「ほっ」と。キャンペーン

文化学園大学 国際文化・観光学科ブログ“小平の風”

bwukokusai.exblog.jp
ブログトップ

体験!!図書館の児童サービス:読み聞かせ,ストーリーテリング,ブックトークの魅力

 文化学園大学現代文化学部図書館司書課程では,主に都道府県や市町村立図書館などで働く「図書館司書」の資格を取得することができます。司書は,資料の収集,分類,整理,貸出,利用者からの質問に応えるレファレンスサービスなどの仕事に携わっています。
 2014年11月22日,東京都立多摩図書館児童青少年係(注1)の司書の方に文化学園大学においでいただき,児童サービスの心構え,読み聞かせ,ストーリーテリング,ブックトークなどの実演を通して,その魅力について認識を深めることができました。1時間30分間という限られた時間でしたが,受講した大学生からは次のような感想が寄せられました。

<読み聞かせ>
*すいか,もも,りんごなどの果物をリアルに描いた幼児用絵本『くだもの』(平井和子著,福音館書店),ちびっこ消防自動車の活躍を描いた『しょうぼうじどうしゃ じぷた』(渡辺茂男著,福音館書店)を読む。
 ・絵本の読み聞かせを聞いて,子どもの頃を思い出して,なつかしくて楽しかった。
 ・小さい頃に,図書館で読み聞かせを聞いたことがなかったので,初めての経験だった。
 ・読み聞かせは感情をこめ,演技をするというイメージを持っていたが,そうではないことに驚いた。
 ・読み聞かせは,読書の第一歩という話が印象的だった。
 ・高校生を対象とした読み聞かせも行うことがあると聞いて驚いた。

<ストーリーテリング(おはなしをする)>
*グリムの昔話,王様は後継ぎ選びのために,息子たちを三枚の鳥の羽の飛ぶ方向へと向かわせる「三枚の鳥の羽」(『おはなしろうそく』東京こども図書館より)のおはなしをする。 
 ・本の内容を暗記し,すらすらと物語を語るストーリーテリングはすばらしかった。
 ・子どもが本の内容にひきこまれるように工夫をしていた。司書はやりがいがある仕事だと思った。

<ブックトーク(テーマに関連した本について語る)> テーマ“おばけなんかこわくない”
*古いお城の小さなおばけは,昼の世界を見たいと願うようになる『小さいおばけ』(プロイスラー著,徳間書店),きまじめな紳士マジノマジヒコ氏は,ある夜,真夜中に目覚めるともう1人の住人に出会う『紳士とおばけ氏』(たかどのほうこ著 フレーベル館)など,おばけの本の紹介(注2)
 ・1つのテーマでいくつかの本を紹介するブックトークは,どんな結末なのだろうと興味を持った。
 ・ブックトークを聞いて,大学生でも,本に対する興味がわいた。自分で,台本を作り,練習を重ねて,子どもたちにいかに聞いてもらうかに細かく配慮している。図書館員の熱意が伝わってきた。
 ・ブックトークに引き込まれて,紹介された本を読みたくなった。司書の仕事はすてきな仕事だと思った。

 児童サービスのほかにも,地域の図書館では法律情報サービス,健康医療情報サービスなど,日常生活に役立つさまざまなサービスが行われています。なかには,その図書館独自のサービスもあります。あなたも,大学や自宅近くの図書館を訪れて,どんなサービスが行われているのか,実際に体験してみてはいかがですか。
 
注1)東京都立多摩図書館利用案内
http://www.library.metro.tokyo.jp/guide/tama_library/tabid/1407/Default.aspx
注2)東京都立図書館こどものページ ほん・本・ごほん 2007年8月 「おばけの本」
http://www.library.metro.tokyo.jp/bookbookbook/tabid/2635/Default.aspx

教授 吉田昭子
[PR]
by bwukokusai | 2015-01-27 09:00 | 教員コラム