「ほっ」と。キャンペーン

文化学園大学 国際文化・観光学科ブログ“小平の風”

bwukokusai.exblog.jp
ブログトップ

毎年1週間の英語ブラッシュアップ

2013年3月の休暇を使い、国際ファッション文化学科の学生と一緒に1週間のロンドン旅行をしました。本学で教え始めてから、海外旅行といえばアメリカ研修の引率程度で、イギリスに行くのは久しぶりでした。いかに伝統を重んじるイギリスといえども、ある程度の変化を期待して行ったのですが、ロンドンは全く以前と変わらない姿でした。
あえて変わったところを指摘するとすれば、日本のスイカ・パスモのような「オイスターカード」(奇妙な名前をつけたものです)が随分と普及しており、バス・地下鉄の移動は非常に便利でした。しかしさすがにイギリス、お金をチャージ(イギリス英語ではtop up)しようとすると機械の故障で数ポンド損をしました。

オイスターカード
a0149405_15554853.jpg


また、新たにロンドン・アイという観光名所もでき、25人も乗れるカプセル型観覧車は、大人約2,500円という高額で一周20分程度でロンドンが一望できます。これに乗ると、ニューヨークや東京と違ってほとんど高いビルのない平坦な大都市ロンドンの全体像を見ることができます。ヨーロッパの都市計画が景観重視で歴史的建造物の周辺環境を損なわないように考えられていることがよくわかります。それにしてはロンドン・アイ自体が、対岸のウェストミンスター宮殿(国会議事堂)などテムズ川周辺の古色蒼然とした建築物と全くそぐわない娯楽施設であると個人的には思いますが。

ロンドン・アイ
a0149405_15564368.jpg

カプセルからウェストミンスター宮殿を望む
a0149405_1557750.jpg

イギリスへの観光旅行は、他の英語圏の国と比べ旅費がたいへん高く(往復航空券だけで15万円くらいは覚悟しなければならない)、学生には簡単なことではないけれど、それでも半年や1年の留学に比べれば実現可能です。忙しさや経済的理由で留学ができなくても英会話力をつけるためには、たとえ1週間でもよいから1年に1回は英語圏への旅行をすることが有効です。日本で半年も英会話学校に通うくらいなら、現地で英会話の練習をする方がはるかに効果的です。これを毎年続けることによって徐々に英語が話せるようになります。
今回のロンドン旅行で私たちが宿泊した先は、定年退職したご夫婦が経営するB&B(Bed & Breakfast)でした。学生にとってもよかったのは、朝食時にはご夫婦や他の宿泊客と会話があり、英語の勉強になることです。今回はスコットランド、アイルランドからの旅行者と話すことができ、各地の特徴ある英語が生で聞けました。たっぷりとしたイングリッシュ・ブレックファストを平らげた後は、学生たちは毎日、ロンドンのストリート・ファッション、古着屋めぐりをしました。帰国する頃には、古着屋の売り子さんを相手に(通訳の私をほったらかし)、値札の3分の1までに値切り倒すほどの凄腕を発揮しました。たった1週間の滞在でも、これを毎年続ければ、私をはるかに凌ぐ英語の達人になることでしょう。

B&BのEnglish Breakfast
a0149405_155203.jpg

前衛的なStreet Wall Painting
a0149405_15522740.jpg

ロンドンで人気の靴屋Irregular Choice
a0149405_1552478.jpg


教授 白井 菜穂子
[PR]
by bwukokusai | 2013-08-27 09:00 | 教員コラム