「ほっ」と。キャンペーン

文化学園大学 国際文化・観光学科ブログ“小平の風”

bwukokusai.exblog.jp
ブログトップ

大学1年生の読書体験記 : 感動し共感した作品、作家ベスト5

あの頃、何を読んで感動し、果たして何に共感したのか? 現代文化学部国際文化・観光学科では、大学1年生の「国際文化・観光研究」の授業の中で、「読書体験記を書く」という課題を設け、読書体験記を書いています。自分の印象に残った本や好きな作家、読書や図書館・書店について、その時々の思い出を書きます。2010年から2013年までに71名の読書体験記が集まりました。この4年間に書かれた体験記の中で取り上げられた作品、作家のベスト5を紹介します。

1 取り上げられた作品
<1位>『ハリーポッター』(11名=15.5%)
<2位>『ダレン・シャン』(5名=7%)
<3位>『告白』、『こまったさん』、『わかったさん』(4名=5.6%)
<4位>『ウォーリーをさがせ』、『カラフル』、『ノルウェイの森』、『バッテリー』(3名=4.2%)
<5位>『アンネの日記』、『1リットルの涙』、『海底2万マイル』、『恋空』、『五体不満足』、『シンデレラ』、『人間失格』、『ミッケ!(シリーズ)』、『名探偵コナン』、『夜行観覧車』、『容疑者Xの献身』(2名=2.8%)

2 取り上げられた作家
<1位>「J.K.ローリング」(11名=15.5%)
<2位>「東野圭吾」(10名=14.1% )
<3位>「ダレン・シャン」(5名=7%)
<4位>「湊かなえ」、「森絵都」、「山田悠介」、「寺村輝夫」(4名=5.6%)
<5位>「あさのあつこ」、「グリム」、「ジュール・ベルヌ」、「マーティン・ハンドフォード」、「村上春樹」(3名=4.2%)

ベスト5の中に、読んだことのある作品や作家、興味を持った作品、作家はありますか。
読書体験記では、それぞれが本との出会いや読書が自分に与えた影響などを綴っています。「読書が苦手だった自分が、家族や友人の勧めで、読書に興味を持つようになった」、「中学校高等学校の10分間読書の時間をきっかけに、新しい分野の本の魅力に気がついた」、「テレビドラマや映画を観て、原作に興味を持って読み始めた」、「1冊の本を読んでから、同じ著者の他の作品も続けて読みたくなった」、「昔読んだ本を読み返してみたら、感動や共感する点が違っていた」、「高校時代に読んだ本が、大学の学部選択や将来を考えるきっかけになった」など、さまざまな体験が語られています。
あなたも読書に関する感動や共感を振り返り、その驚きや発見を文章に書いてみてはいかがですか。

教授 吉田 昭子
[PR]
by bwukokusai | 2013-09-17 09:00 | 教員コラム