文化学園大学 国際文化・観光学科ブログ“小平の風”

bwukokusai.exblog.jp
ブログトップ

カタカナと英単語の発音

私は、毎年、新学期の始めの授業で「英単語をどれくらい知っていますか」と学生達に聞きます。ほとんどの学生は、答えるのに苦慮しますので「仮に3,000語から5,000語の英単語を知っているとし、それらの単語を発音してネイティブ・スピーカーに聞いてもらうとどれくらい通じるでしょうか?」と聞き直します。このように聞くと、半分以上通じると答える学生は皆無に等しく、ほとんどの学生は、謙遜もこめて10%から20%ぐらいと答えます。

これではせっかく学んだ英単語が、コミュニケーションに生かされず無駄になってしまいます。そこで、できるだけこれらの単語を使えるよう授業の中で修正してゆきます。この修正で厄介なのは、すでに日本語の中に入っている「カタカナから学んだ英単語」です。もうすでにインプットされて幾久しくたったものを、英語の正しい発音に直すにはかなり時間がかかります。確かにカタカナになった英単語のメリットもあります。少なくともそのカタカナの類似音を探して行けば(和製英語を除いて)大抵正しい英単語にたどりつけます。しかし、発音となるとカタカナの音がかなり邪魔になるケースが多々あります。最初にカタカナで頭の中に入れてしまった単語を、自分なりに英語の音として発音したのに、意外な体験をしてしまった学生達のお話をしてみましょう。

ずいぶん前のことですが、短期留学から帰ってきた学生が、反省会で自分の英語が通じなかった例として、ある日、ホストファーザーに「ブラウニーが食べたい」と言ったら「ハムみたいなものが出てきたんです!」という報告を受けました。このホストファーザーがどのようにこの英単語を聞いたのか想像してみますと、たぶんこの学生が発音した「brownie」の一番近い音として「boloney」が食べたいと理解し、いろいろな肉がミックスされたボロニーソーセージをこの学生に出したのだと考えられます。これは単に、カタカナから学んだ英単語が災いしたと言うより「r」と「l」の発音の問題にもなりますが、甘いものを食べたかったこの学生にとっては、忘れられない体験になったことでしょう。

この他にも、ファミリーレストランでコーラを注文したのに、ぜんぜん違うものが出てきてしまった体験。ネイティブの先生に「trauma」を「トラウマ」と発音しても理解してもらえなかったなど、カタカナから学んだ英単語の発音が影響してコミュニケーションが上手くとれなかった失敗談を学生からいろいろ聞いています。ほんの少し修正を加え意識して発音することで、これらの英単語がネイティブ・スピーカーに理解してもらえたら、今すでに知っている英単語がコミュニケーションに生かされます。もし興味のある方は、英語の歌でも映画でも「生の英語」をできるだけ多くインプットし、英語の音が良く聞こえる「脳」を作ってみて下さい。英語の音が正しく聞こえるようになると、英語を正しく発音できる基礎ができます。
a0149405_1103221.jpg

                                    教授 坂本 政子





文化学園大学 現代文化学部 国際文化学科のHPはこちら
[PR]
by bwukokusai | 2011-10-25 10:58 | 教員コラム