文化学園大学 国際文化・観光学科ブログ“小平の風”

bwukokusai.exblog.jp
ブログトップ

ビンラディン殺害のニュース

最近の海外ニュースのなかで特に気になるものはありますか? 私にとっての重大ニュースは、5月の初めに伝えられたオサマ・ビンラディン容疑者の殺害に関するものです。皆さんもご存じだと思いますが、ビンラディンは、2001年9月11日の同時多発テロの首謀者とされていた人物で、アメリカが5000万ドル(約40億円)の懸賞金まで懸けて10年近くその行方を追っていた容疑者です。

無差別殺人をも正当化するテロリストは断じて許せないという心情は分かりにくいものではありませんが、今回の米軍によるビンラディンの殺害という行為には違和感を覚える人も少なくないでしょう。同容疑者の死亡発表に「狂喜」するアメリカ国民の姿が映像で流れると、このような違和感はさらに大きくなるような気がします。「仮に極悪非道の罪人であったとしても、裁判なしにアメリカの判断だけで処刑してもいいのだろうか?」というような基本的な疑問も湧いてきます。

現在の国際社会においては、全ての国を一律に拘束する法律も裁判所もありません。史上最大の国際機関である国際連合でさえ、各加盟国の主権に立ち入ることは至難の業です。紛争地への国連平和維持部隊の派遣も、紛争当事者の合意なしに実施されることはほとんどありません。綿密な法律網が細部にまで行き渡る国内の状況と違い、国際社会はどちらかというと、無法状態に近いと言った方がいいかもしれませんね。ですから、今回の米軍の行動が、容疑者を逮捕する警察官ではなく、ならず者を撃ち殺す保安官のようにみえるとしても不思議ではないでしょう。このように、国際社会での秩序づくりはまだまだ未発達の段階にありますので、米軍のビンラディン殺害という行為に関して、たとえばその違法性を証明するといったことは大変難しいと思います。

でも、そうだからといって特定の国の判断をそのまま国際基準にしても良いのでしょうか? アメリカに限らず、国際社会で大きな影響力を持つ国々は、往々にして「正義」の名のもとに「強者の論理」をふりかざし、そのことが逆に大きな対立を呼び込んではいないでしょうか? 「文明の衝突」という言葉を使って冷戦後の国際関係の危うさを指摘したサミュエル・ハンティントンというアメリカの国際政治学者が、1999年に「孤独な超大国」という論文*の中で、「アメリカは、人権、麻薬、テロリズム、核拡散といった点を基準に各国をランク付けし、こうした問題について自国の基準をみたさない国々に制裁措置をとり、・・・定期的にさまざまな国家を『無法者』呼ばわりするが、多くの国々にとって、いまやアメリカの方が『無法者の超大国』になりつつある」と警鐘を鳴らしていました。彼の確かな洞察力には驚かされますが、同時に、一番鋭いアメリカ批判がアメリカ人自身から出てくるという点では、少しほっとする思いもあります。

* この論文の原題は、The Lonely Superpower となっています。アメリカの外交専門誌 Foreign Affairs 1999年3,4月号に掲載されたものです。なお、この論文を含むハンティントンの複数の論文の翻訳は、『文明の衝突と21世紀の日本』(集英社、2000年)で読むことができます。


                                                       教授 中沢 志保
文化学園大学 現代文化学部 国際文化学科のHPはこちら
[PR]
by bwukokusai | 2011-05-31 16:34 | 教員コラム