「ほっ」と。キャンペーン

文化学園大学 国際文化・観光学科ブログ“小平の風”

bwukokusai.exblog.jp
ブログトップ

ユニオン・ジャック

夏のロンドンオリンピック開催まであと約1ヶ月となった。ロンドンといえば英国だが、英国の正式名は「グレートブリテンおよび北アイルランド連合王国」(the United Kingdom of Great Britain and Northern Ireland)という長い名前である。そして国旗はユニオン・ジャック(Union Jack)である。国名や国旗名にも「連合」を表すことばが入っていることや長い国名からも国内事情が単純なものではない事が容易に想像できる。今回はオリンピック開催中よく目にすることになるだろうユニオン・ジャックについて少し触れてみたい。

英国はゲルマン民族の1派であるアングロ・サクソン系部族の国家を元にして成立しているが、彼らより約1世紀前にケルト系民族がブリテン島ほぼ全域とアイルランドに先住していた。アングロ・サクソン人の英国征服後、ケルト人たちは現在のアイルランド、スコットランド、そしてウェールズなどの周辺地域に、そしてアングロ・サクソン人たちはブリテン島の中心地域のイングランドに住む事となった。それ以来、民族的・言語的にも異なる2つの民族が紆余曲折をへながら共存していくこととなった。現在の4地域 (イングランド、スコットランド、ウェールズ、北アイルランド) は政治的にはひとつにまとめられてはいても、それぞれのアイデンティティを保ちながら多元的国家を形成している。それゆえ国名や国旗名に「連合」を表すことばが使われている。
a0149405_759899.jpg

国旗のユニオン・ジャックはユニオン・フラッグ(Union Flag)とも呼ばれる。ユニオンは「連合」、そしてジャックは海事用語で「船の国籍を示す旗」を意味する。白地に赤い正十字のイングランドの旗と青字に白の斜めのクロスがはいったスコットランドの旗が最初に組み合わされ、その後、白地に赤の斜めのクロスがはいった北アイルランドの旗が加えられた。ここにユニオン「連合」をあらわすことばが使われる所以がある。これらの3つの旗は、それぞれのセント「聖人」にちなんだ名前が付けられている。イングランドの旗はセント・ジョージ旗、スコットランドの旗はセント・アンドリュー旗、北アイルランドの旗はセント・パトリック旗と呼ばれている。ウェールズは国旗制定までに既にイングランドに併合されていたため、ユニオン・ジャックには反映されていない。ちなみにウェールズの旗は上半分が白地、下半分が緑地の背景にドラゴンが書かれている。
a0149405_80229.jpg

a0149405_802650.jpg

それぞれの地域は現代でも別々の国家意識を持っている。サッカー(英国ではフットボール)やラグビーなどには統一したナショナルチームがなく、イングランド、スコットランド、ウェールズ、北アイルランド(ラグビーに関しては北アイルランドの代表チームはないが、アイルランド共和国の代表チームがある)がそれぞれの代表チームを持っていることからもこの事が推測される。サッカーは過去11回オリンピックに統一したナショナルチームが出場しているものの中身はイングランド単独であった。今度のオリンピックでもサッカーは1つの統一ナショナルチームを編成して臨むという事だが、今年のチームの顔ぶれはユニオン・ジャックが表している様に4つの地域の連合になるのだろうか。気になるところである。 


                                                      教授 石田 名都子

文化学園大学 現代文化学部 国際文化・観光学科のHPはこちら
[PR]
by bwukokusai | 2012-06-26 10:30 | 教員コラム