「ほっ」と。キャンペーン

文化学園大学 国際文化・観光学科ブログ“小平の風”

bwukokusai.exblog.jp
ブログトップ

お客様との思い出

 私が大学を卒業し日本航空に入社したのは1985年でした。いわゆるバブル前で、日本の「のんびりした良い時代」の一番最後にあたる世代です。

 入社後、最初の10年ほどは客室乗務員として働いており、日本に居るのはひと月の内の半分くらいでした。多くの場合、4日ほど仕事して5日目に帰宅、2日間休んだら、また出かけるといった生活でしたが、年に一回くらい20日間出っぱなしで帰国しないということもありました。

 今回は、失敗談を中心に機内での話をさせていただきます。

 機内アナウンスは、最初に日本語、続いて英語、さらに路線によっては中国語やドイツ語といった現地語で行います。当然、同じ内容を繰り返すのですが、一度奇妙な現象が起きたことがありました。オーストラリアのグレートバリアリーフの中にハート形をしたサンゴ礁があり、ちょうどシドニー線に乗ると真上を通るので、毎回アナウンスをします。その時もきれいに見えたのでアナウンスを入れたところ、お客様が一斉に右と左に真っ二つに割れました。前方から後方に向かってアナウンスをしていたのですが、初めて見る光景でした。大人気のスポットで、毎回全員が片方の窓に集中するため、「飛行機が傾くので順番にお願いしまーす」というジョークまで用意していたのに、きれいに散らばっているのです。何か見えるのかと思い、私も反対側を見てみましたが、良くわかりません。みなさん、見落とすまいとして必死に探しています。もうお分かりでしょうか?私は日本語で「右」、英語で「LEFT SIDE」とアナウンスしたらしいのです。さらに私の英語を聞いた中国人CAが「LEFT SIDE」を広東語に訳したため、中国人旅客が左に加わり、「あれがそうじゃないか?」「いやこっちだろう?」と大混乱になってしまいました。モタモタしていたら通り過ぎてしまうので、すぐに修正のアナウンスをしたところ、ドドーと民族が大移動し、本当に傾くかと思いました。

 同じくアナウンスと言えば、こんなこともありました。

 隣のスポットにANAさんのポケモンジェットが停まっていました。私の乗務した飛行機はディズニー機とか特殊なものではなく、フツーのジャンボでした。ドアが閉まり、出発する時にチーフパーサーは搭乗御礼のアナウンスをします。私もいつものようにお客様の前に立ち、アナウンスを始めました。私の目の前に4,5歳の男の子がお母さんと座っていたのですが、飛行機が動き始めるや外に目をやったボウズは隣のポケモンジェットを見つけてしまいました。
 「ママ―、あっちが良かった!あっち、あっち、あっち・・」私との距離50㎝、アナウンスをしながらマイクの向きを変えてみますが、完全にボウズの絶叫も搭乗御礼の一部になっていました。「皆様、本日も(あっち、あっち)、ご利用いただきましてありがとうございます。(おりるー、おりるー)この飛行機は、大阪伊丹・・」
 もうダメです。私は搭乗御礼を中断し、「皆様、当機の左手にANAのポケモンジェットがおります。間もなくシャッターチャンスが参りますので、カメラをご用意ください。なお、あの飛行機は、中身はフツーの飛行機になっておりますので、外からご覧いただくのが最高でございます。」ボウズは見事に黙りました。満面の笑みで写真に納まっていました。他のお客様からは失笑とまばらな拍手が起こり、その上2日後に部長に呼び出されました。

 これらの話は仕事を通じての日常の一部ですが、お客様との楽しい思い出の一つになってます。仕事を通じてお客様と触れ合う一瞬が接客業の面白さだと思います。

 また機会があれば、お話しします。

准教授 小川 祐一
[PR]
by bwukokusai | 2013-09-24 09:00 | 教員コラム