文化学園大学 国際文化・観光学科ブログ“小平の風”

bwukokusai.exblog.jp
ブログトップ

2014年 01月 28日 ( 2 )

平成25年度卒業研究発表会が行われました

1月25日(土)午後、国際文化・観光学科の卒業研究発表会が行われました。卒業研究提出の締め切り日から5日目の日程で行われたにもかかわらず、発表者はみな、これまでの学びと研究の成果を堂々と発表してくれました。発表者と報告題目は以下の通りです。
a0149405_14474062.jpg

10分間で自身の研究の大筋を過不足なく説明し、そのあとの質疑応答をこなすというような作業は、そう簡単なことではありません。まして、教員や下級生が耳を傾けている中でのプレゼンテーションですから、報告者の皆さんが緊張気味だったとしても不思議ではありません。でもこの緊張感が発表会の雰囲気をきりっとしたものにしてくれました。はつらつとした報告ぶりときびきびとした受け答えが印象的な発表会でした。
a0149405_1452570.jpg

[PR]
by bwukokusai | 2014-01-28 14:54 | ニュース&トピックス

伸びる新人に共通すること

私は航空会社に25年ほど勤務していました。いろいろなセクションで働かせていただきましたが、客室本部が一番長く、新しいサービスの企画をしたり、乗務員が使うマニュアルを作ったり、客室乗務員として飛んでいたこともありました。客室乗務員を養成する訓練部にいたこともあり、それが今の仕事に繋がっています。

航空会社には毎年多くの新人が入ってきます。通常で200人、多い時には800人くらいの新人がチェックアウト(実戦配備)していきます。直属の部下として80人くらい、訓練担当者として1000人くらいの新人たちと働く中で感じたことは、「訓練中の印象は当てにならない」ということです。心配と頭痛が制服を着ているのではないかと思った新人が、数年後に配属先で素晴らしい評価を得ていることも多々ありました。一方で、「チェックアウト後1年で伸びない新人は、5年後もダメ」という印象も持っています。つまり、訓練部での評価は当てにならないが、お客様の前に出て1年で伸びなければ、先はしれているということになります。どういうことでしょうか。

訓練部で良い成績を取るのは、要領のよさであり、いわゆる「お勉強」に慣れているかどうかがモノを言います。これはものすごく大切な能力と言えます。要領が良いというのは勘所(かんどころ)が良いということであり、その後の成長にも大きく作用します。でも、それが無くても、すごく伸びる人が居るのはなぜでしょうか。

私は仕事に対する考え方の違いではないかと思います。客室乗務員の主たる仕事は接客です。サービスには、多くの場合、犠牲が伴います。相手が望むことに応えるには、体力も気力も時間も使うからです。どんなに疲れていても、いつもと同じように笑うというのも一種の自己犠牲だと思います。お客様の立場になって考えるということは、どんな時でも自分の都合よりお客様の都合を優先できるかというのと非常に近い場合が多いのです。

「客室乗務員になったのは何がしたかったのか」「客室乗務員になったのはGOALなのか、STARTなのか」といった仕事に対する考え方は、人によって大きく違います。でも、それが最初の一年に大きく影響するような気がします。そして、きっとこれは、どの仕事を選んだ場合でも言えることなのではないでしょうか。

准教授 小川祐一
[PR]
by bwukokusai | 2014-01-28 09:00 | 教員コラム