文化学園大学 国際文化・観光学科ブログ“小平の風”

bwukokusai.exblog.jp
ブログトップ

2014年 09月 23日 ( 1 )

旧暦の秋を楽しむ:京都夜空プチ散歩

 今年の「秋分の日」は9月23日です。この日付は、いつ、どのように決められるのでしょう。「国民の祝日に関する法律」には、「春分の日」と「秋分の日」の具体的な日付は書かれていません。正式な日付は、前年2月1日の『官報』に「暦要項」が掲載されることで決定されます(注1)。秋分は二十四節気の1つです。旧暦(太陰太陽暦)では、1年は春(1~3月)、夏(4~6月)、秋(7~9月)、冬(10~12月)の4つの季節に分けられます。旧暦と新暦では、平均1ヶ月ほどのずれがあり、旧暦の7月は、新暦の8月にあたります。
 今回は、旧暦の7月に行なわれた「京の七夕」(写真1)を紹介します。7月7日の夜、牽牛星と織女星が年に一度、「天の川」を渡って出会う「七夕」は、別名「星祭」といわれます。「七夕」は、地域によって新暦の7月7日に基づいて行うところと、京都のように旧暦7月7日に基づいて行うところに分けられます。
a0149405_1145326.jpg

写真1 「京の七夕」ライトアップされた笹竹と短冊

 2014年8月8日に、京都市上京区の府民ホール・アルティで冷泉家に伝わる「乞巧奠」(きっこうてん)を鑑賞しました(注2)。冷泉家は平安、鎌倉時代に歌聖と仰がれた藤原俊成、定家父子を祖先に持つ「和歌の家」です。冷泉家では、七夕に彦星と織姫に供え物をして、蹴鞠、雅楽、和歌などをたむけて技芸の上達を祈る祭事を行います。琵琶や琴をしつらえた祭壇を背景に、舞台に「天の川」に見立てた白い布をしき、古式豊かな装束の男女が和歌を贈答し、一夜を過ごします(注3)。
 京都では、この時期に「京の七夕」(8月2日~11日)のイベントがあちこちで開催されます(注4)。写真2は、二条城近くの堀川遊歩道に、竹のアーチとLEDで幻想的な「光の天の川」が再現された様子です。
 『旧暦で日本を楽しむ』(注5)は、毎日、月を見ること、月とともに暮らすことを提案しています。あなたも、月の満ち欠けを身近に感じ、季節の移ろいや伝統行事に親しんで、日本ならではの風流を味わってみませんか。9月9日の夜空には「スーパームーン」(月と地球の距離が近く、普段よりも大きく見える満月)が浮かびました。次に「スーパームーン」が見られるのは来年9月28日です。
a0149405_11452554.jpg

写真2 「京の七夕」堀川会場「光の天の川」

注1 「国民の祝日」について 内閣府(http://www8.cao.go.jp/chosei/shukujitsu/gaiyou.html)
注2 技芸上達、星に願う冷泉家「乞巧奠」『京都新聞』2014年8月8日
(http://www.kyoto-np.co.jp/sightseeing/article/20140808000131)
注3 六条院四季の移ろい:七夕(http://www.iz2.or.jp/rokushiki/7.html)
注4 京の七夕 (http://www.kyoto-tanabata.jp/index.html)
注5 千葉望著 『旧暦で日本を楽しむ』(講談社、2014年刊)

教授 吉田昭子
[PR]
by bwukokusai | 2014-09-23 09:00 | 教員コラム