文化学園大学 国際文化・観光学科ブログ“小平の風”

bwukokusai.exblog.jp
ブログトップ

<   2010年 03月 ( 7 )   > この月の画像一覧

旅行道歌

さまざまな道の教えをわかりやすく詠んだ短歌のことを道歌といいます。茶道の教えを詠んだ「利休道歌」(利休百首)は有名です。これには及びませんが、旅行についても残っています。

江戸後期の1810年、江戸の須原屋という出版社から刊行された『旅行用心集』という本があります。著者は八隅蘆菴(やすみろあん)といいます。この本には、旅の心得を詠んだ22首の和歌が収められております。私は、この22首を「旅行道歌」と呼ぶことにしています。残念ながら、彼については詳しいことがわかっていません。しかし、『旅行用心集』を読めば、若いころから、奥州から九州まで旅をした人で庶民階層出身の旅のスペシャリストだったことがわかります。この本は当時の人々に広く読まれて版を重ねたようです。今日、当時の旅の様子を知ることのできる貴重な資料でもあります。

前置きが長くなりました。今回は、この22首から、今日の私たちの旅行にも応用できるものをいくつか選んでみます。みなさんが自分たちの旅行について考えるきっかけになればいいなと思います。なお、すべて読みやすいように漢字や現代仮名遣いに直しました。括弧内は私なりの意訳です。

・宿とりて一に方角二に雪隠三に戸締り四には火の元
 (旅館では方角、トイレ、施錠や非常口、火の元を確かめなさい。)

・道中は自由をせんと思うまじ不自由せんとすれば自由ぞ
 (旅行中は自由になろうと考えるな、不自由は当然と思えば自由に楽しめる。)

・長旅の道具はとかく少なきをよしと定めよ多きのは憂き
 (長い旅行こそ荷物は少ないのがいい、多いのはつらいものだ。)

・道中の食に良し悪しいう人は土地も処も見分かぬと知れ
 (旅先の食事に文句をいう人にはその土地のことは理解できないものだ。)

・道中で見栄飾りする人たちは必ず難に遭うと知るべし
 (旅行中見栄を張る人は必ず災難に遭うものだと心得なさい。)

・物言いを旅ではことに和らげよ理窟がましく声高にすな
 (旅行中は特に温和な言葉遣いをしなさい、大声で理窟めいたことを言わないこと。)

 いかがでしたか。思い当たることもいくつかあったでしょう。最後に、旅行者として常にこころがけておきたいと私が思う歌を一つあげておきます。

・馬方や荷持ち雲助あなどるな同じ浮世に同じ世渡り
 (馬をひいて旅人と荷物を運ぶ人、旅人の荷物をかついで運ぶ人、駕籠に旅人を乗せて運ぶ人などを軽蔑してはいけない、どんな職業の人も、同じこの世の中で生活して生きているのだから。)

                                                        講師 西村 修一

文化女子大学 現代文化学部 国際文化学科のHPはこちら
[PR]
by bwukokusai | 2010-03-30 16:53 | 教員コラム

贈る言葉

私もこの3月に教員として文化女子大学を卒業します。私は21年前にこの大学に赴任しました。翌年担任を持ち、初めてフレッシュマン・キャンプに参加し、そこで大いなるカルチャー・ショックを受けたのです。その時のキャンプのテーマは「国際的とは?」であり、最初に学長先生の講演がありました。その中で「日本人でも伊能忠敬や南方熊楠のような国際的仕事をした人がいる」という一節がありました。寡聞にして私は南方熊楠という人のことは全く知りませんでした。伊能忠敬については、日本中を歩き回り測量して、正確な日本地図作成をした人というような朧な知識はあったのですが、熊楠については全然でした。ずっと後になって、熊楠という人は地衣類を専門とする植物学者で、彼の名が学名になった地衣類を発見したこと、また明治19年に今では権威ある国際的科学雑誌『ネイチャー』に論文を投稿し掲載されたことなどを、知りました。

自分のことを振り返ってみますと、私にとって音楽といえば西洋のクラシック音楽、芝居といえばオペラや西欧演劇であり、大学でも英文学を専攻し、特にルネサンス時代の英詩や演劇に興味を持ち、それが今日まで続いています。ですから、邦楽や歌舞伎や能や日本の思想家などについては殆ど触れることなく来てしまいました。その結果、私にとって「国際的」とは欧米のことだったのです。その後も新しく出来た文学部の軌道作りに忙しく、私はもっぱら英米の文学や文化の科目を担当してきました。

しかし、最近私が関わっている国際文化研究科の大学院にはアジアからの留学生も多く、留学生には日本研究だけでなく、付随して欧米のことも学んでもらいたく比較文化研究の手法をとっています。私の場合は日英比較で、最近のテーマの一つが「歌舞伎におけるシェイクスピアの受容」です。

例えば、『ヴェニスの商人』は明治19年に宇田川文海によって『桜時銭の世の中』という歌舞伎に翻案されています。シェイクスピアの方は16世紀頃のヨーロッパの貿易都市ヴェニスが舞台であり、歌舞伎の方は江戸時代の大阪・難波が舞台です。二つの芝居の雰囲気は随分違いますが、原作の二つのエピソードは歌舞伎の方にも殆どそのまま踏襲されています。一つは借金の担保に胸肉1ポンドを要求する人肉裁判の場面で、もう一つはヒロインが自分の結婚相手を決めるのに三つの小箱から答えを求婚者たちに選ばせる場面です。

原作では金、銀、銅の三つの小箱で、それぞれにヒントになる言葉が書かれています。金の箱には「これを選ぶ者は全ての人が欲する物を得るだろう」、銀の箱には「これを選ぶ者は分相応の物を得るだろう」、銅の箱には「これを選ぶ者は全ての物を失うだろう」というのです。しかし、正解は銅なのです。真実を得るためには命をも賭けて挑戦すべしという厳しい倫理観が要求されているのです。

一方、歌舞伎の方は金、銀、鉄の箱に変わり、ヒントはなく、選んだ者がその理由を述べます。金、銀を選んだ者は金、銀は高価な金属で、価値ある女性にふさわしいと述べ、鉄を蔑視します。鉄を選んだ者は鉄こそ最も実用的で、最も役に立ち、安価なので全ての人に平等だと述べます。やはり正解は鉄であり、よく言われる日本人の特質である和の精神にも繋がる気がします。

20年前の私なら、シェイクスピアの方しか評価しなかったと思いますが、今ではどちらの人間観がより優れているかが問題ではなく、我々にとってどちらも共に必要であると実感します。将来、皆様が何かのディレンマに立たされたとき、特に異文化摩擦によるディレンマに立たされたとき、このことを思い出し解決のヒントにして下されば幸いです。そして、文化女子大の卒業生として国際社会でも羽ばたいて下さるよう願っています。
                                
                                                        教授 根岸愛子

文化女子大学 現代文化学部 国際文化学科のHPはこちら
[PR]
by bwukokusai | 2010-03-26 17:32 | 教員コラム

Three Suggestions for Learning Well in a University Class

If you want to try to learn in a class at a university, here are three points you might to keep in mind:

1. Speak up (ask questions, share your opinions).
Professors commonly shape instruction so that learning takes place through an exchange of ideas.

2. Expect to encounter from your fellow students points of view different from your own.
Students in a university class often come from very different backgrounds. Through this variety in experience students can often learn from one another.

3.Be self-motivated.
Professors expect students to want to learn.

                                                教授 チェスター・プロシャン

文化女子大学 現代文化学部 国際文化学科のHPはこちら
[PR]
by bwukokusai | 2010-03-23 10:53 | 教員コラム

卒業式と卒業記念パーティーが行われました

現代文化学部の卒業式が、3月11日(木)10時より新都心キャンパス遠藤記念館大ホールにて、また卒業記念パーティーが、翌12日(金)グランドプリンスホテル新高輪国際館パミール崑崙にて行われました。

卒業式は厳粛に、そしてパーティーは華やかにかつ和やかに行われ、卒業生と教職員が互いに別れを惜しみました。卒業生の皆さんの今後の活躍をお祈りしております。

12日の卒業記念パーティーの日、同時に学長賞授与式も行われました。
a0149405_128975.jpg

国際文化学科の受賞者である青山真理さんも、学長より学長賞を授与されました。おめでとうございました。


文化女子大学 現代文化学部 国際文化学科のHPはこちら
[PR]
by bwukokusai | 2010-03-16 12:10 | ニュース&トピックス

本を読もう -若いうちに-

私は図書館司書の養成を担当しています。なぜそうなったかを考えてみると、本を読むのが好きだったということに尽きます。中国地方の岡山県、旧国名でいうと美作の国の片田舎の農山村で育ち、今のように出版が盛んな時代ではありませんでしたが、家に『昭和文学全集』(角川書店)があり、小さな活字がぎっしり詰まったそれを片っ端から読み耽ったものです。元々は新聞をよく読んでいたらしく(実は、その頃はあまり覚えていない)、小学生時代には雑誌『少年』(「鉄人28号」横山光輝など)を定期購読し、『少年サンデー』『少年マガジン』の創刊号なども読んだ記憶があります。以来、50年近くマンガを読み続けました。

読書が楽しみになり、図書館に就職し本や雑誌に触れる仕事をしました。図書館に勤めていると話すと、「本が読めて良いですね」という返事を良く頂くが、実は、時間中に読書をしていたのでは、仕事になりません。自分の時間に様々な本を読んだ、その経験は仕事にも役立ちました。図書館の利用者の方に本や雑誌を案内する時、読んだ事のある本とそうでない本を案内するのでは、説得力はかなり違います。

また、読書することで知識が豊富になりますが、単に知識を得るだけでなく様々な擬似体験ができるので、相手の立場に立って考える事ができるようになります。人生は1度きりですが、読書により様々な人生を経験することができます。自分の立場を主張するだけでなく、相手の主張を理解できることは、良好な人間関係を築くうえでは必須です。
 
そういうわけで、高校生や大学生の皆さんにも、読書好きになって頂きたいと思っています。すでに読書好きの方は良いですが、まだ読書好きでない方には、そのきっかけとなる「特別な1冊」と出会えることが必要です。沢山の本が出版されていますし、皆さんのこれまでの成長のプロセスも様々ですので、どの本が貴方にとっての「特別な1冊」になるかは、全く予測できません。若い皆さんには時間はあると思います。色んな本にチャレンジして下さい。そして、「特別な1冊」に巡り会ってください。そのための援助は惜しみませんので。  

                                                     教授 瀬島 健二郎

文化女子大学 現代文化学部 国際文化学科のHPはこちら
[PR]
by bwukokusai | 2010-03-16 12:03 | 教員コラム

こころ豊かな感性と人間形成の場

大学という場は、これまでの高校での断片的な知識の習得・学習とは明らかに違って,広く開かれた高度な学問文化を学ぶところです。いいかえると、それは「大学は学問を通じての人間形成の場である」と言えると思います。大学では単に知識の詰め込み集積を学ぶだけではなく、むしろそうした知識を元に自分自身が自らの思惟・思索力で取捨選択し、判断し、善なる良き理想とする方向を目指し追究する場であります。一言でいえば、そこでは真・善・美のイデアを求め“考える”場であるといえます。

自分が真摯にひたすら学ぶことから、自然に自らの好みや思考に合った方向性が見えてきて、知らず知らずのうちに柔軟性や感性に富んだこころ豊かな人間形成・思想形成がされていくはずです。それは大学という専門的知識・技術をもった学識者の集団あってこそ、人類が蓄積してきた文化思想の継承発展が可能となり、また,学問的知の広い高い深い未知なる世界へと誘ってくれる訳です。とにかく,大学は学び考える、そして何かを確実に身に付けることの楽しさを育んでくれる絶好の場だといえます。

したがって、大学はいわば一生の仕事であるライフ・ワークの糸口を発見する“揺籃期”に当たると言えよう。その意味は重大である。何しろ自由な学窓から実社会に出てからのその人個人の将来に向けての展望そして発展は,君たちのように頭脳が若くて、何を見ても,何を聞いても、何を学んでもすんなりと吸収する能力がある、そうした青春期の真っ只中にこそあり、恵まれた特権をもつ二度とない春の季節にあると言える訳です。

学ぶこと、知ることの楽しさ、そして将来社会に出てからの勇気,決断力,独立自尊の精神、いわば雑草の様な逞しい生命力を発揮するその原点がここで生い育つことを期待し、素晴らしい人生を掴み取ってもらいたいと心より願っています。以上、そうした夢をもって私は「日本文化」のゼミを指導し学生と共に学んでいます。
                                 
                                                        教授 新保 哲
文化女子大学 現代文化学部 国際文化学科のHPはこちら
[PR]
by bwukokusai | 2010-03-09 10:35 | 教員コラム

資格を取得しよう -図書館司書資格とは-

世の中にはさまざまな職業があって、それぞれの持ち場で専門知識、技能が発揮され、市民生活が維持されています。職種の中には法律で定められた免許・資格が不可欠のものが多くあり、国家資格とよばれ、本学ではさまざまな資格取得のための講座が設けられています。その中で意外と知られていないのが、図書館司書の資格です。司書も図書館法に規定された国家資格です。

カウンターでの図書の貸出、返却業務をご覧になられた方は、これなら誰にでもできる仕事だと思われるのではないでしょうか。この業務はほんの一部でしかなく、図書館資料の選択・分類・目録作成(カード目録からインターネットを介したwebOPACへの移行)、読書案内、レファレンスワーク、読書活動推進のための事業の企画・立案と実施、さらに起業支援サービス、乳幼児を対象としたブックスタート、自動車文庫による巡回等々、時代の要請にこたえるべくいろいろなサービスが展開されるようになりました。このように司書業務がますます複雑多岐になりつつあります。

司書の資格を取得するためには、省令で定められた必要な科目を大学で履修しなければなりません。選択科目を含め、15科目20単位を履修すれば司書資格証明書が付与されます。しかし「地域の知の拠点」としての図書館を支える司書が、市民の情報要求に一層対処できるよう人材育成をはかる目的で、平成21年4月に「図書館法施行規則の一部を改正する省令」が発効し、平成24年4月から24単位に増えることになりました。

司書課程は、現在、現代文化学部に設置されていますが、短大部を除くどの学部からでも履修できます。文化女子大学の卒業生で現在、公共図書館には6名、大学図書館に2名が勤務しています。司書資格取得に挑戦してみませんか。

                                                         教授 宍戸 寛
文化女子大学 現代文化学部 国際文化学科のHPはこちら
[PR]
by bwukokusai | 2010-03-02 16:40 | 教員コラム