文化学園大学 国際文化・観光学科ブログ“小平の風”

bwukokusai.exblog.jp
ブログトップ

2013年 03月 26日 ( 1 )

出会いについて

 3月も残すところあと僅か。草木も芽吹く4月に入り新学期が始まります。入学式や新しいクラスで、今までに話したこともない人達に出会うことでしょう。そこで今日は、この「出会い」について少しお話をしたいと思います。
 私達は毎日の生活の中で、いろいろな人達と出会っています。単に通り過ぎるだけの人。たまたま乗った電車やバスで隣の席に座った人。道や廊下でちょっと挨拶をする人。クラスが一緒になった人など、いろいろな人達に出会います。その人達の中で、心置きなくおしゃべりや悩み事を相談できる人や、卒業後も長くお付き合いする人も出てきます。
 現在の世界人口は約70億人といわれています。よく考えてみますと今、あなたの前にいる人は70億分の1の確率で出会った人です!? 少々数字が大きすぎて分かりづらいかも知れませんので、文化学園大学での出会いについて考えてみましょう。皆さんは数ある日本の大学の中からこの大学を選び、しかも新都心キャンパスではなく、小平キャンパスに通うことを決め、学科やコースを選んだわけです。その中で担任の先生、クラスメートそして教科の担当教師に出会い大学生活を送っています。何か当たり前のことのように思われますが、実は70億分の1の確率で一人ひとりに出会っているのですから、単に偶然とはいえないと思います。何かきっと意味があって私達は人と出会い影響しあうのです。
 私事になりますが、半世紀以上も生きてきてつくづく思いますのは、この何十年もの間、本当にいろいろな人との出会いがありました。30年近くも勤務した文化学園で出会った学生の皆さん・同僚の先生方・事務職の方々は、私が大きな影響を受けた人達で、私の人生の中で大変貴重な存在になっています。その他にも沢山の人達との出会いがありました。いろいろな地方出身で郷土色豊かな日本人、そして文化も考え方も異なる外国の人達――アメリカ人、イギリス人、オーストラリア人、カナダ人、メキシコ人、スイス人、タイ人、ベトナム人、ブラジル人、チリ人、中国人、台湾人など。私がこれまでに出会った全ての人達から学んだものは、言葉では言い尽くせないほど数限りないもので、私の人生を豊かなものにしてくれました。本当に出会えて良かったと感謝の念にたえません。
 若い皆さんはこれからいろいろな人達と出会うことでしょう。そのひとつひとつの出会いを大切にして下さい。多くの良き出会いがありますよう心から祈っています。

                                                     教授 坂本政子
[PR]
by bwukokusai | 2013-03-26 08:00 | 教員コラム