文化学園大学 国際文化・観光学科ブログ“小平の風”

bwukokusai.exblog.jp
ブログトップ

憧れのブライダルコーディネーター in Okinawa

今週は国際文化・観光学科2年 日名地 愛美さんがコラムを寄稿してくださいました。

国際文化・観光学科は2年時からインターンシップに参加できます。日名地さんはこの夏参加し、その体験を報告してくれました。さまざまなブライダルコーディネーターとしての実践的な経験ができた様子が生き生きとつづられています。ぜひお読みください。

=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-
 私は8月15日~30日までの二週間、沖縄ワタベウェディング(株)様のアクアグレイス・チャペル(沖縄県読谷村)でインターンシップをさせていただきました。仕事内容は主に、①ブライダルコーディネーターのアシスタント ②チャペル清掃 ③ミーティングへの参加・モデル役 ④列席の皆様の案内 ⑤撮影のアシスタント ⑥テーブルセッティング ⑦打ち合わせ資料の整理 などです。
a0149405_1133976.jpg

 挙式をより良いものにするため、コーディネーターと介添えスタッフが集まり定期的にミーティングが行われます。初日はそのモデル役を経験しました。実際にウエディングドレスを着てみると、とても重量感があり歩きにくいものであると身を以て感じました。その日はドレスの直し方について入念に打ち合わせが行われました。祭壇を上る際に、コーディネーターや介添えスタッフは、新婦さんが上りやすいようドレスを持ち上げるのですが、持ち上げすぎるとパニエ(ドレスのスカートを膨らませ、スカートラインをきれいに見せるためのもので、ワイヤーが入っている)やパンプスが見えてしまい綺麗ではなくなるので、細心の注意が必要であるとのことでした。モデル役として実際に体験できたので、とても分かりやすく勉強になりました。
a0149405_1131895.jpg

 そして、空いた時間に定期的に製作していたものがペタルです。ペタルとは、バージンロードの両端に敷く花道のことです。10m程ある白い生地にグルーガン(スティック状の樹脂を溶かして接着する道具)を使い、造花の花びらを一枚一枚貼り付けていきます。フラワーシャワーの製作も行いました。バラの花びらを一枚一枚丁寧にちぎっていきます。どちらも根気が必要な作業なので、集中力を保つことが大切でした。
a0149405_112535.jpg

 そして何件か挙式にもつかせていただきました。実際にインカム(マイクとヘッドフォンが一体になった通信機器)をつけ、コーディネーター・介添えスタッフ・美容スタッフ・サービススタッフの全員で状況確認をしながら式を進めていきます。とても緊張しましたが、式が無事に終わった際の達成感は大きかったです。
 私が行ったアクアグレイス・チャペルでは、東アジアのお客様も多く、コーディネーターが英語・中国語を使って説明をしている場面をよく見ました。社員の方にお話を伺うと、ブライダル業界でもこれからは中国語を話すことができると、とても便利だとおっしゃっていました。
 新郎新婦にとって、結婚式とは人生で一番大きなイベントであるといっても過言ではありません。そのような記憶に深く残る思い出を作り、関わることができる仕事はあまりないと思うので、ブライダルコーディネーターとは、とても素敵な仕事だと思いました。今回、新郎新婦に近いところで仕事ができ、とても貴重な経験となりました。

国際文化・観光学科2年 日名地 愛美

文化学園大学 現代文化学部 国際文化・観光学科のHPはこちら
[PR]
by bwukokusai | 2012-09-25 10:30 | 学生コラム