文化学園大学 国際文化・観光学科ブログ“小平の風”

bwukokusai.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:学生コラム( 16 )

Homestay in Seattle

今回は国際観光コース2年の小室ななさんから原稿をお寄せいただきました。小室さんは、今年の9月に行われた「文化・語学体験プログラムA」という科目でのシアトルでの2週間の研修について、とくに、その中でもホームステイ体験で学んだことについて、書いてくださいました。
異文化の中でどのようなことを体験し学んだのか、生き生きと描いています。

-/-/--/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-

 私は今年の夏休みに現代文化学部の文化・語学体験プログラムAを履修し、2週間米国西海岸のシアトルでホームステイをしました。私のホストファミリーはHost Father(39歳)、Mother(39歳)、Brother(8歳)の3人家族でした。FatherとMotherはマレーシア出身で二人ともアメリカの大学を出ています。大学入学と同時にアメリカに来て、大学で出会って結婚したそうです。Fatherは4言語を話すことができ、Motherも3言語話せるそうです。Brotherは小学校で日本語を学んでいます。
 私のホストファミリーはプライベートの教会を開いていて、毎週水曜日と日曜日に私がホームステイしている家にたくさんの人が来ました。いろんな国から来た人たちがいました。その中に大学生が何人かいたので頑張って話しかけて、友達になりました。この教会の目的は「キリスト教を学ぶ」ということでした。水曜日はみんなで夕飯を食べておしゃべりをした後、それぞれが聖書を持参してキリスト教について勉強をしていました。私も一緒に勉強をしました。聖書を読むことは英語の勉強にもなりました。また、日曜日にはみんなで楽器を持ち寄って演奏しながら讃美歌を歌いました。私も和太鼓をやっていた経験もあり、cajon(カホン、写真参照)という箱形のドラムの楽器を演奏させてもらいました。
a0149405_11114295.jpg

 日本に帰る際、Motherが「これを持って帰って英語を勉強しなさい」と聖書をくれました。これまで海外に行っても宗教を学ぶ機会がなかったので今回はとてもいい経験になりました。
 私は今、語学研修を受けたベルビュー・カレッジに来年の9月から留学をしようと思い、英語を頑張って勉強しています。
a0149405_1112110.jpg

国際文化学科 国際文化コース 2年 
小室 なな

文化学園大学 現代文化学部 国際文化・観光学科のHPはこちら
[PR]
by bwukokusai | 2012-11-27 11:14 | 学生コラム

憧れのブライダルコーディネーター in Okinawa

今週は国際文化・観光学科2年 日名地 愛美さんがコラムを寄稿してくださいました。

国際文化・観光学科は2年時からインターンシップに参加できます。日名地さんはこの夏参加し、その体験を報告してくれました。さまざまなブライダルコーディネーターとしての実践的な経験ができた様子が生き生きとつづられています。ぜひお読みください。

=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-
 私は8月15日~30日までの二週間、沖縄ワタベウェディング(株)様のアクアグレイス・チャペル(沖縄県読谷村)でインターンシップをさせていただきました。仕事内容は主に、①ブライダルコーディネーターのアシスタント ②チャペル清掃 ③ミーティングへの参加・モデル役 ④列席の皆様の案内 ⑤撮影のアシスタント ⑥テーブルセッティング ⑦打ち合わせ資料の整理 などです。
a0149405_1133976.jpg

 挙式をより良いものにするため、コーディネーターと介添えスタッフが集まり定期的にミーティングが行われます。初日はそのモデル役を経験しました。実際にウエディングドレスを着てみると、とても重量感があり歩きにくいものであると身を以て感じました。その日はドレスの直し方について入念に打ち合わせが行われました。祭壇を上る際に、コーディネーターや介添えスタッフは、新婦さんが上りやすいようドレスを持ち上げるのですが、持ち上げすぎるとパニエ(ドレスのスカートを膨らませ、スカートラインをきれいに見せるためのもので、ワイヤーが入っている)やパンプスが見えてしまい綺麗ではなくなるので、細心の注意が必要であるとのことでした。モデル役として実際に体験できたので、とても分かりやすく勉強になりました。
a0149405_1131895.jpg

 そして、空いた時間に定期的に製作していたものがペタルです。ペタルとは、バージンロードの両端に敷く花道のことです。10m程ある白い生地にグルーガン(スティック状の樹脂を溶かして接着する道具)を使い、造花の花びらを一枚一枚貼り付けていきます。フラワーシャワーの製作も行いました。バラの花びらを一枚一枚丁寧にちぎっていきます。どちらも根気が必要な作業なので、集中力を保つことが大切でした。
a0149405_112535.jpg

 そして何件か挙式にもつかせていただきました。実際にインカム(マイクとヘッドフォンが一体になった通信機器)をつけ、コーディネーター・介添えスタッフ・美容スタッフ・サービススタッフの全員で状況確認をしながら式を進めていきます。とても緊張しましたが、式が無事に終わった際の達成感は大きかったです。
 私が行ったアクアグレイス・チャペルでは、東アジアのお客様も多く、コーディネーターが英語・中国語を使って説明をしている場面をよく見ました。社員の方にお話を伺うと、ブライダル業界でもこれからは中国語を話すことができると、とても便利だとおっしゃっていました。
 新郎新婦にとって、結婚式とは人生で一番大きなイベントであるといっても過言ではありません。そのような記憶に深く残る思い出を作り、関わることができる仕事はあまりないと思うので、ブライダルコーディネーターとは、とても素敵な仕事だと思いました。今回、新郎新婦に近いところで仕事ができ、とても貴重な経験となりました。

国際文化・観光学科2年 日名地 愛美

文化学園大学 現代文化学部 国際文化・観光学科のHPはこちら
[PR]
by bwukokusai | 2012-09-25 10:30 | 学生コラム

環境は人を作る

今週は国際文化・観光学科の4年生、王 銀石さんがコラムを寄稿してくださいました。
留学生としての努力や、苦労を乗り越え最終学年を迎えた充実感が伝わってきます。
ぜひお読みください。

=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-

私は中国からきた留学生です。将来は、観光を通じて日本と中国の架け橋になることをめざし、大学で国際観光を専門として学んでいます。

日本の数々の大学の中で、私がこの大学を選んだ理由は、「観光に関することはもちろん、興味あるファッションも勉強でき、一石二鳥で勉強できるのでは」というものでした。

しかしながら、現実はそう甘くはありませんでした。入学早々、学生の輪に溶け込めるか不安が大きくなり、日々、自信のない状態に、どんどん気持ちが落ち込んでいったのです。周りは、共通の趣味、話題で盛り上がったり、部活動で交流が広がっていっているようでした。一方で、中国の田舎から来た私は、授業の内容を理解し、学生生活から感じた文化、風習の違いを理解するために、毎日、家に帰っては日本にいる姉夫婦を総動員して、復習をするのが日課になりました。日々是勉強の毎日です。理想と現実のギャップに、環境をかえたいと思うこともありました。

ところが、踏ん張り続けて数ヶ月すると、明かりが見えてきました。がんばって、理解しようと続けていた結果、家で復習する前に、授業の中で理解が進む度合いが増えてきたのです。そうすると、大学で、授業をうける心の余裕がでてきました。授業の内容や質問をクラスメイトと教えあったりするなかで、本当の親友もできました。日本はもちろん、各国からの留学生とも国を超えた文化の交流が大学内でも始まり、刺激にもなりました。重苦しい気持ちがいつしか、楽しい気持ちに変ってきたのです。

専門教育になるにしたがって、当大学は、少人数の中身の濃い授業になります。時には、先生と一対一のお見合い状態の授業もあり、先生も学生も気が抜けないです。実務を重視した授業は、実体験によって理解を深めてくれます。例えば、チーズとワインをたしなむ体験から、料飲実務とマナーを学ぶこともできれば、旅行業の実務を、実際の端末を使いながら学ぶこともできます。3年次のインターンシップの時には、その経験がうまくいかせました。私は、ホスピタリティに関連する資格(「秘書技能検定試験2級」)も、授業とは別に学び、取得することができました。その道のプロの先生に実社会でのご経験を踏まえた生の題材を扱って頂くこともでき、先生方には、親身に公私共に指導頂いています。

この大学で頑張って本当によかったと今は思います。あきらめずに、ものごとを前向きに考えることが、新たな道を開いてくれることを学びました。それを支えてくれたのが、家族であり、親友であり、先生であり、大学という環境だったと思います。「環境は人を作る」という言葉が頭に浮かんできました。まさに、その通りではないでしょうか。

国際文化学科(現 国際文化・観光学科) 国際観光コース 4年 王 銀石

文化学園大学 現代文化学部 国際文化・観光学科のHPはこちら
[PR]
by bwukokusai | 2012-09-11 10:10 | 学生コラム

泰日工業大学学生との交流

今回も学生コラムです。前回の齊藤眞理子先生のブログ「日本語教員養成課程の学生による交流を中心とした教育実習」で取り上げた、教育実習に実際に参加した学生が寄稿してくれました。彼女は昨年からこの泰日工業大学短期日本語研修プログラムに参加し、留学生との交流を深めています。今回は昨年の留学生たちとの交流から今回の実習について、体験をつづってくれています。

=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-

私は文化学園大学 現代文化学部 国際文化学科の4年生の中田早弥香です。日本語教員養成課程を履修しています。

昨年と今年、その課程の授業を通してタイからの留学生と交流しました。そしてそれをきっかけに昨年はタイに旅行までしてしまいました。 そのことを少し紹介できたらと思います。

初めて交流したのは昨年の2月に、タイから23名の留学生が短期日本語研修プログラムで来日したときでした。私は日本語教員養成課程の授業を取っていたため、少しお手伝いすることになりました。参加したのは、ひな祭りの折り紙と生け花の授業でした。その時には頑張って全員の名前を覚え、コミュニケーションをとりました。また、授業のあとには学生たちと国分寺駅にラーメンを食べに行ったり、ショッピングをしたりしました。その時からFacebookを通して彼らと連絡を取りあうようになりました。

Facebookとは友達になった人と写真を共有したり気軽にチャットができたりするインターネットサイトです。タイ語で書かれたものなども日本語に翻訳してくれる機能もあるのです。彼らは、東日本大震災の影響により早めに帰国することになってしまいました。でも、その後もFacebookの交流は続けていました。

昨年の夏にはタイに旅行することになり、タイの学生数人と会うことになりました。その時には、彼らはレストランに連れて行ってくれたり観光地を案内してくれたり、ショッピングにも連れて行ってくれました。
a0149405_10174930.jpg

普通に観光するだけではなかなか経験できないこともでき、とても感謝しています。その学生たちとは今も連絡を取り合っていますし、そのうちの一人の日本旅行の際には日本を案内することができました。

2回目の交流は今年の5月から6月まででした。今回はこの短期日本語研修プログラムの中で日本語教員養成課程の教育実習をすることになったので、より多くの授業に参加する事ができました。そこでも交流がたくさんできましたが、放課後に学生たちと、彼らが行きたかった場所に一緒に行ったことにより、さらに交流を深められたと感じています。案内した場所は立川・中野・原宿・渋谷です。女の子には立川や原宿・渋谷はとても刺激的で嬉しそうでした。洋服や靴、家族や友達へのお土産を大量に買っていました(@_@)!!男の子には中野をとても気に入ってもらいとても嬉しかったです。

今回の留学生はとても積極的でやさしくて、私も一緒に買い物をしていてとても楽しかったです。
タイ語を教えてもらったり、笑いあったり、いっしょにいると本当に楽しく、また彼らの帰国の際には泣いてしまうほど悲しかったです。

1ヶ月の短い期間でしたが実習の成功以上に大切な友達を作ることができたことをとても嬉しく思っています。またタイのみんなには必ず会いに行きたいと思っています。
a0149405_10194211.jpg

違う国の人たちとの交流では、文化の違いや価値観の違いに驚くこともあるかと思います。 けれどもその違いを笑って、または、楽しんで受け止めることで交流も倍楽しくなると思います!

ぜひ皆さんもたくさん交流を楽しんでください。


                                                                                                 国際文化学科 4年 中田 早弥香

文化学園大学 現代文化学部 国際文化・観光学科のHPはこちら
[PR]
by bwukokusai | 2012-06-19 10:22 | 学生コラム

わたしが「卒業研究」で考えてみたいこと

 最近、日・韓両国間で、歴史教科書を巡る感情がヒートアップしている。これは、日・韓両国間の大きな問題になっている。韓国で日本の歴史歪曲の問題がマスコミで取り上げられる度に、韓国で生まれ、韓国で教育を受けてきた私は、日本が一方的に歴史を歪曲していると考えていた。しかし、祖母が日本人であり、日本と深い縁がある私にとっては、日本・韓国、両国間の歴史教科書問題は、隣国である日本を理解する上でいつも気になり胸が痛んでいた。そんなことがあったので、ゼミ(国際文化研究Ⅲ)の発表で日韓の歴史教育の問題を取り上げてみた。

 その話を聞いた先生が、東京都多摩教育センターを紹介してくれた。そこでは、無料でほとんとすべての(小・中・高の)教科書を見ることができるのだ。日本で一般的に使われている歴史の教科書を探し、じっくりと見てみた。それぞれの教科書を検討していくうちに、私は、韓国での日本の歴史教科書の歪曲を巡る報道や、幼い頃の歴史を教えて下さった先生たちの顔を思い浮かべていた。

 “あれ?...日本の教科書は歪曲されていると確かに先生たちから聞いていたが、どこに書いてあるのか?”
 私は驚いた! いくら探しても、歪曲されている部分は見つけられなかったのだ。今までの自分が凄く恥ずかしくなった。勿論、日・韓両国間に起きたすべての事件が説明されているわけではないが、大方の主要事件に関してはきちんと書かれていた。この事実は、幼い頃から今まで韓国で教育を受けてきた私にとっては、とても大きなショックであった。

 だからといって、韓国の歴史教育が誤っているともいえない。―般的に使用されている日本の歴史教科書は問題がないとしても、ほんの一部で、偏向した教科書が使用されているようでもある。
 しかし、そのような事実に関しては、韓国の歴史の授業では言われない。そこで大
きな誤解が生じる。授業を受ける生徒たちは、最終的に、日本で作られている歴史教科書には多くの歪曲があると考えてしまう。それは、隣国であり経済的にも重要なパートナーである日本を理解する上で大きな問題を生じさせる原因になるだろう。
 残念ながら、韓国におけるほとんどの歴史の授業では、日本のどのような教科書で、どのようなことが教えられているか等の詳しいことは触れられていない。

 そこで、卒業研究では、日本で用いられている歴史教科書の記述を具体的に検討していきたいと思っている。そして、問題の記述があるとしたら、それはどの教科書のどの部分であり、その教科書は日本全体の中のどれくらいの学校で教科書として使われているのか等々の点について、できるだけ詳しく調べてみたいと思っている。

 歪曲を叫ぶ前に、どこがどのように歪曲されているのか(―歪曲されていると仮定してだが―)がより詳しく扱われるべきだと思う。これは、両国相互間において、歴史を正しく知り、理解を深める近道だと自分は思う。


                                                                                    国際文化コース4年 玄 昭熙

文化学園大学 現代文化学部 国際文化・観光学科のHPはこちら
[PR]
by bwukokusai | 2012-05-29 10:31 | 学生コラム

『バトルシップ』を観て

私は、大学院で日米関係について勉強しています。先週、公開されたばかりの『バトルシップ』という映画を観に行きました。ユニバーサル映画100周年の記念作品として、製作にかなりお金をかけた映画だそうですが、私は日米同盟を暗示しているような描き方に興味をもちました。

映画のストーリーを簡単に紹介します。ハワイ沖で大規模な軍事演習(「リムパック」という実名が出てきます!)を行っていたアメリカを中心とした世界各国の護衛艦隊の前に、突如として正体不明のエイリアンが出現し、侵略を始めます。演習に参加していたアメリカ海軍の新人将校アレックス(テイラー・キッチュ)や、アレックスがライバル心を抱いている海上自衛隊の艦長永田(浅野忠信)らは、弱点も分からない謎の侵略者と戦うというものです。典型的なアメリカのSF映画ですね。

ニュースが流れるシーンで、一瞬ですがオバマ大統領が登場したのには驚きましたが、それ以上に気になったのは、最後まで戦ったのが、アメリカ一国の軍隊でも演習に参加した複数国の連合軍でもなく、日米両国の軍隊だったことです。しかも、舞台はかつて日米が敵として戦った真珠湾(ハワイ)です。日米の強い関係を示そうとしている映画だと思いませんか? でも、現実の日米同盟の力関係とは違って、主役級の二人の立場は永田艦長の方がかなり格上です。普天間問題などで行き詰まった感があるこの頃の日米関係を考えると、この映画が単なる娯楽映画とは思えなくなりました。
a0149405_14142610.jpg

もう一つ気になったのは、「正体不明のエイリアン」は一体何を(誰を)指しているのかということです。第二次大戦中や冷戦時におけるアメリカの敵は、明確な存在感をもっていましたが、9.11(2001年の同時多発テロ)以降の敵(テロリスト)は、正体不明の存在と映るのでしょうか。

いろいろと考えさせられる映画でした。

*『バトルシップ』について
 原題: Battleship
 監督: ピーター・バーグ
 上映時間: 130分
                                                                                 
                                             国際文化研究科 修士2年 馬 佳

文化学園大学 現代文化学部 国際文化・観光学科のHPはこちら
[PR]
by bwukokusai | 2012-05-22 14:16 | 学生コラム