文化学園大学 国際文化・観光学科ブログ“小平の風”

bwukokusai.exblog.jp
ブログトップ

日本語話者がバイリンガルになるには?

 7年後をめどに、小学校では英語の教科化を図り、中学校では英語の授業は原則英語でする、ということに決まるようですが、本当にコミュニケーション能力を上げるつもりなら、その授業内容が問題となります。
 英語と日本語をバイリンガルに話すには、自分の意見を英語にしなければなりません。まず、「しっかり母語でものを考える」「自分の独自の意見を持つ」が大事で、それから英語で表現してみることがよいと思います。従来の学校教育のように英会話のパターンを覚えるだけなら日常会話どまりです。本当のコミュニケーション能力とは、自分の意見を発話し、相手を説得する力です。
 多言語を自由に駆使する教育を行っているフィンランドでは、小学校の外国語教育は主にワークブック、作文とスピーチで組み立てられています。例えば、自分の宝物をクラスメイトに紹介するのに、英語でスピーチをします。もちろん原稿を作って、それを覚えてくることが必要です。わからないところは先生が個人指導をして、しっかり書かせます。最初はこの様にして英文を作成し、スピーチ原稿を書き、声に出してスピーチの練習をすると、英語の構文が頭に入ります。そうすれば原稿を書かずとも自分の意見が英文になって発話できるようになるでしょう。
 英語を自由に話したいと思う日本人は、まず、自分の話したいトピックを設定し、自分の意見を日本語で箇条書きで書いてみます。それから、そのアウトラインを見ながら中学・高校で習った構文を使って、自分の意見を英語で書いてみます(決して日本語の文章を英語に翻訳してはいけません)。スピーチ原稿なので会話体で構いません。その後は、スピーチ原稿の英語を誰かに直してもらいます。知り合いに英語話者がいない場合は、日本人で英語の出来る人に頼むか、あるいは比較的安価で英文校正をしてくれる会社がネットで見つかるはずです。そうして英文を磨いていきます。原稿ができたら、今度は声に出して何度も読み返し練習します。一番良いのは自分の声を録音し、iPodや携帯に保存し、時間のあるときに何度も聴き直し、英文を覚えるようにすることです。こうして自分の声で英語を聴けば、自然に英文が覚えられ、実際の会話の中で自分の言いたいことがすらすらと英文になっていくはずです。試してみてください。

教授 白井菜穂子

【進学相談会】
教員が個別に対応する進学相談会が行われます。開催は11/16(土)、12/14(土)、1/18(土)の全3回です。観光、国際文化に興味のある方は小平キャンパスまでお越しください
⇒詳しくはこちら
[PR]
by bwukokusai | 2013-12-24 14:28 | 教員コラム