文化学園大学 国際文化・観光学科ブログ“小平の風”

bwukokusai.exblog.jp
ブログトップ

北魏仏

 1970年代の終盤から80年代の一時期に、地の利を生かして中国の華北の仏教遺跡を訪ねる旅をしたことがあった。当時は中国内を旅行するということは、それはそれで大変なことであった。何しろほとんどの街や都市が外国人に対して閉ざされており、勝手に行く事はできなかった。そればかりか、他の都市、例えば北京から上海、南京、広州等の大都市へ出かけようとする場合にも、この公安局の許可証が必要だった。つまり、外国人にとっては、自分が居住している都市から数十キロ離れる場合にも、事前に公安局から発行される旅行許可証を取得せねばならなかった。

 まず最初に、留学先の大学の留学生事務室に行って紹介状を作ってもらい、それを持って北京市の公安局外事処に行く。そこで外国人旅行許可証を発行してもらうのである。行き先、往復の経路、利用する交通機関、宿泊場所、期間等々の細かい事項を書かされ、申請を行う。勿論その場で発給してくれる事はない。数日後にまた自分で受取りに行くのである。この許可証と身分証明書(パスポートあるいは外国人居留証)は必携であり、これが無ければ汽車の切符さえ買えないし、宿に泊まる事さえできないのである。所持していないと、“犯罪”=スパイ罪となる。

 そのような面倒を経て、ようやく旅に出るのであるが、勿論、道中はそれこそ汗と埃にまみれることになる。道中でも様々な面倒ごとに出くわすのは当然のことで、そこは臨機応変な対処能力が問われることになる。そんなこんなを書き始めたらきりがなくなるのでここでは割愛するが、気力と体力と知力がものを言うものであった。

 さて、街中の古刹や旧跡ほど味わいが無いものは経験で段々と判って来るようになると、郊外の鄙びたところに「あるらしい」と言われている場所に足を運ぶようになる。半日かけてやっとたどり着いたところで対面できた石仏には、勿論、五体満足なものは非常に稀である。それがたとえ2、30センチに過ぎない小さな石仏であっても、野晒のまま数百年のそして千数百年の風雪に耐えてきた凄みを感じ取ることができる。

 古代の街の位置から見ても、郊外の辺鄙な場所に作られた一群の小さな石窟。そこにおわします小さな仏たち。そこには華麗さ雄大さの欠片も無いが、華美から遠く離れたその純朴さに、強い感銘を受ける。この質朴な石仏を作った人は、どのような思いを胸に鎚と鑿を振るったのであろうか。修行の僧か、それとも在家の信者か。それがあまりにも純朴であり質朴であるが故に、そこに込められた心の強さ、ひたむきさが伝わって来るようである。それは芸術や美術の評価を超えた、そういうことにはまるで頓着しない、生きることを求める、そして救いを求める真摯な思いが込められているようである。往時は花が手向けられていたであろうし、香やささやかな供物も捧げられていたことであろう。何を願ったのであろうか。その願いは叶ったのであろうか。

 様々な場所で、それぞれ時代の異なる石仏を見て来たし、それを通じて一見してその仏像はおおよ
そいつの時代の頃のものかが判るようにもなって来た。それらの中で、私が最も強く引かれるのは、北魏時代(4世紀末〜6世紀中葉頃)のものである。余りにも飾り気から遠く隔たっているところと、仏に対する媚からも縁遠い姿であるからだ。

 今でも時折それらの北魏仏のたたずまいを思い出すことがあるが、その度に、その仏像に込めたであろう人々の偽りの無い思いや願いの真摯さを考えさせられる。彼らは決して仏像を拝していたのではないのだ。その背後に無限に広がる宇宙と語り合っていたのではないかと。
                                                      准教授 窪田 忍

文化学園大学 現代文化学部 国際文化学科のHPはこちら
[PR]
by bwukokusai | 2012-01-31 12:49 | 教員コラム