文化学園大学 国際文化・観光学科ブログ“小平の風”

bwukokusai.exblog.jp
ブログトップ

目指すは、現実的ロマンティスト 

 冬のある朝、駅までの道を急いでいた。頭の中は、すでにほとんど仕事モード、「あの学生に、今こそ努力すべき理由を伝えておかなければ・・・あのメールは、BCC. (注1)で出した方がいいだろうか?・・・ “Big Issue” (注2)を買うには、乗り継ぎの時に、いったん外に出る他ない・・・。」
 小さな計画が、次々と頭に思い浮かんでいた。と、その時、私とすれ違いかけた老婦人が足を止めて、少し大きな声をあげた。「あ、富士山!(彼女が指差す方角へと振り返った私にむかって)ほらねっ!」たしかに、建物と建物の間に鮮やかに見えていたのは、白い峰で、・・・今日の空は、こんなにも青かったのか・・・!
 「ああ、きれいですね!ありがとうございます。いいものに気づかせて頂いて・・・」と言った私の言葉はあまり気にする風もなく、歩行用カートのようなものを押しながらも、老婦人はさっそうと行ってしまった。それは、駅に本当に近い所での出来事で、そこから駅に向かうまでに十数人ぐらいの人とすれ違ったのだが、私はこの小さな幸せのお福分けをしたいと願いながら、結局出来なかった。もの言いたげな表情の私と目があった人達には、もの問いたげな不思議な表情をさせてしまった。
 電車に乗り込んだ私は、長年本学で教鞭をとられてきた佐々木 貴顕先生のことを思い出していた。なぜかといえば、昔先生が前述の駅付近にお住まいで、周辺の数十年前の様子を私に話して下さったことがあるからだ。「富士見橋からは、本当にきれいに富士山が見えました。」今は、上り下りの車がすれ違いにしのぎをけずっている不動坂(たいへん急な坂で、脇には小さな滝もある地形)で、「雪がたくさん降った日には、スキーをしましてね。あの頃は、車も少なかったから・・・。」「徹夜で試験勉強をしたり、仲間で飲んだりした後、明け方に成城パンからすごくいいにおいがして、戸をトントンとたたいて、パンを分けてもらいました。」というような、先生が微笑しながら語って下さったお話は、いつの間にか私にとっても心の宝物のようになっている。世の中のあわただしさに突き動かされて私も急ぎ足でお話に登場した橋やパン屋さんのあたりを歩いている時に、ふと思い出して心が和らいでくるのだ。
 佐々木先生の独特なテンポは、楽しくなるほど浮世離れしている時があった。残業をしていた夜、人気の無い廊下でゴミ箱の中をじっと見守っている先生の姿を私がけげんそうに見とがめると、「いや、あのね、僕はさっき煙草の吸殻をここに捨てて、それがその後どうなるか気になっているのです。」と照れ笑いをしていらした。もちろん、キャンパス屋内が禁煙になる前のお話だ。
 佐々木先生については、「すてきな先生ですね、ロマンティストで・・・。」といったことを、学生にもよく言われたし、他大学で教えている我が先輩にも、「すてきな方よね。おだやかな学者さんで・・・。どうしていらっしゃる?」と、消息を聞かれた。現代の先進国に、おだやかで素敵なロマンティストなんて、どのくらいの数で存在してくれているのだろう?経済性や利便性ばかりが追求され、世の中はあまりにもせかせかと現実的になってしまった。文学の世界でも、アメリカ作家のトルーマン・カポーティがノンフィクション・ノベルなるものを世に生み出した1965年には大いにセンセーショナルと評価されたものの、こうもルポルタージュ文学的なものが溢れた現在では、南米出身ノーベル賞作家のガルシア・マルケスでも読んで、現実世界が部分的にとろりと溶け出て、壮大で美しくもどこかユーモラスな伝説の世界につながっている・・・というような気分を味わいたくなる。芸術の場合、リアリズムに傾き過ぎた後には、必ずロマンティシズムの波が押し寄せるものだ。
 さてさて、現代の教師は、ロマンティストである一方で、リアリストでなければならない。たとえば、理想を捨て去った教育者など、お目にかかりたくもないし、かといって、私達の教育は、現実世界での学生の就職その他を充分に念頭に置いたものでなければならないからだ。
 せかせかと歩いていた私に、足をとめて富士山を見るように促してくれたおばあ様を忘れないようにしたい。そして、あまりに現実的な教師になってしまっている時には、佐々木先生のことを思い出して、及ばずながら、先生のようにゆっくりと見守る教師らしさを引き継いでいきたい、と切に願う。
 富士山の美しさを教えてくれた前述のような人達に、私もなりたい。そして、私自身が先人に教わった大切なことは全て、学生達に手渡していきたい、と望む今日この頃である。

注1: Bはブラインドの略。複数の宛先に送信する際、受信者同士のアドレス情報を伏せておくのがマナーである場合も多い。
注2: ホームレスの自立支援のために出版されている雑誌。ホームレスの人達自身が販売し、その価格の半分が彼らの収入となる。
a0149405_17594723.jpg

                                                        教授 久保田 文
[PR]
by bwukokusai | 2012-02-28 12:00 | 教員コラム