「ほっ」と。キャンペーン

文化学園大学 国際文化・観光学科ブログ“小平の風”

bwukokusai.exblog.jp
ブログトップ

若者にとっての海外旅行

 皆さんは、冬休みをどこで、どう過ごしますか?
 帰省したり、旅行に出かけたり、この時期は、国内外で人の移動が活発になります。JTBが発表した年末年始の旅行動向によると、国内海外をあわせた総旅行人数が3000万人となり、これは6年ぶりの高水準とのことです。
 年末だけにとどまらず、今年は旅行、とりわけ海外旅行が盛んな一年になるようです。先日、2012年の海外旅行者数が1850万人に達し、過去最高を更新することが報じられました(日本経済新聞12月19日)。これまで最高だった年は2000年の1781万人です。それ以後、10年ほどは1600~1700万人台の横ばい状態がつづき、なかなか1800万人の壁を越えることはできませんでした。1990年の日本人の海外旅行者数は、1100万人でしたから、海外旅行者数がどんどん伸びた90年代、頭打ちで横ばいの2000年代という構図がはっきりしています。2013年以降はこのまま上向きになるのでしょうか。それとも、横ばいがつづくのでしょうか。
 前述の日経新聞では、今年の堅調の理由を、団塊の世代を中心としたシニア層の旅行需要が牽引し、さらに、円高の影響で、若年層の旅行者も増えたためと分析しています。「海外旅行ばなれ」が、指摘される若年層の動向が、今後を左右するのではと思います。若年者の旅行に関する意識について、JTB総合研究所が調査結果を報告しています(JTB総合研究所「若者の生活と旅行意識調査」)。
 この調査では、若年層を19~25歳の「ゆとり世代」と26歳~33歳の「プレゆとり世代」に分けて分析しています。今後1、2年の間の海外旅行に関して聞いた質問では、ゆとり世代もプレゆとり世代も、約6割前後が前向きな回答(「既に計画がある」「行きたいが、まだ計画はない」「行きたいが、行けないと思う」の合計)を示していますが、一方で、ゆとり世代の24%が、プレゆとり世代の19%が「行きたくない」と回答しています。海外旅行に行けない・行きにくい主な理由としては、「経済的な余裕がない」がゆとり世代で59%、プレゆとり世代で56%でともに第1位です。今年は、円高の影響やLCCの登場でお財布にやさしい海外旅行が可能となり、この層の若者を誘引したと考えられるでしょう。理由の2位にくるのが、プレゆとり世代では「仕事が忙しくて休みが取れない」が31%。これは良く聞く理由です。が、ゆとり世代の2位は、「語学ができないので不安」が25%近くを占め、ついで「治安などの現地の情勢が不安」も24%です。海外=不安と捉えている若者が多いことが浮かびあがります。
 不安、心配だから「行かない」のでなく、不安や心配はあるけど「行ってみたい」と考える若者を増やすにはどうしたら良いのでしょうか。冬休みにじっくり考えてみたいと思います。

本年のブログ更新はこれで最後になります。皆様、良い年をお迎えください。来年もどうぞ宜しくお願いいたします。

参考:JTB総合研究所 「若者の生活と旅行意識調査」(2012.12.19閲覧)
 http://www.tourism.jp/wp/wp-content/uploads/2012/12/research_121212_youth.pdf

                                                助教 栗山丈弘
文化学園大学 現代文化学部 国際文化・観光学科のHPはこちら
[PR]
by bwukokusai | 2012-12-25 10:08 | 教員コラム