「ほっ」と。キャンペーン

文化学園大学 国際文化・観光学科ブログ“小平の風”

bwukokusai.exblog.jp
ブログトップ

<   2010年 01月 ( 8 )   > この月の画像一覧

甘い? 苦い? チョコレートのお話

ここ数日で、コンビニやデパートでは、きれいにラッピングされたチョコレートが陳列されるようになりました。2月14日を前に、毎年恒例のバレンタイン商戦がスタートしたのですね。なんと、この時期に日本の1年間のチョコレート消費量の2割ほどが売り上げられるのだそうです。ところで、このバレンタインデーの由来をご存知ですか?

3世紀、古代ローマでは兵士の士気が下がるという理由で若い兵士の結婚が禁止されていました。それを哀れに思ったキリスト教の司祭バレンタインは、密かに兵士たちを結婚させましたが、捕らえられ、処刑されてしまったのです。後に、彼が殉教した2月14日を「聖バレンタインの日」とし、男女が愛を告白したり、贈り物をするようになったというのが通説です。

日本では、女性から男性に愛情の告白をし、チョコレートを贈るという特徴があります。欧米では、チョコレートに限定されているわけでも、女性から男性へと一方的なものでもないのです。もっとも、日本では、最近は友だち同士でチョコレートをプレゼントしあう「友チョコ」が流行なのだとか。文化や習慣が伝わっていく過程でどんどん変わっていくことを「アカルチュレーション」と呼びますが、バレンタインデーは、その事例として興味深いものがあります。

ところで、チョコレートの原料であるカカオ豆は、南米や西アフリカなどで栽培されています。カカオ豆は、どんな風に生産されているか想像したことがありますか? キャロル・オフの著した『チョコレートの真実』(英知出版)には、世界一のカカオ豆輸出国である西アフリカ、コートジボワールのカカオ農園の様子が克明に記されています。隣国のマリなどから人身売買で連れられてきた子どもたちが、奴隷状態で働かされているというのです。このような児童労働を知るには『わたし8歳、カカオ畑で働きつづけて』(合同出版)も入門書としてオススメです。

バレンタインデーに幸せの象徴のように食べられる甘~いチョコレートには、苦く哀しい現実が潜んでいるのです。グローバル化した現代では、遠く離れた人々ともつながっています。そんな人々のことも想像し、身近に感じられる力を持ちたいものです。そうすれば、いつかチョコレートを食べる人々も、カカオをつくる人々も、ともに幸せになれる日がくるでしょう。

                                                        助教 栗山 丈弘
文化女子大学 現代文化学部 国際文化学科のHPはこちら
[PR]
by bwukokusai | 2010-01-26 12:30 | 教員コラム

教員コラムがはじまります!

本日から、国際文化学科の教員によるエッセイ「教員コラム」がスタートします。
週代わりで、教員が登場します。毎週火曜日に更新予定です。乞うご期待!!
[PR]
by bwukokusai | 2010-01-26 12:27 | その他

国際文化学科の紹介④

国際文化学科の紹介の最後は、社会で活躍する卒業生を紹介します。

一人目は、2007年に卒業した須々田さんです。彼女は、本学卒業後、青年海外協力隊員として中国で日本語教師をしていました。彼女が、活動中に書いてくれたレポートです。

中国内蒙古五原県第三中学校からのたより 
大家好! 私は青年海外協力隊として中国の内モンゴルで高校生に日本語を教えています。ここは内モンゴルの五原県という外国人が一人もいない小さな町で、五原の人はまさか日本人がいるとは思っておらず、いつも「モンゴル族か?」と聞かれます。
 授業は、主に会話と作文を担当しています。この学校は中国の中でも特に日本語教育が盛んで、日本語学習者は700人ほどいます。一クラス60人から多くて70人ほどいるので、会話の授業はイメージ通りの授業ができません。作文は、2・3年生だけですが。それでも300人以上いるので、毎日毎日作文添削をしています。生徒たちは本当に可愛くて、学校が休みになれば毎日彼らと遊んでいます。
 夏は30度を超え、冬は-20度にもなるところですが、温かい五原の人々のおかげで1年間楽しく過ごせました。残りの1年間、悔いのないように毎日精一杯頑張っていきたいと思っています。
a0149405_1131504.jpg


現在、彼女は帰国し、難民支援NGOで働くために活動しています。

二人目は、2006年に卒業し、ホテル、ニューオータニに就職した安田さんです。

多くの人との出会いが私を成長させてくれます
 私は、株式会社ニューオータニ総務部人事課で働いています。ニューオータニは東京・大阪・幕張と3つのホテルを経営しています。高卒から大学院卒まで幅広い年齢の新入社員が毎年150名程入社してきます。
 ホテル業界を就職先として目指す大半の人が『目的意識』『仕事への憧れ』を持ち希望に満ち溢れて入社してきます。人事課の仕事には、新入社員のフォローや社員に働きやすい環境を提供することなどがあります。また、新しくニューオータニの人材になる方々と配属される職場とのパイプ役となることで、ホテルスタッフとして成長していく姿を見ることができ充実感があります。特に年末年始の多忙な時期はホテルスタッフが一致団結してすばらしいサービスを提供しています。私はこれがニューオータニの強みだと思います。
 一緒に働く社員同士が刺激しあい成長していく姿を見て、私も日々努力し、共に成長していく自分を感じています。

卒業後の進路など

●就職先の主な業種
旅行・興行 サービス アパレル 情報サービス業 卸売業 広告・マスコミ関連業 小売業 etc.
●就職先の主な職種
総合職 営業 バイヤー・商品企画 事務 販売 客室乗務員 ツアーコンダクター etc.
●主な進学先
文化ファッション大学院大学 文化女子大学大学院 北京大学 北京師範大学 上海経済大学 
台湾師範大学 ニューヨーク大学大学院 カリフォルニア大学 オックスフォード大学 トロント大学 etc.

文化女子大学 現代文化学部 国際文化学科のHPはこちら
[PR]
by bwukokusai | 2010-01-22 11:35 | 国際文化・観光学科の紹介

国際文化学科の紹介③

今回は、国際観光コースの紹介です。
国際観光コースでは、「論」より「実務」をキーコンセプトに、航空業界・宿泊業界・旅行業界の現場で必要な知識の習得を重要視して、実務教育を展開しています。観光産業は別名「ホスピタリティ産業」と呼ばれます。ホスピタリティとは人に対する“思いやり”と“おもてなし”の心です。観光の学びを通じて世界の人々に向けて理解と友好を深め、平和な世界の実現に貢献することを目指します。
a0149405_11393071.jpg



■国家資格をサポート 
旅行業界唯一の国家試験である「総合・国内旅行業務取扱管理者」の出題分野は、全て正規のカリキュラム科目内でカバーされています。

■航空業界と同じシステムで実務を学習
本学は、航空業界では必要不可欠となっているCRS端末を導入している数少ない大学の一つです。この端末を用いてオンラインでの航空券の予約やEチケット化を体験的に学ぶことができます。

■本学ならではの見学・体験学習が充実
機体整備工場など本学ならではの空港業務見学なども実施しています。ホテル見学、ホスピタリティ分野の企業でのインターンシップも充実しています。
a0149405_12273127.jpg

※このコースで取得可能な資格
●取得資格   : 学芸員 図書館司書
●本学修了証 : 日本語教員養成課程
●目標資格   : 総合・国内旅行業務取扱管理者 AXESS検定 TOEIC TOEFL 
            実用英語技能検定 秘書技能検定 日商パソコン検定
●受験資格   : ピアヘルパー

文化女子大学 現代文化学部 国際文化学科のHPはこちら
[PR]
by bwukokusai | 2010-01-19 11:43 | 国際文化・観光学科の紹介

国際文化学科の紹介②

学科の紹介、2回目は、「国際文化コース」についてご紹介します。
 
国際文化コースでは、幅広い視点から、異なる地域の文化を比較・研究し、国際社会が抱える様々な問題の背景とその核心を理解する力を持ち、自分の考えを相手に伝えられるコミュニケーション能力のある女性を目指します。
a0149405_1030224.jpg

少人数のゼミの中で自らのテーマを深め、文献の読解と考察・現地調査の方法・研究発表の仕方・論文の書き方などを習得します。基礎から身につく教育が特徴です。

※このコースで取得可能な資格
●取得資格  : 学芸員 図書館司書
●本学修了証 : 日本語教員養成課程
●目標資格  : TOEIC TOEFL 実用英語技能検定 秘書技能検定 日商パソコン検定
●受験資格  : ピアヘルパー

文化女子大学 現代文化学部 国際文化学科のHPはこちら
[PR]
by bwukokusai | 2010-01-15 11:29 | 国際文化・観光学科の紹介

国際文化学科の紹介①

今回から4回にわたって「国際文化学科ってどんな学科なの?」という疑問にお答えします。1回目の今回は、国際文化学科での4年間の学びの全体像をご紹介します。

国際文化学科の教育目標は「国際的視野と実践的な語学力を身につけ、国際社会で活躍できる能力を高めること」です。

入学時から実践的な語学力を身につけるともに、それぞれのコースの専門分野を深く学びます。専門コースは、「国際文化コース」と「国際観光コース」の2つです。専門コースの選択は3年次からです。

a0149405_12433575.jpg


実践的な語学力を育成するために、ネイティブスピーカーによるレッスン・交換留学制度・文化語学体験プログラム・海外ステイなど多彩なプログラムを用意しています。国際文化学科で、各国の生活・文化・コミュニケーションの実際を体験的に学び、国際的なセンスと教養を高め、社会で役立つ能力を身につけませんか?

a0149405_12474023.jpg


文化女子大学 現代文化学部 国際文化学科のHPはこちら
[PR]
by bwukokusai | 2010-01-12 12:49 | 国際文化・観光学科の紹介

国際文化学科で学ぶということ ブログ開設にあたって

町で外国の方を見かけることが多くなってきました。海外からの観光客も年々増えています。皆さんの中にも海外にホームステイしたり、旅行したりした経験を持っている人も多いのではないでしょうか。

もっと外国のことについて知りたいと思いませんか。異なる国の人と楽しく話したいと思いませんか。将来、国際的な職場で仕事をしたいと思いませんか。

グローバル化している現在、異なる国の人々と協力をしていくことは大切なことです。そのためにはどんなことが必要でしょうか。語学力、異文化理解、外国についての知識、柔軟な心・・・。

国際文化学科には国際文化コース国際観光コースがあります。英語・中国語などの語学を学び、国際文化コースでは、異文化理解の手法や上手なコミュニケーションの方法を学び、国際観光コースでは、地理や文化習慣を学び、国際社会で活躍できる力を身につけます。

異なる地域の文化を政治・経済・歴史・地理・美術などの視点から理解し、自分の文化と比較をし、「当たり前」だ「常識だ」と考えていることが「当たり前」ではないということに気がつくのは新鮮な驚きです。そしてその体験を通じて、自分の持つ文化についても再発見することができます。

大学時代は社会人として一人立ちするための基礎力を身につける場でもあります。新しい知識や技術を身につける過程で信頼できる友人を得、尊敬できる先輩や教師と知り合い、助け合いながら新しいことにチャレンジし自己理解を深めていく、国際文化学科はそんなお互いの顔が見える交流の場です。

国際文化学科で学んだ卒業生たちは、世界に向かって踏み出しています。一昨年卒業した須々田さんは、JICA国際協力機構の派遣により中国で2年間日本語を教え、9月に帰国しました。在学中2回に亘りネパールのチベット難民キャンプを訪れ、「貧困観」というタイトルの卒業論文をまとめている彼女は、現在、難民を支援するNGO関係の仕事を探しています。

昨年卒業した橋本さんは、1年間シアトルのベルビューカレッジに留学したあと、小さいときからの夢をかなえ、航空会社のグランドスタッフとして働いています。

今年卒業した田口さんも、ベルビューカレッジに留学しました。帰国後は児童英語教員になりたいそうです。

文化女子大学の国際文化学科で自分のすすむ道を見つけ、前へ前へと進んでいる先輩が大勢います。

皆さんも私たちの仲間に入りませんか?

皆さんにもっと私たちのことを知っていただきたく、国際文化学科ブログ「小平の風」をお送りいたします。

                                            国際文化学科主任教授 齊藤眞理子
文化女子大学 現代文化学部 国際文化学科のHPはこちら
[PR]
by bwukokusai | 2010-01-07 06:12 | 国際文化・観光学科の紹介

国際文化学科プログ「小平の風」スタートします!

文化女子大学 現代文化学部 国際文化学科のブログです。学科の教員や学生の声をお届けします。
[PR]
by bwukokusai | 2010-01-07 06:03 | ニュース&トピックス