文化学園大学 国際文化・観光学科ブログ“小平の風”

bwukokusai.exblog.jp
ブログトップ

ロイヤル・ワラント

今英国はロイヤルベイビー誕生の話題で沸き立っています。今回はそんな英国王室と関係のあるロイヤル・ワラントを紹介します。

ロイヤル・ワラント(royal warrant)とは、「王室御用達許可証」の意味で、英国の王室に定期的に品物やサービスを納める企業や個人に与えられるものです。ワラントが与えられた商店などはロイヤルアームスという紋章を店頭に掲げたり、商品のパッケージにその紋章を印刷することが出来ます。

現在このワラントを与える権限をもっているのは、エリザベス女王、女王の夫君エディンバラ公、そしてチャールズ皇太子の3人のみです。それぞれが気に入ったものに対して王室が厳正な審査をしてワラントが与えられます。ワラントが与えられると紋章を掲げることが出来ますが、エリザベス女王の紋章はイングランドの象徴のライオンとスコットランドのユニコーンが盾を掲げているデザインです。エディンバラ公の紋章は、同公がデンマーク王室の血をひくギリシャの王子であることから、デンマークとギリシャの国旗をモチーフにしています。チャールズ皇太子の紋章はエドワード6世から引き継いだもので、3本の鷲の羽がデザインされたものです。
a0149405_1615997.jpg

王室御用達というと高級なイメージがありますが、車、靴、紳士服から、お菓子、ジャム、洗剤やトイレットペーパーにいたるまで手軽に買える日用品、また修復点検等のサービスまで様々です。洋食器のウエッジウッド、紅茶のトワイニングやフォートナム・アンド・メイソン、衣料品のバーバリーなど、日本でもよく目にすることができる品物も多く含まれています。

初のワラントはヘンリー2世が1155年に許可したもので、ヴィクトリア女王の時代には2000件も許可され、歴代の王室の中でも一番多くワラントを授けたと言われています。18世紀半ばに始まった産業革命の大量生産により製品の品質に問題が生じたり、諸外国からの輸入量が大幅に増え価格統制が利かなくなったりとイギリスの産業に対して危機感が生じ始めたため、女王はより多くのロイヤル・ワラントを授けて質の高い製品を作る企業に評価を与えようとしました。また、国民に自国製品の消費を促すことにより、英国の産業の育成を図ろうとした狙いもあったようです。

このワラントには有効期限があり、5年ごとに更新され、品質などの低下が認められるとワラントの剥奪もあるという事です。現在は英国内の登録は800~1000社近くあるといわれています。ワラントを授かった企業などは王室の方々の好みなどを口外することを禁じられており、万が一口外した場合はワラントが剥奪される場合もあります。

800年以上にも及ぶロイヤル・ワラントの歴史には、品質を追及し技術を磨いてきた職人たちとそれを誇りにしてきた本物にこだわる英国民の精神が反映されていると思えます。

私たちの周りにも、ロイヤル・ワラントが与えられた品物を容易に見つけることが出来ます。紋章はとても小さく印刷されていますが、皆さんも見つけてみてはいかがでしょうか?

教授 石田 名都子
[PR]
by bwukokusai | 2013-07-30 10:00 | 教員コラム