「ほっ」と。キャンペーン

文化学園大学 国際文化・観光学科ブログ“小平の風”

bwukokusai.exblog.jp
ブログトップ

責任ある観光者および旅行者として

 世界観光機関(UNWTO)は、第13回総会(1999年9月27日~10月1日)において、世界の観光のステイクホルダー(すべての観光関係者)が守るべき観光倫理規定(Global Code of Ethics for Tourism)を定めました。その倫理規定を基礎にして、観光者・旅行者に向けて「責任ある観光者および旅行者」(The Responsible Tourist and Traveler)と題して忠告しています。忠告には、私たちが観光やその他の旅行をする場合に守るべき八つの倫理的な基準が示されています。以下に、筆者の仮訳を記します。

1.異なる文化や伝統に心を開いてください。そうすれば、あなたの体験は変わったものになります。あなたは尊敬を勝ち得て、現地の人びとに進んで歓迎されます。
2.人権を尊重してください。どんな形であれ、他の人びとを食い物にすることは観光の本来の目的にそむくものです。子供を性的に食い物にすることは、現地または犯罪者の本国において処罰されるべき犯罪行為です。
3.自然環境の保護に力を貸してください。野生生物と生物の生息地を保護しましょう。また、絶滅の危機に瀕している動植物を原料とする製品は買わないでください。
4.文化的な資源を尊重してください。活動は、芸術的、考古学的、文化的な遺産に対する尊重の下に行わなければなりません。
5.あなたの旅行は現地の経済および社会の発展に寄与します。現地の手工芸品や製品を買ってください。そうすれば、公正取引の原則を通じて現地の経済を支援することになります。物品の取引は公正な稼ぎについての理解を反映したものでなければなりません。
6.あなたご自身が最新の現地保健事情について理解を得てください。出発前に緊急情報サービスや領事サービスにアクセスして、ご自分の健康と安全が損なわれる恐れのないことを確かめてください。現地への旅行を決定する前に、あなたにとって健康上必要な特定のことがら(食事制限ができること、移動しやすい交通手段の利用が可能であること、医療を受けられること)がかなえられることを確かめておいてください。
7.訪問地についてできるだけ多くのことを学んでください。そしてその地の慣習や規範、伝統について理解するために時間を割いてください。現地の住民たちを害することになる振る舞いはやめましょう。
8.訪れた国の法により犯罪とみなされる行為に関与することのないように、その国の法規に精通してください。危険物やその国の法令で禁止されている、違法薬物や武器、骨董品、生物保護種、製品または物質の取引はすべておこなってはいけません。

 海外旅行にかぎりません。国内旅行にも立派にあてはまる忠告です。旅行の目的にかかわらず、旅先では心して行動したいものです。

                                                       講師 西村 修一


文化学園大学 現代文化学部 国際文化・観光学科のHPはこちら
[PR]
by bwukokusai | 2012-05-08 10:42 | 教員コラム