文化学園大学 国際文化・観光学科ブログ“小平の風”

bwukokusai.exblog.jp
ブログトップ

本物を見る感動と楽しさ

 1月14日成人の日、東京にも7年ぶりの大雪が降りました。その中を有明コロシアム(東京都江東区有明・りんかい線「国際展示場駅」)で開催された「スターズオンアイス(STARS ON ICE Japan Tour 2013)東京公演」を見にいきました。
 「スターズオンアイス」は「豪華メダリストが競演する世界最高峰のアイスショー」と謳われ、オリンピックのフィギュアスケート種目やアイススケートの世界大会で金銀銅のメダルを獲得した世界超一流のアイススケーター達が繰り広げるスケートショーです。テレビ東京が主催し、テレビでも放映されましたので、ご覧になった方も多いかもしれません。
 会場の有明コロシアムは開閉式屋根を備えた約1万人を収容するスタジアムですが、ジャパン・オープン・テニス選手権、東レ パン・パシフィック・テニスなどが開催されることで有名です。(以下写真左:コロシアム外観。写真右:コロシアム内・テニス競技・屋根オープン時)
a0149405_10525150.jpg

午前から降り始めた大雪の中を、降り積もった雪で滑りやすい道をゆっくり慎重に踏みしめながら黙々と進む人たちが、古代ローマの円形闘技場コロッセウム(英語でコロシアム)の名を冠するスタジアムに大勢集まりました。(写真左:雪の中を駅から会場へ。写真右:コロシアム入口。)
a0149405_1053425.jpg

 場内は撮影禁止で、様子をお見せすることはできませんが、会場の空気がぼーっと白く煙っていて、眼鏡が曇っているせいかと思いましたが、空気そのものが白くなっていることに気づきました。冷気で空気中の水分が凍って煙っていたのでしょう。雪のためか、会場の埋まり具合は座席の7~8割といったところでした。いつもより厚手のコートを着て、使い捨てカイロも用意したのですが外は大雪、コロシアムの中は冷蔵庫のなかのような寒さで、体は全く温まりません。ショーの始まる頃にはすっかり冷え切っていました。
 雪で交通機関が乱れたため、開演が25分ほど遅れましたが、最初に荒川静香(2006年トリノ五輪金メダル)(以下、選手の敬称略)が登場し、悪天候の中を詰めかけた観客に対してのお礼と、「皆さんの心を暖かくする演技」をお見せするとの、心温まる挨拶でショーは始まりました。
   
 フィギュアスケートは全くの素人ですが、演技は全て素晴らしいものでした。荒川静香の優美なイナバウアー、浅田真央(2010年バンクーバー五輪銀メダル)の華麗さのなかに秘めた貫禄と自信、高橋大輔(2010年バンクーバー銅メダル)の迫力と技術とオーラなど、日本人のレベルの高さが光りました。また、外国人では1976年のインスブルック五輪の金メダリストで未だ現役であるドロシー・ハミルが56歳とは思えないはつらつとした演技を見せ、ジェフリー・バトル(2008年世界選手権金メダル)、フィリップ・キャンデロロ(1998年長野五輪銅メダル)、カート・ブラウニング(1993年世界選手権金メダル)、イリヤ・クーリック(1998年長野五輪金メダル)、エカテリーナ・ゴルデーワ(1994年リレハンメル五輪金メダル)、ジョアニー・ロシェット(2010年バンクーバー五輪銅メダル)、イリーナ・スルツカヤ(2002年ソルトレークシティ五輪銀メダル)などなどの歴代の著名なメダリストたちのエンターテイニングな演技が銀盤上で繰り広げられました。(前半は寒さを我慢していましたが、我慢しきれず休憩時間に売店で毛布を買いました。)
 ショーは、カラフルな照明が織りなす光と影の中での華麗なダンスと回転・ジャンプ、華やかな衣装、肉体の強靱さ・しなやかさ、そして出し物は元気の出るもの、コミカルなもの、優雅なものと、演出にはさまざまな変化と工夫がほどこされていて、大雪と寒さを我慢してでも十分に見る価値のあるものでした。

 スポーツに限りませんが、やはり「本物を直接見る」のが一番というのがこの日の実感です。実物を見るのはTVで見るのとは違い、会場の雰囲気や観客と演技者が一体となった展開(手拍子や歓声)などを味わうことができます。演技者や競技者が発出するエネルギー・感動に、その受け手である観客の熱気が加わって一体としてできあがる、大きな高揚感を感じることができます。観客のパワーを得て演技者・競技者もさらにエネルギーを出していくように思えます。
 今回見た限りでは、有明コロシアムについては、若干施設的な課題(トイレ・売店等)はあるように思えましたが、東京には有明コロシアムを初め立派なスポーツ施設がたくさんあります。「スポーツ観光」という言葉がありますが、スポーツのもつ素晴らしさを多くの人が体験し、感動を味わい、そしてより多くの外国の人々が観光旅行も兼ねて日本を訪れ日本の素晴らしさを知ってもらいたいものです。その意味で、今年9月に決定される2020年のオリンピック開催地が東京になることを期待したいと思います。そのようなことを感じた大雪の一日でした。

                                                       教授 高橋 哲夫
[PR]
by bwukokusai | 2013-01-29 08:00 | 教員コラム