「ほっ」と。キャンペーン

文化学園大学 国際文化・観光学科ブログ“小平の風”

bwukokusai.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:ニュース&トピックス( 19 )

国際文化学科の学生がAXESS実用検定試験に合格しました

7月10日に実施されたAXESS実用検定試験において、現代文化学部国際文化学科の学生が合格しました。

AXESS実用検定試験とは、コンピュータにより世界の航空会社の情報検索・予約から発券まで一貫して行うシステムの技能検定試験です。本学の観光文化コースでは、正規のカリキュラムに「CRS実務」を取り入れており、この検定試験に備えることのできる全国でも数少ない大学の1つです。

■国内全般2級合格者
瀧 菜々美さん(3年)  東京都立昭和高等学校出身
関 佑里香さん(3年)  私立宇都宮文星女子高等学校出身

■国内全般3級合格者
水越 優美子さん(3年)  私立文化女子大学附属杉並高等学校出身
青島 理佳さん(2年)  茨城県立並木高等学校
中澤 美里さん(2年)  私立文化女子大学附属長野高等学校出身
濱野 花林さん(2年)  千葉県立千葉西高等学校
李 繁美さん(2年)  東京朝鮮中高級高等学校
他 1名

※CRS…リアルタイムで世界中の航空会社に直結して情報検索・予約・発券ができるシステム
※CRS…Computerized Reservation Systemの略
[PR]
by bwukokusai | 2010-08-02 17:25 | ニュース&トピックス

国際観光コース「エアポートビジネス」校外学習

7月19日、海の日に、国際観光コースの授業である「エアポートビジネス」の一環として校外学習を行いました。訪問先は、成田国際空港JALオペレーションセンターと、機内食をつくっているJALロイヤルケータリングです。

成田空港までのアクセスは、17日に開業したばかりの京成スカイライナーに乗車しました。
山本寛斎氏がデザインした車体は、スマートで洗練されています。最高時速は、160km/時で在来線としては国内最速です。
a0149405_1802920.jpg
  
車内は、さすがに清潔で新車の匂いがします。座席もゆったりでリクライニングも快適です。
日暮里から成田第二ターミナルまで、わずか36分。あっという間に着いてしまいました。

最初に訪れたのは、成田国際空港内のJALオペレーションセンターです(左下)。
コントロールセクション(右下)では、ディスパッチャー(運航管理者)とパイロットが運航の打ち合わせをしています。
a0149405_181947.jpg
         
また、客室本部ではJL417便ミラノ行の客室乗務員の打ち合わせ(ブリーフィング)を間近に見学させていただきました。安全確認ももちろんのこと、この便に搭乗するお客様の傾向、特徴から、特に配慮すべきことなどを綿密に情報共有していました。
a0149405_1821411.jpg
 
ここ(下)は、客室乗務員が機内販売の商品を体験したり、機内情報を収集したりする、機内サービスにとって重要な、Vステーションと呼ばれるスペースです。ビジネスクラスのシートも設置してあり、実際に座ってみることができました。
a0149405_1894928.jpg

次に訪問したのは、JALロイヤルケータリング株式会社です。こちらでは、国際線で提供する機内食を調理・調製し航空機に搭載しています。

食品をあつかうところですので、食の安全には、細心の注意が払われています。HACCP(ハセップ)という、衛生管理方法に基づいて管理されています。私たちも、白衣に帽子とマスクをつけて、30秒以上しっかり手を洗い、エアシャワーで細かい塵やほこりをおとしてから、工場内に入ります。
a0149405_185364.jpg
  
「おいしさと安全」のために、様々な工夫のこらされた場内で、調理されていました。
a0149405_1853684.jpg
  
見学の後は、機内食を試食させていただきました。
サンフランシスコやロサンゼルス行きの便のビジネスクラスで提供される機内食をいただきました。

和食のメニューです。メインは、鱧(はも)のすき焼きです。
a0149405_186390.jpg
  
洋食のメニューです。メインは、ステーキです。
a0149405_1862447.jpg
 
さらに、デザートは、ヨーグルトのブラマンジェです。甘酸っぱいピーチのソースがのっています。
a0149405_1865361.jpg

エコノミーの機内食との、質とボリュームの違いに、学生たちは驚いていました。

今回の研修に参加した学生からは、

 予想以上の体験ができた。実際に行った事によって、就職活動へのやる気にもつながった。
 新鮮な事ばかりだったので視野が広がった。多くのところに行ってもっと自分の視野を広げたい。

など、良い経験となったとの感想が寄せられました。国際文化学科では今回のような見学・体験プログラムの機会を充実させていきます。

最後に、学びの機会を提供いただきました、JALインターナショナルの皆様と、JALロイヤルケータリングの皆様に心からお礼申し上げます。ありがとうございました。
[PR]
by bwukokusai | 2010-07-22 18:07 | ニュース&トピックス

6月5日は「けやき祭」

小平キャンパスでのビックイベント「けやき祭」が明後日に迫りました。

国際文化学科では、授業での学びがわかるように、展示をします。
航空業界で使用されているコンピュータシステムを実際に使って、予約体験ができたり、世界の飲み物・お菓子が味わえます!

小さなお子様が楽しく英語を学べる児童英語教室も開催します。ゲームをしながら楽しく学びましょう!

他にも小平キャンパスを上げての楽しい企画が盛りだくさんです。

皆様のお越しを心よりお待ちしております。

☆プログラム☆
○授業内容展示(国際文化学科/国際ファッション文化学科/健康心理学科/応用健康心理学科)
○ファッションショー
○児童英語教室
○模擬店(屋台/フリーマーケット/大学所蔵図書処分市/お茶席)
○校内ウォークラリー
○アジア衣文化体験
○購買部バザー
○文化舞台衣装資料館 展示
○進学相談会
など
a0149405_13394648.jpg

[PR]
by bwukokusai | 2010-06-03 13:35 | ニュース&トピックス

国際文化学科の学生がPRプランナー補資格認定試験に合格しました!

3月7日に実施されたPRプランナー資格認定試験で、現代文化学部国際文化学科国際文化コースの学生が合格しました。

 PRプランナー資格認定試験とは、ビジネス社会でひろく活躍するPR*1)パーソンの知識、スキル、職能意識を認定する資格として(社)日本パブリックリレーションズ協会が07年度からスタートさせた企業実務で役立つ資格試験です。PR関連業界や広報・PR部門で働いているビジネスパーソンを対象とする「PRプランナー」資格と、将来その分野で働くことを目指す学生を対象とする「PRプランナー補」資格があります。「PRプランナー補」に認定されると就職活動時の履歴書に記載することができます。

 文化女子大学ではコラボレーション授業*2)で「PRプランナー補資格認定試験対策講座」を設けており、この試験にむけて準備することができる全国でも数少ない大学です。

■PRプランナー補資格認定試験合格者
李 東垠さん(4年) 韓国ソウル市出身

*1)PRとはパブリック・リレーションズの略で、企業・団体などの広報部門をいいます。
*2)コラボレーション授業とは文化女子大学独自のもので、学部学科の垣根を取り払い、教員同士が一つのテーマで授業を立ち上げ(もちろん外部講師もお呼びします)、学生も学部学科関係なくどの講座でも履修することができるというユニークな授業です。

李さんの資格試験奮闘記

広報という夢を具体化してみませんか?

この資格を取ろうと思ったのは、去年履修した「企業広報論2009」というコラボレーション科目で、「広報」という仕事に魅力を感じたからでした。

試験は3月で、勉強を始めたのは去年の年末からでした。
PR協会のホームページにある例題10問以外には、問題集のような参考書がなくて、どんな風に勉強すればいいか分からず、とりあえず、授業で使っていたテキストを精読してみることにしました。
それに加えて、PR用語ミニ辞典が付いている『PR手帳2009』という小さい本と、インターネットなども活用して少しずつ勉強しました。就職活動で忙しく、家では書類作成などに時間を取られてしまっていたので、試験の勉強は電車の中でするようにしていました。

そして迎えた試験当日、寝坊をしてしまって一瞬、受験を諦めようかなとも思ったのですが・・・受験料がもったいなくて急いで会場に向かいました。教室に入ったら、すでに広報関係の仕事をしていそうな30代以上の社会人の方も多いような印象を受けました。

試験の内容は、決して簡単ではなかったのですが、じっくり読めば、答えられるような問題が多かったと思います。つまり、ケアレスミスを減らすのが一番大事なことなのではないかなと思いました。

この「PRプランナー補」資格は、就職活動にも大変役立ちました。履歴書の資格の欄に書けるものが増えたのも嬉しかったのですが、グループ面接で、広報の仕事がしたいと言った他の人より、アピールできました。勉強していた内容と、コラボの授業で聞いた広報の実例などを話したら、面接官がすごく興味を持ってくれて面接が盛り上がったりしました。

1次試験で取得した「PRプランナー補」だけでも、名刺などに書けるそうですが、せっかくなので、2次試験、3次試験も、ひとつひとつ頑張って取っていきたいと思っています。

                                        欧米・中国・日本文化コース4年 李東垠




文化女子大学 現代文化学部 国際文化学科のHPはこちら
[PR]
by bwukokusai | 2010-05-13 14:04 | ニュース&トピックス

新年度スタート!!

4月5日に入学式が挙行され、新年度がスタートしました。
新入生の皆さん、ご入学おめでとうございます。在校生の皆さん、また1年よろしくお願いします。

オリエンテーション期間を終え、今日から授業がスタートです。

土曜日ですが、新入生は必修の授業があり、はじめての授業を体験しました。
新入生の学生生活の門出を見守るように、キャンパスの桜は、まだまだ咲き誇っています。

a0149405_12541968.jpg


文化女子大学 現代文化学部 国際文化学科のHPはこちら
[PR]
by bwukokusai | 2010-04-10 13:00 | ニュース&トピックス

卒業式と卒業記念パーティーが行われました

現代文化学部の卒業式が、3月11日(木)10時より新都心キャンパス遠藤記念館大ホールにて、また卒業記念パーティーが、翌12日(金)グランドプリンスホテル新高輪国際館パミール崑崙にて行われました。

卒業式は厳粛に、そしてパーティーは華やかにかつ和やかに行われ、卒業生と教職員が互いに別れを惜しみました。卒業生の皆さんの今後の活躍をお祈りしております。

12日の卒業記念パーティーの日、同時に学長賞授与式も行われました。
a0149405_128975.jpg

国際文化学科の受賞者である青山真理さんも、学長より学長賞を授与されました。おめでとうございました。


文化女子大学 現代文化学部 国際文化学科のHPはこちら
[PR]
by bwukokusai | 2010-03-16 12:10 | ニュース&トピックス

国際文化学科の学生がAXESS実用検定試験に合格しました

2月6日に実施されたAXESS実用検定試験において、現代文化学部国際文化学科観光文化コース<*1>の学生が合格しました。

AXESS実用検定試験とは、コンピュータにより世界の航空会社の情報検索・予約から発券まで一貫して行うシステムの技能検定試験です。本学の観光文化コースでは、正規のカリキュラムに「CRS実務」を取り入れており、この検定試験に備えることのできる全国でも数少ない大学の1つです。

■国際予約2級合格者
宮川 明美さん(3年) 私立文化女子大学附属杉並高等学校出身
和島 史央里さん(3年) 青森県立木造高等学校出身

■国際予約3級合格者
音澤 朱香さん(2年) 東京都立狛江高等学校出身
瀧 菜々美さん(2年) 東京都立昭和高等学校出身
金 珉廷さん(2年) 韓国ソウル女子高等学校出身
金 秀智さん(2年) アメリカ合衆国オハイオ州Kennedy Catholic高等学校出身
関 佑里香さん(2年) 私立宇都宮文星女子高等学校出身

※CRS…リアルタイムで世界中の航空会社に直結して情報検索・予約・発券ができるシステム
※CRS…Computerized Reservaation Systemの略
<*1>観光文化コースは平成21年度入学生より国際観光コースに名称を変更しました

国際観光コースの詳細はこちら
[PR]
by bwukokusai | 2010-02-25 11:09 | ニュース&トピックス

卒業論文・修士論文発表会

昨日、国際文化学科の卒業論文発表会と大学院国際文化研究科の修士論文の発表会が行われました。
卒業論文発表会では、4年生のうち、特に優秀な論文を執筆した欧米・中国・日本文化コースの3名と観光文化コースの2名 計5名が発表しました。

欧米・中国・日本アジア文化コース
・大衆社会の出現と民主主義――リップマンとオルテガを中心に――
・中原淳一の世界――『それいゆ』と現代
・アメリカ映画の中で描かれたゲイの時代的特徴

 
「なぜ、民主主義の中から全体主義が生まれたのか」について文献を読み込み、真の民主主義社会はどうあるべきかについて思索を深めた青山真理さん、小さい頃から好きだった中原淳一を取り上げ、『それいゆ』の雑誌分析を中核にして、現代に残る彼の足跡を精力的に調べあげた桜田晶子さん、「なぜ、同性愛者が差別されてきたか」ということを『去年の夏、突然に』(1959年)、『フィラデルフィア』(93年)など7本の映画とその時代背景についての分析から論じた保坂佳美さん。

観光文化コース
・日野市の過去と現状
・北海道のワイン


「近隣の日野市は新撰組と関連があるのに、あまり知られていないのはなぜか」という疑問から、新撰組に対するイメージの変遷と、現在、日野市がどのように観光資源として力を入れているかについて論じた蘇菁妍さん、ワイン販売のアルバイトを通じてワイン製造について興味をもち、北海道のワイナリーについて調べ、ワインツーリズムの可能性について論じた森田静香さん。

大学生活の中で疑問に感じたことを分析・研究し、論文にまとめ上げたこと、「これについて学びました」と言えるものを手にした皆さんに大きな拍手を!! 青山真理さんが国際文化学科の学長賞に決定されました。

a0149405_1736468.jpg


修士論文発表会では、国際文化専修の大学院生が3名(健康心理学専修が4名)発表しました。

国際文化研究科(国際文化専修)
・仏教文化から見る茶と禅について――仏教とキリスト教の比較の視点から――
・日本語の配慮表現について ――中国語との比較において――
・用語の普及度から見た中国ファッションの現状分析とこれからの課題


禅宗と茶道に共通する思想背景を他の宗教の場合についても探ろうとした郭虹さん、日本語の配慮の表現について取り上げ、それがなぜ配慮となるのか、中国語に訳した場合にも配慮となるかなど、分析し、日中の配慮の仕方について考察した何菊さん、的確なファッション用語が不足している中国でファッションに関する外来語をどのように取り入れていったらいいのかに関して、具体的な提言を行った趙星星さん。
今年度は皆中国からの留学生でした。日本人の私達が日ごろあまり意識していない事柄について新しい視点を提供してくれる発表でした。皆さんのこれからのご活躍を期待しています。

                                                      
文化女子大学 現代文化学部 国際文化学科のHPはこちら
[PR]
by bwukokusai | 2010-02-10 17:36 | ニュース&トピックス

国際文化学科プログ「小平の風」スタートします!

文化女子大学 現代文化学部 国際文化学科のブログです。学科の教員や学生の声をお届けします。
[PR]
by bwukokusai | 2010-01-07 06:03 | ニュース&トピックス