dong !(ディン ディン ドン) 

今年のベトナム人留学生はこのように教えてくれました。意味はフランス語と似ていますね。

Troi da sang roi(チョイ ダ セン ロイ), Troi da sang roi,   :朝になったよ
Day di thoi(ヤイ ディ トイ), Day di thoi,  :早く起きて
Chuong da reo vang len roi(ツォン ダ レオ ヴァン レン ロイ),
   Chuong da reo vang len roi,  :目覚まし鳴ってるよ
Ding dang doong ! (ディン ダン ドン) Ding dang doong !

中国人留学生によると、中国ではこんな歌詞だそうです。

両只老虎(リヤン ジー ラオ フー)、両只老虎  :虎さんが2頭
跑得快(パオ タ ゙ クワイ)、跑得快、 :走ると速い
一只没有眼晴(イー ジー メイ ヨウ イエン チン)、
   一只没有尾巴 (イー ジー メイ ヨウ ウエイ パー)  :1匹は目がない、1匹は尾がない
真奇怪(チェン チー クワイ)、真奇怪  :へんなの

全く違う意味ですね。交流会でも歌詞の意外さとおもしろさで子どもたちに大評判でした。

さて、ベトナム語の歌詞を教わっているときのことです。上の歌詞では日本人に歌わせる便宜上、フリガナを振りましたが、これが大変だったのです。最初の「Troi da」のところを、何度私が発音しても、「その音は違う」とOKが出ません。さんざんやったあげく、「日本人には発音できないから」と上記のフリガナで勘弁してもらったわけで、実はこのまま歌ってもベトナムでは通じないかもしれません。

英語や中国語などなら、もう慣れていてそんなに意表をついた発音に聞こえないのですが、ベトナム語を聞き取ろうとすると、何の音と理解していいか全然わからないのです。4つくらいの音の中間音に聞こえたり、まるで頭という部屋の中を音の幽霊が一瞬横切ったような感じがしたり。この「音として聞こえてこない」という体験は、私にとってとても新鮮でした。

普通私たちは「鳴った音をそのまま頭で認知している」と感じていますが、そうではなくて、「音が聞こえる」ということは、頭の中で「この音はこの枠へ」というふうに、自分の頭の中の枠組にあてはめた結果なのです。これはソシュールという言語学者の言った「分節化」という概念にあたります。

音はもともと連続体で、例えばアとイの間には無限に中間音があります。ですが、音を使って人とコミュニケーションするには、これとこれは同じ音、これとこれは違う音と共通認識しなければ不可能なので、言語文化ごとに連続する音に区切りを付け、音の枠組を作っています。ですから、ある言語文化では同じ音としている音でも、他の言語文化では違う音として区切りを入れている場合もあります。一度同じ枠に入れた音は、違うものとして聞こうと思ってもそうは聞こえないし、枠組に入らない音は耳に入っても頭に残らないのですね。

外国語を学ぶ場合は、頭の中にあるその音の枠組をまず作りかえないと、発声された音の連続体から意味の単位である単語を切り取っていくことができません。第二言語習得理論では、発話の前にはその10倍くらいの聴解が必要だと言いますが、それは枠組を先に作るためでしょう。

ベトナム語をウェブ動画などで聞いてみるとそんなに違う音に聞こえないので、先の音はとくに難しい音だったのかとも思いますが、違う音に聞こえないということはすでに日本語の音の枠組で聞いてしまっているからであり、ベトナム人の前で発音してみると全然だめなのかもしれません。

では、ベトナム語で tam biet(タン ビエッ:さようなら)!

                                                        准教授 星 圭子

文化女子大学 現代文化学部 国際文化学科のHPはこちら
[PR]
by bwukokusai | 2011-01-11 16:32 | 教員コラム

お正月 ―暦の話―

新年明けましておめでとうございます。お正月、いかがお過ごしでしょうか。a0149405_7212264.jpg

元旦を迎えると慌しい年の瀬からたった1日過ぎただけなのに、すべてが改まったような清浄な気持ちになります。何か特別な日という気がしませんか。

私たちは太陽暦(グレゴリオ暦)の1月1日を元旦として祝いますが、中国・韓国・台湾の留学生の故郷では、旧暦(太陰太陽暦)による正月を盛大に祝います。今年はまだ学期中の2月3日に当たるので、帰国することは出来ませんけれど。

日本でも以前は旧暦を使用していました。旧暦から新暦に変わることになったのは明治5年(1872)のことです。旧暦の11月9日に突然、12月3日を明治6年1月1日とすることが太陽暦採用の詔書により発表されたのです。すでに旧暦による明治6年の暦は発売されている時期に、実施まで20日余りで、人々の生活の基準となっている暦を変えるというのですから恐れ入ります。

当時は庶民だけでなく国も企業もすべて12月が締めであり、改暦を実施するのに一番障害の多い時期であったはずなのに、なぜその時期に突然断行されたのでしょうか。岡田芳朗(1996)によると、財政難の明治政府が考えた人件費節減のための窮余の一策だったようです。当時の公務員の給料はそれまでの年給制から月給制へと変わっていた上、明治6年は閏月のある年(1年に13月がある)であり、閏月分の出費を節約して財政を健全化するために太陽暦の採用を断行したのだそうです。しかも年末に改暦を実施したために12月分の支出も削減することができ(明治5年の12月は2日しかなかったため、月給は支払われませんでした)、2か月分の給料を節減することができたのです。
a0149405_7251875.jpg
文明開化の諸施策が次々に行われている時期でもあり、旧暦は時代遅れと決め付けられました。突然暦が変わったことにより庶民の暮らしが混乱したのは言うまでもないことですが、各地に残っていた旧暦による祝い事も今ではほとんど姿を消しています。正月を迎えて年をとるという旧暦による年齢の数え方も消えつつあります。

韓国では1896年に、中国・台湾では1912年に太陽暦が採用されていますが、それぞれの国で旧正月を始め、旧暦による行事が祝祭日として定められており、守られています。年若い台湾の留学生が誕生日を旧暦でも知っていると聞いて、驚いたことがあります。暦は民族の歴史・文化と密接に結びついたものであり、日本のように祝祭日をすべてあっさりと太陽暦に変更してしまったのは珍しいと言えるのです。

友人が住むマレーシアではお正月が年に4回あるそうです。マレーシアはマレー人、中国人、インド人が住む多民族国家ですが、カレンダーを見ると、太陽暦によるお正月、チャイニーズニューイヤー、ヒンズー教徒のディーパバリ、イスラム暦新年などが祝祭日となり、それぞれの民族の暦と折り合いをつけたものとなっています。

祝祭日や暦からも民族の文化が見えてきますね。
今年が良い年でありますように。

参考
岡田芳朗(1996)『日本の暦』新人物往来社
岡田芳朗(2002)『アジアの暦』大修館

                                                      教授 齊藤眞理子

文化女子大学 現代文化学部 国際文化学科のHPはこちら
[PR]
by bwukokusai | 2011-01-04 07:34 | 教員コラム