文化学園大学 国際文化・観光学科ブログ“小平の風”

bwukokusai.exblog.jp
ブログトップ

あれから20年

毎年文化祭期間中の11月2日に紫友会(本学の同窓会)主催のホームカミングデーが開催されます。ホームカミングデーというのは卒業後20年たった方々を招待し、旧交を温めるという催しです。今年は文学部(現 現代文化学部)1回生の皆さんが招待されました。私は担任の一人でしたので懐かしい卒業生たちに会えることにドキドキして参加しました。

1回生は1991年4月に入学し、1995年3月に卒業しています。1991年といえば、バブルがはじけ、その後「失われた20年」と言われた時代の始まりとされる年です。卒業年である1995年は、1月17日には阪神淡路大震災があり、3月20日には地下鉄サリン事件がありました。そのような社会状況の中でも卒業生たちは明るく生き抜き、「アラフォー」の少し世慣れした顔を見せてくれました。お仕事に頑張っている方、海外でしばらく過ごして帰っていらした方、育児中の方、それぞれ環境は異なりますが、不思議なもので会えば一瞬にして時を超えあの頃に戻ることができます。あちらこちらで笑いとおしゃべりの輪が広がっていました。日本人と結婚した留学生が岐阜からお嬢さんと共に参加してくれたのも嬉しい驚きでした。

今年米寿となられたH先生もお元気な姿を見せて下さり、スピーチをして下さいました。洒脱なお話しぶりは健在で、皆にエールを送って下さいました。

懇親会の後、国際文化・観光学科の展示会場に皆を案内し、今の学生たちの成果物を見てもらいました。日本語教員養成課程のパネル、インターンシップの展示物を興味深そうに見てくれていました。彼女たちの在学時にはどちらもなかったものです。教育内容に新しいものを付け加えることができていたことにちょっとホッとしました。

4年ごとに担任を務めていたころ、北竜湖でのフレッシュマンキャンプに行くたびに、「あ、あれから4年たった…」と一気に年を取った気分になっていたことがあります。オリンピックやアメリカの大統領選も4年ごとを意識しますね。1年ごとではなく、少し大掴みに人生をとらえると変化が分かりやすくていいと思います。そういえば、彼女たちが1年生だったとき、10年後をイメージしようという話をしたことを思い出しました。皆さんは10年後にどんな場所でどんな人たちとどのように生活していたいでしょうか。自分の方向性を確認しながら、これからもしっかりと成長していってほしいと願っています。
a0149405_1181763.jpg

教授 齊藤眞理子
[PR]
by bwukokusai | 2014-12-09 10:00 | 学生コラム