文化学園大学 国際文化・観光学科ブログ“小平の風”

bwukokusai.exblog.jp
ブログトップ

《ルーブルよりも素敵な所――虫好きファーブルさんの天国》

学生に独りよがりなアドバイスはしたくない、とよく思う。独善的な判断もしたくない、としばしば考える。自分をいさめる時、よく思い出す偉人のエピソードをひとつ紹介しよう。

1878年から30年にわたって全10巻が出版された『昆虫記』で知られるファーブルは、文部大臣に招かれてパリに赴き、レジオン・ドヌール勲章を受けた。その際、テュイルリー宮殿では皇帝にも謁見している。しかし、その晴れがましい機会にさえ、彼は一刻も早く故郷に戻りたがっていた。驚いた大臣に、「君は、パリの博物館も見ないつもりなのですか?」と問われたファーブルは、「野のたぐいなき博物館の方が、私の気にもずっとかなっていますし、いごこちもよいのです」と答えたそうだ。

ファーブルの弟子のルグロによる『ファーブルとデュルイ』を読むと、「ファーブルは、もうパリなんかまっぴらだった。人間のこの巨大なうずの中にいる時ぐらい、深く孤独地獄を味わったことはない」というくだりがある。文部大臣のデュルイはファーブルとは旧知の仲で、要職につく前からファーブルの研究姿勢を認めていた人物だった。ファーブルの方でも、大佐時代から職務を立派に果たす彼に対して深く敬意を抱いていた様子だが、「野の博物館」から遠ざかって過ごす時間は、この昆虫学者にとって恐怖にも近い淋しさを伴っていたらしい。
a0149405_1893619.jpg

今の世にあっても観光客数1位を毎回のように誇る「花の都」、それも、ファーブルにとっては、華やか過ぎる地獄であったというわけか。このような場合、So many men, so many minds. (十人十色)とまで言わなくても、短く Tastes differ. (好みは、それぞれ)と言えば、おおまかな意味ではこと足りる。

あなたにとって、ルーブルよりも素敵な所は、どこだろう?それを守り、周りからも尊重してもらうためには、他人の愛する cozy nook (居心地のよい場所)も尊重しよう。それは何も場所に限ったことではなくて、違いを楽しみ尊重し合う共存の精神こそが、住み易い世界を作っていくのだから。「自分の居場所など、どこにもない」と感じる人の嘆きがなくなるように、一人ひとりが落ち着きと安らぎを見出せる社会を、認め合う心をもって築いていこう。

重ねて、学生諸君が皆、祝福された居場所を持てることも、願ってやまない。


教授 久保田 文
[PR]
by bwukokusai | 2014-04-29 09:00 | 教員コラム