文化学園大学 国際文化・観光学科ブログ“小平の風”

bwukokusai.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:国際文化・観光学科の紹介( 12 )

イギリス英語に挑戦!

まもなくロンドン・オリンピックが開催されます。ヨーロッパ経済の不調の時に、よく開催できたものだと驚きですが、さすがはイギリス人、弱味は決して見せない誇り高さを感じさせてくれます。

日本の学生さんたちには、この機会にぜひイギリス英語の聞き取りに挑戦して頂きたいと思います。日頃アメリカ英語の教育を受けていると、イギリス英語は、それはもう別の言語に聞こえることでしょう。まず発音が違い、イントネーションが違い、ちょっとした簡単な言葉でも違う単語を使います。(例えば、アメリカ英語でフライドポテトはFrench friesですが、イギリス英語ではchipsです。)また、社会階級によっても話し方が違い、地方の方言も加わるので、一人一人が違う発音をしているように感じます。

私は、スコットランド滞在中にこのようなイギリス英語の複雑さに悩まされました。ロンドンのキングス・クロス駅(ハリー・ポッターで有名な駅)でスコットランドのLeuchars駅まで切符を買うときには、かなりな苦労をしました。窓口の人がイングランド出身ならルーカースと発音しなければ通じません。しかし別の駅員さんはルーチャースと言っていました。そしてスコットランド出身者ならルーハースです。一つの地名に3種類も発音があり、それぞれが勝手に使うなど日本では考えられません。おかげでスコットランドに帰る度に、キングス・クロス駅では私の後ろに長蛇の列でした。
a0149405_11565714.jpg

オリンピック開催となると、ニュースでも頻繁にイギリス英語が聞けるようになるでしょうから、様々な独特の発音が楽しめます。比較的分かりやすいとされるRP(Received Pronunciation)(注1)は社会的地位の高い高度な教育を受けた人たちの発音が母体となっています。しかし、純粋なRPは国民の数パーセントにすぎないので、実際に出会うことはごくまれです。RPの代表はチャールズ皇太子ですから、ニュースで登場する時に注意して聞いてみてください。ロンドン子のインタビューがあれば、ロンドン東部下町に特有のコックニーが聞けるでしょう。(注2)これは慣れなければ理解不能です。私がお勧めする完璧なイギリス英語のお手本は、エリザベス女王です。くせのない、滑舌の良い発音で、女王のスピーチの時にはぜひ録画して発音練習してみてください。(注3)

注1:RPは中世の時代に宮廷人・上流階級の人々の発音から発し、各地の方言が入らないのでわかりやすく、現在では英国BBC放送のキャスターが似たような発音をしています。
注2:コックニーの代表的な特徴は、eiをaiと発音するためpaper「ペイパー」が「パイパー」になり、aiがoiとなるのでlight「ライト」が「ロイト」に聞こえます。また、語頭のhが発音されないため、whenは「ウェン」と聞こえます。
注3:チャールズ皇太子はRPの特徴として口をあまり開けないで発音する音が多く、それを強調しているところがあります。一方、エリザベス女王はチャールズ皇太子のようなあいまいな発音が少なく、上流階級らしいくせがないため、矯正されたスピーチ向けの発音です。

                                                                                      教授  白井 菜穂子

文化学園大学 現代文化学部 国際文化・観光学科のHPはこちら
[PR]
by bwukokusai | 2012-07-24 10:30 | 国際文化学科の紹介

今度は、カイン・コンプレックス

我が大学には、2月と9月の通常授業のない時期にとれる科目が幾つもある。異分野の教員達が協力してオムニバス形式等で授業を繰り広げ、コラボレーション科目群を提供している。これらの授業は、新都心と小平両キャンパスで行われ、学生達は普段所属していないキャンパスで受講して自分の専攻と違う分野の見識を深めることも出来る。

私は、「シネマ小平」というコラボ科目のコーディネーターをしていて、(といっても、罪のない人々が次々に突然殺されていくシーンが辛すぎて、『シンドラーのリスト』や『戦場のピアニスト』を途中しばらく直視出来ないような情けないコーディネーターなのだが)4名の先生方と一緒に、学生が普段ならあまり見ないような映画を取り上げ、鑑賞の事前・事後授業を通して、毎年いろいろな角度から社会的学びを得られるように工夫している。

今年9月は、社会的弱者と呼ばれている人達に焦点をあてて、自閉症への理解を深め、貧困の問題等をとりあげた。私自身は、昨年夏に大阪で起きた2幼児置き去り事件との比較から、「ネグレクトという悲しい現実逃避」という授業タイトルで、『誰も知らない』を新しい切り口でとりあげることにした。ネグレクトもまた世代間で負の連鎖があり、これを断ち切るために活動されている長谷川博一氏の取り組みや著書の内容を学生に紹介し、法改正後も、強制立ち入り調査にはなかなか至らない仕組みを図などで説明した。これと比較して、人命救助のために不可欠であるスピーディな対応が、アメリカの児童虐待防止通告法でどのように明文化されているかを、「36時間以内」という具体的数字を例に説明した。また、キース・N・リチャーズのようなN.Y.の児童虐待調査官達が、ねばり強く張り込みをし、銃口を向けて追い払う親に対してさえ、警察と協力して調査を続けた姿勢や、緊急事態にあっては「法廷侮辱罪で留置場に入れるぞ!」と制止されながら、判事につめよって許可状を求めたシーン等を自伝的著作から引用して読んだ。授業後には、学生の「親が子どもを守れないなら、他の大人達で守れる社会を私たちで作る!」というたのもしい声も聞こえ、そんな意識を持ってくれたことが、嬉しかった。

そして、今度はなぜカイン・コンプレックスかというと、この「シネマ小平」で是非とも来年コンプレックスを取り上げたい、と私は目下考えているからだ。何しろ、うちには言語学者も英文学者もいるので、『英国王のスピーチ』をとりあげて吃音の問題やオーストラリア英語について詳しく授業をして頂くことも、『ベニスの商人』をベースにシェイクスピア文学における人種的コンプレックスについて語って頂くこともお手の物なのである。そして、スタインベック学会に所属している私自身は、『エデンの東』を通して、カイン・コンプレックスについて授業をしたいと思っている。

カイン・コンプレックスというのは、幼い時分には親の愛をめぐって兄弟姉妹に対して抱いたコンプレックスで、その後の人間関係にも影響を及ぼしていくものだ。私の卑近な例で言えば、未だに6つ違いの兄に、「お父さんは、文を可愛がって…文には甘かった」とこぼされる。その代償としての、父の心配性による束縛や、私が友人に指摘されるファザ・コン気味の生きにくさについては、文系の素養も深い兄なのに理解してくれる様子がない。兄妹ですら、人のことは、いい部分しか見えないものだ。

このテーマが実現すれば、カイン・コンプレックスという名称の生みの親であるユングのことや、名前の由来となった「カインとアベル」の話を聖書から引用して話すこともしたい。皆のよく知るピーター・パンが書かれた背景には、作者の母が夭折した兄にばかり強すぎる愛を注いでいた事実があったという例も話そうか?母が夢の中で会っていた、けっして大人になることはない少年のままの兄・・・。ピーターの宿敵フック船長は、物語のラストで鰐に食べられてしまう。自由闊達に天空を飛び回るピーターに憧れながらも、作者バリーの分身は、嫉妬という地上の鰐にのみこまれたフック船長でもあったはずだ。原作を読めば、フック船長にはとても紳士的なところがあり、読者の感情移入を許す描写が見てとれる。・・・いや、それよりも、最近やっととりあげられるようになった障害児の「きょうだい」、自分が主役の想い出がないという彼らの問題に関して理解を深める方が、授業として意義深いだろうか?いずれにしろ、さまざまなコンプレックスの例を通して、学生達には、自分のコンプレックスを乗り越えるだけでなく、コンプレックスをうまく受け入れることも知り、他人のコンプレックスに理解を示せる大人に成長してもらいたい・・・。かように、一年後の開講へと向けて、先生達はいろいろと考えているのであ~る。・・・次世代へのさまざまなメッセージを、我々の心にこめて・・・。
                                   教授 久保田 文
a0149405_1151084.png

文化学園大学 現代文化学部 国際文化学科のHPはこちら
[PR]
by bwukokusai | 2011-10-18 11:05 | 国際文化・観光学科の紹介

英語の秋の表現

金木犀の香りや店先に積まれている栗やマツタケをみると秋を感じます。秋になると空気が乾燥して過ごしやすくなり、木々の葉が赤く染まり我々の眼を楽しませてくれます。また、暑い夏から寒い冬に向かうまでのつかの間の安らぎにも似た時間を秋は提供してくれます。日本語ではこの季節を表すことばは1つですが、英語には秋を表すことばが2つあります。今回はこの英語の秋を表すことばについて、少し触れてみたいと思います。

英語には秋を表すことばとして、autumn と fallの2つがあります。 主にアメリカではfallが、イギリスではautumnが使用されています。16世紀頃からイギリスではこれら両方の単語が秋を意味することばとして使われるようになりました。autumnはラテン語のautumnus「増大の(季節)」が起源です。fallは「落下」を意味する古英語に由来しています。 秋になると木々の葉が落ちる、つまり「落ち葉」のfall of the leafに由来しています。

16世紀以前イギリスではharvest が秋を表すことばとして使われていました。harvestはもともと「集める」の意味で、「実になったものを集める」ということから「収穫」となり、その季節が秋であるので「秋」という意味で用いられるようになったようです。

ではなぜ、harvestの代わりにautumnやfallが使われ始めたのでしょうか? 16世紀になると都市化が進み身近に農耕地が少なくなり, 秋が収穫と結びつきにくくなったのではないかと言われています。その代わりに、当時知識人が使っていたラテン語由来のautumnや「落ち葉」由来のfallが徐々に用いられるようになったようです。しかし19世紀半ばまでにはfall はだんだん使われなくなりました。現在イギリスではautumnが主に使われていますが、イギリスのある地方では「秋」の意味としてfallが依然使われているところもあります。

一方、アメリカではfall が主に使われていますが、これは17世紀初めのころイギリスからアメリカへ入植した人々がfallを使う地方の人たちで、それがそのままアメリカに根づいていったのです。しかしアメリカでも「秋風」のautumn breezeのような表現はわざわざfallになおさずにそのまま使われています。 autumnのほうがより詩的で文語的な感じがするそうです。このように文脈によってはautumnが好まれる場合もあるようです。

読書の秋、実りの秋、食欲の秋を皆様はどのように過ごされるのでしょうか。

                                               教授 石田 名都子

文化学園大学 現代文化学部 国際文化学科のHPはこちら
[PR]
by bwukokusai | 2011-10-11 10:41 | 国際文化・観光学科の紹介

スーパーにもブランド?

 皆さんは食料品などの買い物をどこでしますか?コンビニ?スーパー?服を買うときはどこに行きますか?原宿?渋谷?それともアウトレット?家の近くにはどんな商業集積(複数の小売店が集まったもの。繁華街の百貨店・専門店、郊外のモール、駅前商店街など)があるか、気をつけてみたことがありますか?
 文化学園大学は今年の7月、2週間の節電休校期間をもうけました。といっても単なるお休みではありません。期間中、学生のモチベーションを維持するために科目ごとに課題が出されました(つまり1週間20コマ履修していれば20の課題!)。私の担当科目「コーポレート・ブランド論」は流通産業がテーマなので、それぞれの家の近くの商業集積・話題の商業集積の実地調査報告が課題でした。

 まず、一人一人が行きたい商業集積を決め、企業HPなどから事前調査をします。休校期間を利用して実家に帰る学生は地元にできた新しいモールを、都会の学生は再開発ショッピングセンターやしばらく足を向けなかった古くからの商店街を選びました。珍しいもの大好きな学生には、郊外に次々オープンするアウトレット、コストコ・イケアなどの外資系大型小売店がおすすめです。
 次はデジカメを持って実地調査です。どのような立地状況か、アクセスは、どんなものを売っているか、お客はどんな人が多いか、その集積の売りはどんなところか、何が一番売れ筋か、をしっかり調査し、できればお店の人にインタビューします。そして持ち帰った情報をパワーポイント化し、それぞれの感想や改善点はどんなところか、などを自分の言葉で報告・議論します(このような「映像+語り合い」の授業をデジタル・ストーリー・テリング(DST)といい、個人の表現能力を高める手法です)。

 学生の報告は若い目線からの発見や提言が盛りだくさんで、活発な議論が飛び交いました。なかでもコストコは、アメリカに本社をおく「会員制総合物販業」という新業態で、1999年日本に初上陸、「いいものだけを世界から」のコンセプトのもと9店舗を開設、さらに2011年中に4店舗をオープンするといういま“旬”の企業です。
 店舗面積、集客数、倉庫型の店内に積み上げられた商品、家具・家電製品からオフィス用品・食料品までの幅広い品揃えと商品一つ一つの“デカ”さ(たとえば国産メーカーのポテトチップスは通常の5倍程度)などすべてがメガサイズ。さらに店舗内にはホットドッグ・ピザなどが食べられるフードコート(ドリンクフリー!)がもうけられ、家族で一日楽しく過ごせる新型テーマパークとして人気を集めています。調査では3人の学生がそれぞれ異なるコストコ店舗を報告、その魅力とともに駐車場にはいるまで2時間という「コストコ渋滞」のすさまじさ、買いすぎて「コストコ貧乏」に陥る魔力、などを紹介してくれました。
a0149405_9303624.jpg
 
 実はこうした大型店の出店は、出店地域の生活環境を守ることを目的とした「大規模小売店舗立地法」という法律により、設置者が都道府県知事に届け出、交通・駐車場・騒音・廃棄物などを中心に審議されることになっています。そしてその集客数がもたらす交通混雑とトラックによる商品納入(荷捌き)量の大量さゆえに、日本各地で大型店出店(とくに住宅街へのそれ)が問題化しており、コストコはその典型例です。
 ブランドとは海外ラグジュアリー製品のみにいうのではありません。ペットボトル飲料・洗剤など私たちが日常的に使用する商品やそれを製造・販売する企業そのものにも適用される概念です。消費者に生活の便利さと楽しさ・夢を提供してくれる小売業でも、近隣渋滞の日常化、30トン級トレーラーが日に数回生活道路の中まで進入してくることなどを考えると、その企業の「ブランド」価値や「評価」が下がるのは当然でしょう。企業行動の裏側を自分で発見し、企業を評価する目を養っていくことも、現代文化学部での学びの一つなのです。
                                       教授 三島 万里
文化学園大学 現代文化学部 国際文化学科のHPはこちら
[PR]
by bwukokusai | 2011-09-06 09:31 | 国際文化・観光学科の紹介

海運業界に由来する航空の用語

  飛行機で大量の旅客を運ぶようになったのは1960年代のことです。それまでは、長距離の海外旅行といえば定期航路の汽船の利用が主流でした。そのため、航空業界の用語や決まりは海運業(以下、海運)をお手本にしました。今でも、海運に由来する用語や決まりが航空業界では使われています。主要なものをいくつかあげてみましょう。
  空港は港です。英語のairportのportは、船の左舷(船首に向かって左側)のことです。かつて、船が入港して接岸するときは左舷を岸壁側にする決まりでした。飛行機は、これにならってスポット(駐機位置)に駐機するときは機首に向かって左側をターミナル側にしています。今でもそうです。ですから、旅客機には左右に複数のドアがありますが、お客様は常に左側のドアから乗降します。右側のドアは非常時に脱出するときや手荷物などを積み下ろしするときに使われます。空港が駅と呼ばれないゆえんです。
  飛行機の機体のことをシップ(ship)といいます。予定されていた機材が整備などの都合で他の機種に変わるような場合、航空会社の現場ではシップチェンジといいます。
  機内やそこで働く職員の呼び方にも海運に由来する用語がたくさんあります。操縦室はコックピット(cockpit)あるいはフライトデッキ(flight deck)といいます。デッキは、船の甲板の意味からきています。ジャンボ機(B747)の2階席のことをアッパーデッキ(upper deck)といいます。操縦士のパイロット(pilot)は船の水路を案内する資格を持った水先人ということばに由来します。ハイテク機には機長と副操縦士の二人が乗務しますが、機長はキャプテン(captain)で、海運の船長もキャプテンです。ちなみに、副操縦士はコパイ(copilotの略)といいます。
  客室のキャビン(cabin)は船のキャビンからきています。客室で働く乗務員のことを現在は日本でもキャビンアテンダント(cabin attendant)とかフライトアテンダントといいますが、1996年までは男性をスチュワード(steward)、女性をスチュワーデス(stewardess)と呼んでいました。スチュワードは船の乗客係の呼称からとったものです。客室乗務員の中で指導的な立場の人をパーサー(purser)といいます。これは船の事務長を指すことばです。客船のキャビンはファーストクラスとツーリストクラスに分かれていました(他に特等室もあります)が、一般に、大型機の機内はファースト、エコノミーの2クラスに仕切られていました。今日では、2クラスの間にビジネスクラスを設けて3クラスに仕切ることが多くなっています。こうした等級制も海運にならったものです。
  飛行機に乗務する人びとをひっくるめてクルー(crew)といいます。船の乗組員もクルーです。なお、運航乗務員(操縦士たち)をコックピットクルー、客室乗務員たちはキャビンクルーといいます。また、空港の地上職員たちはグランドクルーと呼びます。
  飛行機の離陸はテイクオフですが、着陸はランディング(landing)です。海運でランディングといえば船が入港することを意味します。船は出港して航海するときは気象条件を考慮して経済的な速度で次の港を目指します。この速度のことは巡航速度といいます。飛行機の場合も同じです。離陸してしばらく上昇したのち一定の高度(一般に33,000フィート、約10km)に達すると目的地の空港を目指して一定の経済的な速度で飛行を続けます。これを巡航(cruise)といいます。ただし、クルーズにはクルーズ客船で観光しながら船旅を愉しむ巡遊の意味もあります。
  自動車は右側走行の国と左側走行の国とがあります。左側走行が原則の日本車の運転席は右側にあります。船は、決められた航路の右側通行が原則です。操舵席(車の運転席に該当)は操舵室のほぼ中央に位置します。飛行機は決められた航空路(airway)を飛行しなくてはなりませんが、船にならって右側通行です。では、ここでクイズです。機長の座席は、機首に向かって左側でしょうか右側でしょうか。考えてみてください。

                                                        講師 西村 修一

文化学園大学 現代文化学部 国際文化学科のHPはこちら
[PR]
by bwukokusai | 2011-08-30 13:58 | 国際文化・観光学科の紹介

東北地方太平洋沖地震

  3月11日の東北地方太平洋沖地震と津波、それにより発生した東京電力福島第一原子力発電所の事故の被害に遭われた皆様に、心からのお見舞いを申し上げます。
  私も地震発生当日は帰宅難民で新都心キャンパスに泊まりこみ、翌朝、中央線の運行開始を待って国立の自宅まで帰りました。朝、7時35分に新宿駅を発車し、一駅一駅安全を確認しながらの運行で、国立駅まで通常の6倍程の3時間かかりました。途中、車内なのに携帯電話で声高に話す乗客が若い男性に車両から降ろされたり、のろのろ運行について車掌に苦情を言う乗客がいたりしましたが、混乱することはありませんでした。どちらも私と同じ中高年世代の男性だったのは情けないです。車窓から見える地震の被害は、古い木造家屋の瓦が落ちているのが散見される程度でした。
  東京にあっても、数多くの余震、計画停電、買占めと物不足等がおこっています。が、しかし、マグニチュード9.0という過去最大級の強さの地震と津波に直撃された東北地方太平洋岸を中心とする被災地の皆様の悲しみを思う時、暗澹たる思いがします。朝日新聞に山折哲雄氏が「<生きていくあなたへ>『無常』受け止める」と書かれた文章が印象的でした。(http://www.asahi.com/special/10005/OSK201103170004.html、3月17日朝刊30面)私は、テレビや新聞で報道される被害の大きさに、何かを考えることが出来なくなってしまいました。

  原発のコントロールが回復し、激烈な被害を受けた地域社会とそこに暮らす皆様の身の安全が確保されること、さらには生活の再建が進むことを願っています。
  地震発生後は、できるだけ買物を少なくし、行列には並ばない、停電になったら布団に入って寝ることで、時を過ごそうと我が家では決意しています。共に60歳台の夫婦だけの世帯ですから可能ですが、小さい子どもが居たら大変だと思いました。幸い、今週に入ってから店頭の棚の商品が増え、ガソリンスタンドなどの行列は解消しました。一方では、原発事故による放射能汚染が空気中から地表、水道、海水へと拡大し、不安の種は尽きませんが、政府・自治体が発表する確実な情報に従って行動しようと思います。

  小平キャンパスの窓からは、桜の蕾がピンク色に膨らみ始め、開花が近いことが伺えます。今年ほど、暖かい春の到来が待ち遠しい年はありません。


                                                  教授 瀬島 健二郎

文化女子大学 現代文化学部 国際文化学科のHPはこちら
[PR]
by bwukokusai | 2011-03-28 11:28 | 国際文化・観光学科の紹介

心の耳を澄ませて・・

さて、この拙い絵で、私は何を表現したかったのでしょうか?
a0149405_1423294.jpg

過日、裏千家茶道同好会の4年生で執行部を務めてくれた二人が、最後のお稽古の時に、芸術的な手作りのカードや地元の名物まで持って、きちんと挨拶をしてくれました。私も、顧問として親しく接してきた彼女達に、美味しく楽しい思いをしてほしくなり、赤坂の一日を企画しました。

まずは、Biz Tower のアトリウムで待ち合わせて室内空間の広がりを楽しんでから、近くのオステルリー・スズキでランチ。ピーマン嫌いの学生が前菜のピーマンのムースを気に入ってくれ、「甘い物担当」と呼ばれている学生が3種類選べるデザートを喜んでくれて、嬉しかったです。

その後、坂を登って、水琴窟の音色を楽しめる場所へ移動。水琴窟は、茶室前のつくばいに併設されたりするのですが、我らが小平キャンパスの立派なお茶室にさえありません。半ば心の耳で聞くような音色で、日常のよしなし事から解き放たれるような思いにさせられます。

次に、高橋是清記念公園に赴き、翁像の前で日本史上の出来事に思いを馳せた後、お隣の草月会館へ。大作のお花が飾られている畳のしつらえで、白人女性二人がお点前の体験をしていました。彼女達は、通訳を介して先生のお話に熱心に聞き入っていました。ちなみに、黒文字楊枝はcutter とだけ訳されていました。たしかに、この木の説明も入れてしまうと瞬間では訳しきれませんね。

それから、虎屋本店の茶寮に行き、求肥の和菓子と抹茶で談笑。最後に、赤坂サカスのライト・アップを見てから、解散しました。学生と別れたその場で、私は仕事のメールに幾つか返信し、忙しい日常に戻って行きました。

もう4月になり、彼女達も新社会人として頑張っています。一人は、就職試験の際、面接官もお茶をなさっていて、お茶の話で盛り上がったと聞いていましたが、一番大手の保険会社に就職し、もう一人は、大学からの紹介で舞台衣装を製作する工房に就職しました。優秀で向上心に富む卒業生達の今後に、幸多かれ!!
                                                     教授 久保田 文

文化女子大学 現代文化学部 国際文化学科のHPはこちら
[PR]
by bwukokusai | 2010-04-27 14:24 | 国際文化・観光学科の紹介

国際文化学科の紹介④

国際文化学科の紹介の最後は、社会で活躍する卒業生を紹介します。

一人目は、2007年に卒業した須々田さんです。彼女は、本学卒業後、青年海外協力隊員として中国で日本語教師をしていました。彼女が、活動中に書いてくれたレポートです。

中国内蒙古五原県第三中学校からのたより 
大家好! 私は青年海外協力隊として中国の内モンゴルで高校生に日本語を教えています。ここは内モンゴルの五原県という外国人が一人もいない小さな町で、五原の人はまさか日本人がいるとは思っておらず、いつも「モンゴル族か?」と聞かれます。
 授業は、主に会話と作文を担当しています。この学校は中国の中でも特に日本語教育が盛んで、日本語学習者は700人ほどいます。一クラス60人から多くて70人ほどいるので、会話の授業はイメージ通りの授業ができません。作文は、2・3年生だけですが。それでも300人以上いるので、毎日毎日作文添削をしています。生徒たちは本当に可愛くて、学校が休みになれば毎日彼らと遊んでいます。
 夏は30度を超え、冬は-20度にもなるところですが、温かい五原の人々のおかげで1年間楽しく過ごせました。残りの1年間、悔いのないように毎日精一杯頑張っていきたいと思っています。
a0149405_1131504.jpg


現在、彼女は帰国し、難民支援NGOで働くために活動しています。

二人目は、2006年に卒業し、ホテル、ニューオータニに就職した安田さんです。

多くの人との出会いが私を成長させてくれます
 私は、株式会社ニューオータニ総務部人事課で働いています。ニューオータニは東京・大阪・幕張と3つのホテルを経営しています。高卒から大学院卒まで幅広い年齢の新入社員が毎年150名程入社してきます。
 ホテル業界を就職先として目指す大半の人が『目的意識』『仕事への憧れ』を持ち希望に満ち溢れて入社してきます。人事課の仕事には、新入社員のフォローや社員に働きやすい環境を提供することなどがあります。また、新しくニューオータニの人材になる方々と配属される職場とのパイプ役となることで、ホテルスタッフとして成長していく姿を見ることができ充実感があります。特に年末年始の多忙な時期はホテルスタッフが一致団結してすばらしいサービスを提供しています。私はこれがニューオータニの強みだと思います。
 一緒に働く社員同士が刺激しあい成長していく姿を見て、私も日々努力し、共に成長していく自分を感じています。

卒業後の進路など

●就職先の主な業種
旅行・興行 サービス アパレル 情報サービス業 卸売業 広告・マスコミ関連業 小売業 etc.
●就職先の主な職種
総合職 営業 バイヤー・商品企画 事務 販売 客室乗務員 ツアーコンダクター etc.
●主な進学先
文化ファッション大学院大学 文化女子大学大学院 北京大学 北京師範大学 上海経済大学 
台湾師範大学 ニューヨーク大学大学院 カリフォルニア大学 オックスフォード大学 トロント大学 etc.

文化女子大学 現代文化学部 国際文化学科のHPはこちら
[PR]
by bwukokusai | 2010-01-22 11:35 | 国際文化・観光学科の紹介

国際文化学科の紹介③

今回は、国際観光コースの紹介です。
国際観光コースでは、「論」より「実務」をキーコンセプトに、航空業界・宿泊業界・旅行業界の現場で必要な知識の習得を重要視して、実務教育を展開しています。観光産業は別名「ホスピタリティ産業」と呼ばれます。ホスピタリティとは人に対する“思いやり”と“おもてなし”の心です。観光の学びを通じて世界の人々に向けて理解と友好を深め、平和な世界の実現に貢献することを目指します。
a0149405_11393071.jpg



■国家資格をサポート 
旅行業界唯一の国家試験である「総合・国内旅行業務取扱管理者」の出題分野は、全て正規のカリキュラム科目内でカバーされています。

■航空業界と同じシステムで実務を学習
本学は、航空業界では必要不可欠となっているCRS端末を導入している数少ない大学の一つです。この端末を用いてオンラインでの航空券の予約やEチケット化を体験的に学ぶことができます。

■本学ならではの見学・体験学習が充実
機体整備工場など本学ならではの空港業務見学なども実施しています。ホテル見学、ホスピタリティ分野の企業でのインターンシップも充実しています。
a0149405_12273127.jpg

※このコースで取得可能な資格
●取得資格   : 学芸員 図書館司書
●本学修了証 : 日本語教員養成課程
●目標資格   : 総合・国内旅行業務取扱管理者 AXESS検定 TOEIC TOEFL 
            実用英語技能検定 秘書技能検定 日商パソコン検定
●受験資格   : ピアヘルパー

文化女子大学 現代文化学部 国際文化学科のHPはこちら
[PR]
by bwukokusai | 2010-01-19 11:43 | 国際文化・観光学科の紹介

国際文化学科の紹介②

学科の紹介、2回目は、「国際文化コース」についてご紹介します。
 
国際文化コースでは、幅広い視点から、異なる地域の文化を比較・研究し、国際社会が抱える様々な問題の背景とその核心を理解する力を持ち、自分の考えを相手に伝えられるコミュニケーション能力のある女性を目指します。
a0149405_1030224.jpg

少人数のゼミの中で自らのテーマを深め、文献の読解と考察・現地調査の方法・研究発表の仕方・論文の書き方などを習得します。基礎から身につく教育が特徴です。

※このコースで取得可能な資格
●取得資格  : 学芸員 図書館司書
●本学修了証 : 日本語教員養成課程
●目標資格  : TOEIC TOEFL 実用英語技能検定 秘書技能検定 日商パソコン検定
●受験資格  : ピアヘルパー

文化女子大学 現代文化学部 国際文化学科のHPはこちら
[PR]
by bwukokusai | 2010-01-15 11:29 | 国際文化・観光学科の紹介