「ほっ」と。キャンペーン

文化学園大学 国際文化・観光学科ブログ“小平の風”

bwukokusai.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:教員コラム( 227 )

On the Origin of Valentine’s Day

  Every year on the 14th February girls all across Japan, in a sense of annual obligation, commemorate Saint Valentine's Day by giving chocolates to boys of their acquaintance. For the most part, in the rest of the world, the obligation is the opposite; it is boys who feel compelled to give girls heart shaped boxes of chocolates, romantic greetings cards, and bouquets of roses. Putting aside this strange reversal of roles, that distinguishes Japanese Valentine’s Day from the rest of the world, have you ever wondered the origin of this celebration of friendship and love? To answer this question we need to appreciate two stories from ancient European history.

  Our first story will require us to go back more than 2,500 years to “pre-Christian Rome”, and it begins with a wolf, a cave and two small boys. Legend has it that around 500 BC a “she-wolf” or Lupa (as the ancient Romans would have called it) lived in a cave near the Tiber River, which ancient Romans referred to as Lupercal (meaning the cave of the “she-wolf”). The legend tells us that one day the she-wolf found two small boys abandoned beside the river, which she took back to her cave and suckled.
a0149405_922391.jpg

  The story continues that one day the boys and the she-wolf were discovered in their cave by a shepherd named Faustulus. In turn, the shepherd took the boys home, and he and his wife raised them. The legend goes on to tell us that when the two boys, whom Faustulus named Romulus and Remus, grew up, they founded the city of Rome.
a0149405_931139.jpg

  In commemoration for the legendary birth of their city, the citizens of ancient Rome established a fertility (erotic or sexual love) festival that became known as the Lupercalia or “festival of the she-wolf’s cave”. So called because the festival was originally celebrated near what was believed to be the cave of the she-wolf.
a0149405_933344.jpg

  Moreover, preparation for the annual celebration of Lupercalia required the task of cleaning or purifying of the she-wolf’s cave. Over the years the cleaning in preparation for Lupercalia became itself a very important activity, which ancient Romans referred to as Februalia (purification), In fact, the Februalia became so important that ancient Romans dedicated an entire month to purification, which they called Februarius.
a0149405_941824.jpg

  Our present day calendar derives the name for the month of February from this ancient legend, and even today the annual event of spring cleaning is still very much a part of European culture. Moreover, the ancient Romans required that the festival of Lupercalia be celebrated on three days in the middle of Februarius, traditionally from the 13th to 15th. So, we can learn from this story that the middle of February has long been associated with celebrating fertility, that is to say sexual love.
a0149405_945662.jpg

  The second story that we need to absorb, also from ancient European, explains how the Lupercalia celebration of fertility and sex became associated with the name Valentine. This story takes place several hundred years after the legend of Lupercalia. Moreover, it involves actual historical people as opposed to being merely a legend like the story of the she-wolf. We pick up this story in the early Christian-era of Rome, a time in Europe when Christianity was slowly but surely becoming a very powerful religion. In 268 AD Claudius II became the emperor of Rome. Claudius held the belief that his married soldiers spent too much time thinking of their families and not enough time training for battle, which made his army weak. So, in the hope of making his men more capable soldiers, he prohibited them from falling in love, getting married and starting families. Of course, these restrictions on love and marriage were not very popular with young many people, who were prone to fall in love and often desired to get married. Thus, some young lovers attempted to disobey the emperor, and they were often aided by a certain Christian bishop. He believed love and marriage were scared blessings from God, and as such could not be prohibited by the emperor. His name was Bishop Valentine, and he performed many secret marriage ceremonies for young soldiers in opposition to the emperor. When Emperor Claudius discovered that Valentine was disregarding his ban on marriage, he ordered the bishop to be put to death. And so it was that the good Bishop Valentine was killed because he had gone against the will of the emperor.
a0149405_952688.jpg

  In the course of time, with the rise of Christianity, and the decline of the Roman Empire, many ancient Roman festivals were replaced by new Christian ones. However, the ancient festivals were still very popular with the people of Rome, so the newly created Christian festivals often attempted to maintain the same general themes of the ones they replaced. Whereas, ancient festivals, such as Lupercalia, may have involved fertility or sexual celebrations, Christian festivals were meant to honor God or saints, people who dedicated their lives to God. Christians, with their religious focus completely on God, deleted any association of sex or bodily pleasures in their festivals. The story of Bishop Valentine, who had been murdered by Emperor Claudius for aiding young couples with the blessings of love and marriage, thus, became a suitable replacement for the ancient legend of the she-wolf and the sexual celebrations of Lupercalia. In 496 AD, the now dominant Catholic Church declared Bishop Valentine to be a saint, and dedicated a special day in his honor. The three-day festival of Lupercalia, traditionally celebrated on the 13th, 14th, and 15th days of Februarius, was reduced to a single day on the Christian calendar, created to commemorate the “romantic love” that Bishop Valentine had once aided. And so it is, every year on 14th of February we continue this tradition of celebrating friendship and love, on a day we call Saint Valentine’s Day.
a0149405_96633.jpg
教授 ジョン オーエン
[PR]
by bwukokusai | 2015-02-10 09:00 | 教員コラム

旅へのいざない(2)~行ってみたらこんなところでした~

 前回に引き続いて、私が訪れた中で印象に残っている場所を挙げてみたいと思います。今回はホテル選びです。

 1990年ごろだったと思いますが、パリの郊外にあるお城をホテルに改装したところに泊まったことがあります。川が流れる広大な敷地に、こじんまりした城(館?)があり、そのままホテルとして営業していました。この手のホテルにはいろいろなタイプがありますが、ここはしっかりとしたダイニングルームを持つ星付きのホテルレストランでした。
a0149405_1673128.jpg

 星付きといってもなにせ古いので、「すべてが快適!」というわけでありません。空調は旧式ですし、エレベーターは荷物運搬用のため、階段を何回も行ったり来たり、食事も決まった時間しか提供されません。インフォメーションもフランス語、ドイツ語、スペイン語、英語だけでした。古城ホテル以外にも、欧州には、優に100年は経っているグランドホテルがいくつも営業しています。その多くは高級ホテルですが、一度くらいは泊まってみると良いでしょう。

 なぜ一度くらいなのか?実は、私には価格と施設が一致せず、「割に合わない」感じがしてしまうことが多いのです。泊まってみたくて、事前に予約をしてから行くのですが、「なんか違うな」と感じて、途中でホテルを変えたことが何度かあります。移動先は大体ヒルトンやシェラトンといった米国系のホテルチェーンが多かったように思います。これらのホテルは、世界中どこに泊まっても同じで、部屋に入ってしまうと、それこそ「どこにいるのかわからない」のですが、それが私には「便利で快適」そして「割に合う」ようです。

 先ほどの古城ホテルも、今回「小平の風」を書くために20数年ぶりに検索してみたところ、まだちゃんと営業していました。ただし、大改装されたようで、外装はそのままでしたが、Wi-Fiや衛星テレビ、温水プールに、豪華ダイニング、ヘリポート付になっており、言語もブラジル・ポルトガル語、中国語、ロシア語にも対応しているようです。時代のニーズもあるでしょうが、私と同じような気持ちになった人も多かったのではないでしょうか。(http://www.grandesetapes.com/en/castle-hotel-esclimont-paris)

 パック旅行から個人手配旅行に主流が移る中、自分に合う「ホテル選び」は意外と難しいものです。年齢や経験によって、自分の中で「割に合う」ホテルも変わります。ホテルを選ぶ自由があるということは、外すリスクもあるということです。ただ、これも「におい」や「味」と同じで、行ってみないとわからないものの一つです。インターネットで行ったつもりになっていないで、何回も「外して」みてください。きっと、一つの街をいろんな角度から見ることができるようになります。

准教授 小川 祐一
[PR]
by bwukokusai | 2015-02-03 12:00 | 教員コラム

体験!!図書館の児童サービス:読み聞かせ,ストーリーテリング,ブックトークの魅力

 文化学園大学現代文化学部図書館司書課程では,主に都道府県や市町村立図書館などで働く「図書館司書」の資格を取得することができます。司書は,資料の収集,分類,整理,貸出,利用者からの質問に応えるレファレンスサービスなどの仕事に携わっています。
 2014年11月22日,東京都立多摩図書館児童青少年係(注1)の司書の方に文化学園大学においでいただき,児童サービスの心構え,読み聞かせ,ストーリーテリング,ブックトークなどの実演を通して,その魅力について認識を深めることができました。1時間30分間という限られた時間でしたが,受講した大学生からは次のような感想が寄せられました。

<読み聞かせ>
*すいか,もも,りんごなどの果物をリアルに描いた幼児用絵本『くだもの』(平井和子著,福音館書店),ちびっこ消防自動車の活躍を描いた『しょうぼうじどうしゃ じぷた』(渡辺茂男著,福音館書店)を読む。
 ・絵本の読み聞かせを聞いて,子どもの頃を思い出して,なつかしくて楽しかった。
 ・小さい頃に,図書館で読み聞かせを聞いたことがなかったので,初めての経験だった。
 ・読み聞かせは感情をこめ,演技をするというイメージを持っていたが,そうではないことに驚いた。
 ・読み聞かせは,読書の第一歩という話が印象的だった。
 ・高校生を対象とした読み聞かせも行うことがあると聞いて驚いた。

<ストーリーテリング(おはなしをする)>
*グリムの昔話,王様は後継ぎ選びのために,息子たちを三枚の鳥の羽の飛ぶ方向へと向かわせる「三枚の鳥の羽」(『おはなしろうそく』東京こども図書館より)のおはなしをする。 
 ・本の内容を暗記し,すらすらと物語を語るストーリーテリングはすばらしかった。
 ・子どもが本の内容にひきこまれるように工夫をしていた。司書はやりがいがある仕事だと思った。

<ブックトーク(テーマに関連した本について語る)> テーマ“おばけなんかこわくない”
*古いお城の小さなおばけは,昼の世界を見たいと願うようになる『小さいおばけ』(プロイスラー著,徳間書店),きまじめな紳士マジノマジヒコ氏は,ある夜,真夜中に目覚めるともう1人の住人に出会う『紳士とおばけ氏』(たかどのほうこ著 フレーベル館)など,おばけの本の紹介(注2)
 ・1つのテーマでいくつかの本を紹介するブックトークは,どんな結末なのだろうと興味を持った。
 ・ブックトークを聞いて,大学生でも,本に対する興味がわいた。自分で,台本を作り,練習を重ねて,子どもたちにいかに聞いてもらうかに細かく配慮している。図書館員の熱意が伝わってきた。
 ・ブックトークに引き込まれて,紹介された本を読みたくなった。司書の仕事はすてきな仕事だと思った。

 児童サービスのほかにも,地域の図書館では法律情報サービス,健康医療情報サービスなど,日常生活に役立つさまざまなサービスが行われています。なかには,その図書館独自のサービスもあります。あなたも,大学や自宅近くの図書館を訪れて,どんなサービスが行われているのか,実際に体験してみてはいかがですか。
 
注1)東京都立多摩図書館利用案内
http://www.library.metro.tokyo.jp/guide/tama_library/tabid/1407/Default.aspx
注2)東京都立図書館こどものページ ほん・本・ごほん 2007年8月 「おばけの本」
http://www.library.metro.tokyo.jp/bookbookbook/tabid/2635/Default.aspx

教授 吉田昭子
[PR]
by bwukokusai | 2015-01-27 09:00 | 教員コラム

Leaving Kodaira

This year, we will be leaving our campus at Kodaira and moving to the campus at Shinjuku for the start of the new academic year. While it will be nice to be more centrally located, there are things I’ll miss about the Kodaira campus. One thing I especially enjoyed there was the view of Mt. Fuji from the large 3rd floor window. On some days the sky was so clear it seemed like you could reach out and touch the mountain. On other days, the sun set behind the mountain so that it looked as if it were glowing. On those days when I could see Mt. Fuji as I went to class, it always brightened my day. So, although I’m looking forward to being at the Shinjuku campus starting next year, I’ll certainly miss the views of Mt. Fuji that greeted me on my way to the classroom.
a0149405_1027183.jpg


教授 チャールズ・ヒューベンソール
[PR]
by bwukokusai | 2015-01-20 10:00 | 教員コラム

スコットランドとイングランド

 昨年で最も記憶に残るニュースはと言われたら、スコットランド独立をかけた選挙である。日本人にとって、スコットランドが独立したがっているという話は意外なことかもしれない。かつて、スコットランドがイングランドとは別の国だったことを知る人は少ないだろう。私たちがイギリスと呼んでいる国の正式名称は、The United Kingdom of Great Britain and Northern Irelandである。つまり、一般にスコットランドと呼んでいる地域はイングランドと一緒になってGreat Britainに含まれている。ブリテン島に住んでいた古い民族のケルト人は、後続のアングル人、サクソン人たち(現在のドイツ北部にいたゲルマン人)に侵略され、スコットランドの地に追いやられた。1707年になると経済大国であった隣国イングランド(アングル人、サクソン人の子孫の国)によって合併されてしまった。その後、再三、独立運動が勃発し、1746年のカロデンの戦い(ネス湖で有名なハイランドのインヴァネス地方)(注)でジャコバイト軍(ハイランド氏族とカトリック教徒で構成)が完敗し、イングランド軍によって大虐殺された。歴史的にこの2国は敵同士であったわけである。
 しかし、昔は別の国だったからという理由だけで、今さら独立したいと言い出したのではない。私はスコットランド滞在中に、温厚で親しみやすい彼らの心の中に、どうしても我慢できないイングランド人(英国の中・南部を占める地域の住人)に対する怒りにも似た感情を感じ取ることができた。
 スコットランドは風光明媚、日本でいえば長野県を彷彿とさせる山岳や湖・森林に囲まれた地域であるが、大自然の風景を楽しもうと海岸線をドライブしていると、目の前に急に原子力発電所の奇怪な建物がどっかりと現れる。テロを警戒してか、建物の正面には軍人が武装して常駐している。つまり、イングランド人にとって不都合なもの、汚いもの、危険なものはスコットランドに建設してしまえ、というわけである。このようなことは日本でも起こっているのではないか。東京の電力を供給するため、危険な原子力発電所を福島に建設したり、米軍基地を沖縄に常駐させるような、多数にとって不都合なことを、少数を犠牲にして回避する、このような「自分さえよければ」という考え方が誰にでもある。
 沖縄と同様に、スコットランド人もこのような多数のための犠牲を強いられてきた国民であり、そのような心情が独立願望となって現れたのであろう。多数派の人間こそ、自分の犠牲となっている弱者を思いやる心を持ち、少しでも負担を軽減する方策を「実行」することができれば、様々な問題も解決への糸口が見つかると思う。
a0149405_8562977.jpg

ハリー・ポッターにも登場した、ウェスト・ハイランド地方の高架橋
Glenfinnan Viaduct, Scotland


(注)スコットランドはハイランド(北西)とロウランド(南東)にわかれ、キルトやタータンの衣装で有名な氏族は主にハイランド出身である。現在のロウランドの中心は観光地として有名なエディンバラ市で、地理的な近さから、昔から政治的にも経済的にもイングランド寄りの地域である。


教授 白井菜穂子
[PR]
by bwukokusai | 2015-01-13 09:00 | 教員コラム

75th Anniversary Grapes of Wrath Celebration

 先月、ジョン・スタインベック作「怒りの葡萄」の75周年を記念する大会で発表するために、カリフォルニア州立大学ベイカーズフィールド校(CSUB)に赴きました。学会は、写真のような雰囲気でした。一般の人達の席は後ろにたくさんありますが、プレゼンター達は自分の番まで、ゆったりとしたアームチェアでリラックスしていられるのが心地よかったです。写真のプレゼンターは、スタインベック研究におけるアイコン的な存在であるスーザン・シリングロー。発表の素晴らしさは言うに及ばず、一年半前に一度だけ少し話した私にも、懐かしげに声をかけてきてくれるようなやさしい女性です。
a0149405_11184566.jpg

 大会は “interdisciplinary (2つ以上の学問分野にまたがる、学際的な)”と言われるタイプのもので、歴史学や音楽の角度から作品に焦点をあてたものもあり、文学を深く探究する学会とは違った意味で刺激的でした。私の発表は、海外におけるスタインベックのレガシーという形で、大会スケジュールに組み込まれました。スタインベックの自然観と日本人が重んずる「和」の共通性などにもふれたため、アジア学の教授などからいろいろと質問が出て、「和敬清寂」等についても説明しました。彼らの目の輝きに、日本文化への敬意をうかがい知ることができたのも、今回の喜びの一つでした。
 75周年を祝って、キャンパス内の木やベンチに、(アート系の先生と学生が焼いた)セラミック・ブックスが、所々に吊るされたり置かれたりしていました。作品におけるキー・ワードを連想させる言葉や絵が示されたものです。研究者仲間のスウェーデン人と一緒に休憩時間を使って謎解きを試みましたが、タイムアウトでした。でも、金銭よりも知性を生かした粋な試みが、大学らしくて好感を持ちました。
a0149405_11192176.jpg

 3日間朝から晩まで学内に缶詰の学者達を慰問 するために、「怒りの葡萄」の時代にも大きく関連するカントリー・ミュージックと、子供達からの歌のプレゼントもありました。
a0149405_11194913.jpg

 学内でのディナータイムに出されたビールです。Grapes of Wrath を捩った命名がしゃれていますね。黒ビールに近い感じの、それでいて飲み易い味でした。

 アメリカ文学の研究においても文献学的な部分は多く、研究だけにあてられる何か月もの時間を使って気軽に多くの資料館を訪れることができる在アメリカ研究者達と、同じ切り口で研究していくのは至難の業です。日本人の精神的風土にも、しっくりと馴染むスタインベック文学、両者を洞察しながら、日本人の特質をも探っていきたいと考えるようになったこの頃です。

教授 久保田 文
[PR]
by bwukokusai | 2014-12-30 09:00 | 教員コラム

フェアトレード

街はクリスマスの飾りつけやイルミネーションで華やかににぎわっている。クリスマスなど贈り物のシーズンになると思い出すことがある。それは、欧米などのクリスマスツリーの装飾品等の多くが恵まれない国々の児童の過酷な労働によって作られていることである。この事は1,2年前のニューヨーク・タイムズ紙によって私は初めて知ったのであるが、タイムズ紙は先進国の消費者の身近な食べ物や衣服などの製品が、発展途上国や貧しい国々の子供たちの労働によって作られているという過酷な現実を伝えていた。またその中で、フェアトレードの役割も述べられていたのを思い出す。今回はそのフェアトレードについて少しふれてみる。

フェアトレードとは、主に発展途上国を対象とした貿易において、原料や製品を適正価格で継続的に購入することを通して、生産者および労働者の生活改善と自立を目指す活動であり、またそれを行う組織をさす。生産者が人間らしく暮らし、より良い暮らしを目指し正当な価格で売買できるように、そして、途上国と先進国、または企業間の取引が公平に行われるようにこのような活動が生まれた。故に、公平な(フェアな)取引をして、お互いを支え合うというのがフェアトレードの基本的な考え方である。その裏には、十分に生活できない賃金で働き、貧困に苦しむ途上国の生産者たちがいる。そしてその中には、長時間の労働を強いられ教育もまともに受けられない児童労働者もたくさんいる。立場の弱い生産者や労働者の生活改善と自立を目指すいわば貿易の仕組みである。

フェアトレードは、専門の機構や推進団体が明確な基準を設定し、それを守った製品にラベルを貼るなどして基準が守られていることを証明している。その基準は、経済的基準、社会的基準、環境的基準の3つの基準からなり、参加組織に対してこれらの基準に照らして定期的に監査が実施されている。

海外に比べると日本のフェアトレード認証製品の市場は小さいが、中でもコーヒー、紅茶は大きな割合を占めている。バナナ、チョコレートの原料のカカオ、スパイス、綿製品などの認証製品も増えている。その他、ナッツ、オイルシード、砂糖、ドライフルーツ、豆類、野菜などの中にも認証製品がある。

消費者はフェアトレード製品を選ぶことにより、世界で広がる児童労働の流れを変える力をもっている。クリスマスや年末に向け買い物に出かける機会も多くなると思うが、認証製品を選び少しでもこの流れを変えられればと願うばかりである。

教授 石田 名都子
[PR]
by bwukokusai | 2014-12-23 10:00 | 教員コラム

上手に頼めますか?


留学生対象の「日本語会話」の授業で「頼み方」というテーマを扱ったことがあります。

簡単なことを頼むのなら「消しゴム貸して」と一言言うだけで済むのですが、「100万貸して」と一言しか言わなかったらおかしいですね。また、同じ消しゴムを借りるのでも知らない人に借りるのでは話の流れが変わってきます。頼みにくい状況や内容であるほど、「貸してください」というお願いの言葉のほかに、いろいろ説明が必要になるわけです。

では、頼みにくい場面では、どんな説明を、どんな順番で、どんな表現で言えばいいのでしょうか。それには典型的な構造があります。負担が大きいことを頼む場合、日本語テキストのモデル会話では、話の流れはだいたいこんな感じになっています。(【 】内は言うべき項目)

  【話しかける合図】   例)今、ちょっといい?
  【頼む予告】       例)頼みたいことがあるんだけど。
  【相手の都合の確認】 例)再来週の日曜の午後って時間あいてる?
  【理由】          例)実はその日、演劇部で公演をやるんだけど、チケットのノルマがすごいんだ。
                   ひとり50枚売らなきゃいけなくて…。
  【相手への謝罪、迷惑への言及】 例)ちょっと高くて悪いんだけど/無理ならいいんだけど、
  【依頼】          例)チケット買ってくれないかな?
  【代償】          例)バイト代入ったら、なんかおごるから。
  

いつでも全種類言わなければならないと言うことはありませんが、これらは、頼んだり頼まれたりするときはたぶんこういう内容をこういう流れで言うだろう、という社会的な共通理解になっているので、違反すると「今この状況で、あれを言わないの?」「何でこんなことを言うの?」という違和感を呼び起こし、「感じが悪い」「頼み方がなってない」という判断を相手から下されかねないことになります。

ですので、「日本語会話」の授業では、まず上のような「言うべき項目と流れ」のパターンを確認しました。その後、役割を決め、頼む側頼まれる側に分かれてロールプレイをやってみました。

ですが、留学生の発話は、なぜかこの流れどおりにならないのですね。直前に流れを確認したはずなのに、「相手の迷惑がわかっている」ことを示す表現がなかったり、「頼みたいことがある」という前触れなしに、理由を非常に長々と述べてその間何が言いたいのかわからなかったり、理由を説明する前に唐突に頼んだり、日本人としては失礼だと感じる例がいくつも出てきたのです。どうして直前に練習したとおりにならないのか、と不思議に思いました。

ですが、単語や表現なら外国語に簡単に変換できても、話の流れについては、自分の国のものと違うと話し手が強い違和感を覚えるため、外国語のパターンに合わせづらいということがあるのではないでしょうか。

このことについて、大変興味深い研究があります。笹川(1999)では質問紙を使い、ある場面で他の人に依頼する場合に何と言うかを、日本、韓国、中国などの人たちに母語で書いてもらって調査しました。その場面とは「自分の所属している演劇サークルの公演で今度自分が主役をするが、そのチケットを周りの人に買ってもらう」というものです。

「悪いんだけど、このチケットを買ってほしいんだ」
日本人の回答結果を見ると、先ほど紹介した流れに即した表現をするようです。依頼するということは自分の利益のために相手の時間や行為を束縛することなのだから、申し訳ないという気持ちを示しつつ、遠慮がちに「助けてほしい」と言うのが典型的なやりかたで、また、依頼をする側もされる側も「お返しがなければならない」と想定する傾向があるそうです。

「このチケットを買ってくれるのはあなたしかない」
韓国人はまったく違うようです。まずは、その人が親しい知り合いであるかどうかで依頼がしやすいかどうかが決まり、親しい人でない場合依頼を断る場合も多いそうです。では相手が親しい場合はどうかというと、今度は遠慮自体が「水臭い」行為として好まれないため、頼み方は直接的になるのだそうです。また、頼むときは「あなただからこそ頼める」という相手との絆の強さを強調し、相手の「面子」に訴えるのだそうです。

「チケットがたくさんあって売りきれない。助けてくれ」
笹川(1999)では、中国人同士は大変なことでも簡単なことでも日本人より気軽に依頼したりされたりし、頼まれたら断りにくい、と紹介されています。先に述べたように依頼は相手を束縛するものとする日本人は依頼を相手に対して申し訳ない行為と考えがちですが、中国人にとってはそうではなく、「依頼される」ということは「それ相応の能力がある」と評価されたということで「面子」が得られることであるため、依頼することそのものが相手に敬意を払うことになるのだそうです。そして、日本人のような遠慮の表現を付け加えることはほとんどないということです。

この笹川(1999)の研究結果に従えば、それぞれの国の人は日本流の「依頼の流れ」に違和感をもつはずです。韓国の人は「友達なのに何でこんなに遠慮するの?」と、中国の人は「相手を認めて依頼しているんだから、無理ならいい、とか言ったらおかしいでしょ」と。その違和感はそのまま「それって、相手に失礼でしょ」という価値観につながるので「日本語ではこういう流れと表現で依頼する」と授業で習っても、気持ち悪く感じておいそれと自分の口には出せないということではないかと思います。

とはいえ、長く日本にいれば自然にこのような流れが身につく人もいて、日本的な依頼の流れですんなり話している人に「お国のやり方と違いますよね」と聞くと、「あ、本当に違いますね、何でだろう」と初めて気づいたりもするようです。そういう人は、日本文化の価値観と自文化の価値観を無意識にうまく使い分けているのでしょう。ことばは文化のなかで使われるものなのだとつくづく感じました。

引用文献:
笹川洋子(1999)「アジア社会における依頼のポライトネス(for you or for me)について~日本語・韓国語・中国語・タイ語・インドネシア語の比較~」『親和國文34』、pp154-181

准教授 星 圭子
[PR]
by bwukokusai | 2014-12-16 09:00 | 教員コラム

師走・・・・卒業論文の季節なのですが.....

 ハロウィンも終ったし、次ぎはクリスマス。“我が青春の興廃はこの日にあり”との心意気があちらこちらに漂い始める12月のキャンパス。消費税が8%になったにせよ、さらに10%になるにしても、クリスマスだけはどうあっても譲れないようですね。花祭(灌仏会)が何のことかわからなくても、クリスマスはクリスマスですね。私としては別に信仰と表現の自由にケチを付けるつもりもありませんので、その辺は誤解の無いようにお願いします。ただ、......すなおに言わせてもらうと、強力なコマーシャリズムと近代大衆化の意識とが呼応し、絶妙なコラボレーション的な展開を見せている文化現象で、どうやら“お子ちゃまたち”や“ご婦人方”にとっての“忘年会”であるらしい。いわゆる“楽しい民主主義”精神の下で、なんだか子供たちが“ダシ”に使われているようにも見えますが....。まぁ、強いて言えば、“平和の象徴クリスマス”、“戦後民主主義の象徴クリスマス”、目出度くもあり、目出度くもなし。 
 
 さて、12月2日は衆議院選挙の公示、投票は14日。学生によっては、今度が初めての衆議院選挙になることでしょう。今回の選挙は、表面的には「アベノミクス」への評価を下すことですが、実はそれ以上に大きな意味を持っています。経済問題だけでなく、国際関係(とくに日本を取り巻く環境とそれとのつながりで影響してくる国内の諸問題)に大きく関わって来ます。後世の評価で、「あのとき、日本は積年の諸課題を上手く解決していくハンドルを手にした」と言われるか、それとも「若干の機運は見られたものの、好機を逸してしまい、それが今日にまで続く混沌を招来した」と言われるか、本当に重要な選択のときです。マスコミは「大義なき総選挙」などといい加減なことを流していますが、相変わらずの不勉強なのか、わざと投票率を下げようとする魂胆なのか、これも後世に明らかとなることでしょう。
 皆さん、ちゃんと勉強してから投票に行って下さいね。
 
 2014年も残りわずか。来年は自然災害も引き続き起きるでしょうし、国際的にも国内的にも、今までとは違ったように見える出来事(いくつかは前もって予想できることなのですが)も起きてこざるを得ないでしょう。終わりの始まりが更に深化して、本格化して行くのか、それとも中興へのきっかけを掴むことができるのか。“信じるか・信じないか”と言う都市伝説のレベルではなく、“予測できるか・できないか”、“判断できるか・できないか”の問題です。目先のことをはっきり見るためには、少し遠いところのことも視野に入れて考えることが大切です。
 
 それでは皆さん、クリスマスはご勝手に!
 そして4年生の皆さん、卒論が大事な「〆」ですから、気合いを入れて上手く仕上げて下さい。

准教授 窪田 忍
文化学園大学 現代文化学部 国際文化・観光学科のHPはこちら


 
[PR]
by bwukokusai | 2014-12-04 06:23 | 教員コラム

アメリカの選挙

今月の4日に投開票されたアメリカの中間選挙で、野党である共和党が議会の上下両院で過半数を獲得しました。したがって、民主党のオバマ政権には、今後厳しい政治運営が求められことでしょう。今回は、アメリカ合衆国で実施される連邦レベルの選挙についてお話しします。

大統領選挙は4年ごとのうるう年に行われ、各政党が指名した大統領候補・副大統領候補は「二人1セット」で出馬します。また、連邦議会選挙は毎偶数年に実施され、任期6年の上院議員は三分の一ずつ、任期2年の下院議員はそのつど全議席が改選されます。大統領選挙のない選挙年(つまり、今年のようなうるう年ではない偶数年)に行われる連邦議会選挙は、「中間選挙」と呼ばれています。新しい大統領が選出されるわけではないのに、アメリカはもとより各国のメディアも、大きなニュースとして扱っていましたよね。特に、今回のように大統領の政党と議会多数派の政党が異なる場合は、何か大問題が発生したかのように報じられることが多いようです。なぜでしょう?

理由はひとつではないと思いますが、最も大きな要因は、アメリカ大統領制の特徴に由来するものです。行政府がどのような政策を実施する場合でも、その正当性を示すための法的裏づけあるいはそれに匹敵する承認、ならびに予算が必要になりますが、三権分立原則を厳密に導入するアメリカでは、行政の長である大統領であっても、立法や予算の承認といった議会の権限にむやみに立ち入ることはできません。ですから、大統領と議会多数派の政党が異なる場合、大統領のすすめたい政策に対して、たとえば関連法案を否決するなどして議会が歯止めをかける可能性が高くなるのです。具体的には、民主党政権が実現させたい福祉の充実や銃規制といった政策の実現は、共和党と大幅に歩み寄らない限り、困難であると思われます。また、「強い大統領」を望む者が多い共和党が上下両院で過半数を超えたことで、ウクライナ危機や過激派組織「イスラム国」などに対するアメリカの対応が大きく変わることも予想できます。

ついでの話ですが、中間選挙も大統領選挙も「11月の第一月曜日の翌日の火曜日」に実施されています。少しややこしいこの日程に決まった理由は、1)収穫を終え、本格的な冬を迎える前の11月上旬を選んだ、2)キリスト教の安息日である日曜日を避けた、3)交通の便が悪い場所では投票の前日から移動を開始しなければならなかったので、月曜日を避けた、などの事情から投票日が決められたようです。アメリカが伝統的に農業国でもあり、キリスト教文化が浸透した社会であることを改めて確認できます。

教授 中沢 志保
[PR]
by bwukokusai | 2014-11-18 09:00 | 教員コラム