文化学園大学 国際文化・観光学科ブログ“小平の風”

bwukokusai.exblog.jp
ブログトップ

暑さ寒さも彼岸まで

 9月23日は秋分の日でしたね。皆さんはいかがお過ごしでしたか。私は結婚して以来、この日は婚家で過ごし、おはぎ作りをするのが恒例となっています。前の晩に餡を煮詰め、朝おはぎを作り、ご先祖に供えます。

秋分の日はお彼岸の中日に当たり、寺院では彼岸会が行われます。彼岸というのは煩悩に満ちたこの世を脱した悟りの境地を言いますが、なぜ秋分の日に彼岸という仏教の行事が重なっているのでしょうか。
 農村では、春分のころに豊作を祈り、秋分のころに豊作を祝う自然信仰があり、それが仏教の教えと結びつき、祖先を供養する意味を持ち始めたのだと考えられています。春分・秋分のころの前後七日間に先祖を供養し、故人を偲ぶ風習は、奈良時代にすでにその記録が残っているということです。
 秋分の日、お彼岸の中日には太陽は真東から上って、真西に沈みます。西方浄土という言葉があるように、極楽浄土は「西」にあると言われ、太陽が真西に沈む春分・秋分の夕陽は浄土への道しるべと感じられたようです。平安時代には大阪・四天王寺の西門が西方極楽浄土の東門に当たるとされ、お彼岸中日の夕陽を拝する聖地となっていたそうです。当時四天王寺の西門には海が迫っていて、海に沈む夕陽が見えたのです。

明治憲法下で春分の日は「春季皇霊祭」、秋分の日は「秋季皇霊祭」として大祭日とされ、宮中で祖先をまつる日となっていました。1948年に春分の日は「自然をたたえ生物をいつくしむ日」として、秋分の日は「祖先を敬い亡くなった人をしのぶ日」として国民の祝日に制定されました。秋分の日は、もともとの民間の先祖供養の日としてのお彼岸を復活させたものです。

 秋分は太陽が秋分点を通過する日です。秋分点というのは、大空を一つの球面と見た天球上の黄道(1年間かけて太陽が移動する道筋)と天の赤道(地球の赤道面を天球まで延長したもの)との交点の一つです。春分から秋分までは北半球にある太陽は、秋分から春分までは南半球に移るので、季節の分岐点となるのです。
a0149405_8445810.jpg

 なぜお彼岸におはぎを供えるのでしょうか。
 小豆の赤色は邪気を払うという民間信仰が、先祖の供養と結びついたものと言われています。また、この習慣は江戸時代に庶民の間から始まったと言われています。おはぎが一般的なようですが、稲荷寿司・海苔巻・お団子を供える地域もあるようです。皆さんの地域ではいかがでしょうか。
 ところで、おはぎにつける餡、皆さんはつぶ餡が好きですか、こし餡が好きですか。以前、アイスブレーキング(ワークショップの冒頭に場を和やかにするために行う簡単なグループワーク)で、「こし餡派?つぶ餡派?」というワークをしたことがあります。その時に、あまりこだわらない人、どちらか一方がいいという人、和菓子の種類によって餡の好みがはっきりとある人、いろいろいて面白く思いました。最近は餡が苦手という若者も増え、このワークが使いにくくなってきているとか…。私はどちらかというとこし餡好みです。幼いころ、母が煮た小豆を竹ざるで漉すのをわくわくした思いで見つめていたことが思い出されます。
 
大地震に大津波に大台風、今年は災害の多い年ですね。この後は過ごしやすい日々が続くことを祈りたいものです。
a0149405_8475462.jpg


参考: 岡田芳朗 2001 『暮らしのこよみ歳時記』、講談社 http://koyomi8.com

                                                 教授 齊藤 眞理子

文化学園大学 現代文化学部 国際文化学科のHPはこちら
[PR]
by bwukokusai | 2011-09-27 08:48 | 教員コラム