文化学園大学 国際文化・観光学科ブログ“小平の風”

bwukokusai.exblog.jp
ブログトップ

2013年 05月 28日 ( 1 )

今年度の卒業研究

 今年度、私が卒業研究の指導を担当する学生は4名います。4月末に、教学課に卒業研究の題目を提出しましたが、それから1ヶ月かけてようやく、それぞれの卒業研究計画がまとまりました。研究計画をしっかり立てると、漠然としていた課題意識が明確になり、何をどういう手順で取組んでいかねばならないかがはっきりするので、学生たちの顔つきが変わります。私のゼミでは、大きなテーマとして「観光と地域活性化」を掲げていますが、今年の学生たちが選んだテーマは次のとおりです。

 ・おしゃれタウンとしての自由が丘の発展とイメージ形成
 ・仙台市泉区根白石における農村観光の可能性
 ・ローカル鉄道の再生と地域活性化に関する一考察
 ・“ゆるキャラ”による地域振興の意義と課題

 そもそもは「自由が丘学園」という学校法人の名称として生まれた「自由が丘」という言葉が駅名、地名となり、どのように現在の「おしゃれな街」「住みたい街」としてのイメージを獲得していったのでしょうか? 仙台市という大都市の行政区内にある根白石で、農村観光を展開することは可能なのでしょうか? 地域の足(交通手段)としての必要性が低下しつつあるローカル鉄道に、観光資源としての新たな役割を与えるには、どうしたらいいのでしょうか? ブーム真っ盛りの“ゆるキャラ”っていいことばかりなのでしょうか? ゆるキャラの効果的なマネジメントの方策はあるのでしょうか? テーマとしては例年以上にとても魅力的で面白いものが並んだと思います。あとは、研究計画に沿って順調に研究成果が得られることを願っています。まぁ、就職活動などとの兼ね合いもあるので一筋縄ではいかないでしょうけれど。

 ところで、“ゆるキャラ”が話題に出たので1つ宣伝を。
 今週末、6月1日に小平キャンパスの「けやき祭」が開催されます。恒例のファッションショーやカリキュラム展示、学生たちによる模擬店など盛りだくさんですが、今年は、小平市のゆるキャラ「ぶるべー」と「地域宣伝隊コダレンジャー」が登場します。
 13:00からと14:30からの2回、けやき広場のステージに上がります。ステージショーや、握手会、写真撮影があります。ふるってご参加ください。

a0149405_17381676.jpg

                                                准教授 栗山 丈弘
[PR]
by bwukokusai | 2013-05-28 10:00 | 教員コラム