「ほっ」と。キャンペーン

文化学園大学 国際文化・観光学科ブログ“小平の風”

bwukokusai.exblog.jp
ブログトップ

ピーチ・アヴィエーションという航空会社知っていますか?

全日空(以下、ANA)や香港の投資会社FEIGなど3社が出資して2011年2月に設立した航空会社で、社名をピーチ・アヴィエーション株式会社(Peach Aviation Limited)といいます。日本で初めての本格的なローコスト・キャリア(以下、LCC)です。関西国際空港(以下、関空)を拠点に2012年3月から運航を開始します。

航空会社にはICAO(国際民間航空機関)登録の3文字コードとIATA(国際航空運送協会)登録の2文字コードがあります。全日空の場合、ANAがICAOコードで、NHがIATAコードです。ピーチ・アヴィエーションは、ICAOコードがAPJ、IATAコードがMMです。以下、ピーチ・アヴィエーションはAPJと表記します。

APJは、2012年3月1日より、関空―札幌線(週3便)、関空―福岡線(週4便)に就航します。3月24日までは就航記念として二つの路線で全席の8パーセント相当の5,000席を250円で販売しますが、基本的には、札幌線が4,780円(最安値)~14,780円(最高値)、福岡線が3,780円(最安値)~11,780円(最高値)とすると発表しました。往復割引や団体割引はなく片道運賃のみで、便の混みぐあいに応じて変動(カウントダウン方式)します。ANAをはじめ既存の国内航空会社の平均的な運賃よりも約50~66パーセントも安い運賃です。

日本のメディアはLCCに「格安航空会社」の語を当てたりしますが、これは安い運賃を提供する航空会社という意味です。「格別に安い」だけであって「安かろう、悪かろう」の航空会社というわけではありません。LCCは、航空輸送の本来の目的「旅客を輸送すること」に焦点を絞り、定時運航など運航面での高い品質と高い生産性を実現しています。輸送旅客数で、世界1位は米国のLCCサウスウェスト航空で、欧州のLCCライアンエアも5位です(2009年IATA発表)。「安っぽくない」証拠の一つにはライアンエアの従業員の一人当たりの平均賃金は欧州の大手航空会社ルフトハンザドイツ航空よりも高い水準にあります。

さて、LCCのこうした安い運賃はどのようにして生み出されるのでしょうか。LCCは、ANAなど既存の大手航空会社が無料で提供する付随的なサービスを廃止あるいは有料化してコスト削減を図り低運賃を実現します。こうしたことから既存の大手航空会社のことはフルサービス・エアライン(FSA)とかレガシー・キャリア(LC)とか呼びます。

APJは、サービスやコスト削減でもANAとはまったく異なるビジネス・モデルをとります。まず、委託手荷物は有料です。座席の事前指定にも210円の料金がかかります。予約の変更にも変更料が必要です。予約はインターネットが基本でインターネット以外、例えば電話や航空会社の空港カウンターでの予約の場合は、1,050~2,100円の手数料が必要となります。APJはインターネットによる直売を主軸にしながらも、20~30パーセントは旅行会社を通じて販売する方針のようです。

航空機はA320‐200(エアバス320ダッシュ200型)の小型機(座席は180席)の1種類のみで、当初は2機で運航します。向こう2年間で10機を導入する計画といいます。単一機材の使用によってパイロットの訓練コストも削減し、空港も混雑していない、離着陸料の安い二次空港を使用して航空機の稼働率を高め(空港に駐機している時間を少なくする)ようとする手法です。

APJは、5月1日から関空―仁川線を皮切りにアジアの近距離線にも路線を拡大する予定です。また、ANAは、マレーシアのLCCエアアジアと共同出資でLCCエアアジア・ジャパンも設立しました。こちらは成田空港を拠点に札幌線、福岡線に2012年8月より運航を始め、アジアやハワイなどの中距離の国際線への就航もめざします。APJは、全く別会社ですが、エアアジア・ジャパンはANAの子会社です。

一方、JALもLCCジェットスター・ジャパンをカンタス・グループ、三菱商事と共同出資で設立、2012年からの就航を計画しています。

2012年は、LCC同士はもちろんFSAとLCC間の、一段と激しい競争が繰り広げられる年になりそうです。

                                                        講師 西村 修一
[PR]
by bwukokusai | 2011-12-27 11:53 | 教員コラム