文化学園大学 国際文化・観光学科ブログ“小平の風”

bwukokusai.exblog.jp
ブログトップ

釜山国際映画祭のボランティア活動を終えて

現代文化学部 国際文化学科 国際観光コース3年
李ミンジョン

釜山出身の私にとって釜山国際映画祭のボランティアは何年も前からずっとやってみたいと思っていた活動でした。それで、「今年じゃないと絶対無理だ」と思って応募し、書類選考や面接を受けました。その結果、私は10月3日から10月12日までの10日間『第18回釜山国際映画祭』にボランティアとして参加しました。映画祭は3日からスタートする日程でしたが、チームのスタッフの方々との打ち合わせや細かい事前教育のため1日から仕事を始めました。
a0149405_10441623.jpg

私は広報チームの個別インタビュー日本語支援を担当しました。個別インタビューでは日本の監督や俳優のゲストとスタッフの間の意思疎通をはかりました。ほとんどゲスト関連の仕事だったので、観客の皆さんと直接、接する機会はあまりありませんでした。しかし、時々日本人や他の外国人の方と会った時、すごく良い反応をして下さって嬉しかったです。最初は思った以上に、有名な監督の方々や俳優を担当することに対して驚き、「こんな自分で大丈夫かな?」と心配しました。なぜなら、インタビューの初日から俳優のオダギリジョーさん、前田敦子さんのスケジュールが入っていたからです。また園子温監督、黒沢清監督なども担当しました。スタッフの皆さんは全員韓国人で、海外ゲストに対しては英語しか話しませんでした。日本語支援として働いた間は責任も感じたし、緊張して自分が間違ってしまうのではないか心配でした。でも、時には私は監督さんと冗談も言い合っていました。

個別インタビューの担当だったからできた大切な経験やゲストの皆さんとのいろんなエピソードは思い出になります。10日間のボランティア活動は私にとって、本当に幸せな時間でした。素敵な経験や良い人々との出会いは自分にとって大きなプレゼントになりました。来年も機会があれば、また参加してみたいと思います。

a0149405_10445098.jpg


【進学相談会】
教員が個別に対応する進学相談会が行われます。開催は11/16(土)、12/14(土)、1/18(土)の全3回です。観光、国際文化に興味のある方は小平キャンパスまでお越しください詳しくはこちら
[PR]
by bwukokusai | 2013-12-17 09:00 | 学生コラム