「ほっ」と。キャンペーン

文化学園大学 国際文化・観光学科ブログ“小平の風”

bwukokusai.exblog.jp
ブログトップ

太平洋岸縦断の旅

  3月11日の東日本大震災の大津波は、私の思い出深い数々の風景をさらっていってしまった。
  私は、専門学校の教員時代の卒業生で千葉県に住む男性3人と「千葉県民の旅」と称し、年に1回1泊2日の小旅行を楽しむ。ほぼ毎年続け今までに伊豆、蓼科、白川郷、伊香保、湯西川、知多半島などなど、多くの地を訪れてきた。
  この大震災で甚大な被害を受けた仙台、松島を訪れたのは8年前の3月である。私たちは、柏市のT君の自宅前を出発、東北自動車道を北上して仙台に入り、その日は仙台市郊外の秋保(あきう)温泉に一泊した。
  翌朝、太平洋岸の松島を訪れた。松尾芭蕉が『奥の細道』の中で「扶桑第一の好風」(日本で一番のすばらしい景色)と評したとおりの美しい穏やかな海であった。海岸から少し歩いた所に瑞巌寺がある。参道がまるで海から続いているようなお寺である。境内には梅の老木があったように記憶している。
  海辺の食堂で特産の牡蠣(かき)がたっぷり入った濃厚な味の牡蠣鍋を食した。1時間ほど街をぶらついてから、牡鹿半島まで足を延ばして小さな漁港で車を止めた。予定になかった漁港で、名前も思い出せない。ここでは干物を焼いてもらって食べた。帰路の運転担当で下戸(酒が飲めない体質の人)のT君を除いた3人はここでもお酒を少々いただいた。実においしかった。港の人々どうしで交わされる会話の意味はほとんどわからない。だが、なにかしらぬくもりのある人々の話し声は、みちのくの旅に独特の旅情をかもし出してくれる。
  帰りは松島から定期船が塩釜港まで出ているというので、S君とK君の2名は船でいくという。船酔いに弱い私はT君と車で移動し塩釜港で落ち合うことになった。塩竈(しおがま)神社に行こうかという私の突然の提案に彼らは予定時間をオーバーしているのでまたにしましょうと、予定の訪問地の小名浜港へ急ぐことになった。国道6号線を海岸沿いに、浜通りを南下した。相馬を過ぎ福島原発のある双葉、富岡のあたりになると道路も広く街並みも整然としてくる。いわき市を抜けて海へ向かって走るとほどなく小名浜港である。ここでは、活きのいい魚を食べ、海産物のお土産を買おうと決めていた。
  魚市場の2階に、おいしい魚料理が安く食べられる食堂があると聞いていたので、そこで遅い昼食をとることにした。漁師の家の家庭料理のように豪快で食べ応えのある定食をいただいた。4人とも家族もちだから、それぞれ海産物のお土産も買いこんだ。
いわき勿来から常磐道に乗り帰途についた。
  翌年の3月には、常磐道をいわき勿来で下り、北茨城の五浦海岸の海辺にある旅館に1泊して、翌日、日立、ひたちなか、水戸、鹿嶋へと海沿いの町を南へ旅行した。
 
  この2回の旅行で訪れた太平洋の海辺の町のいくつかは大津波で壊滅状態になった。テレビで放映される映像を見るたびに8年前と翌年に訪れたときの町のたたずまいや土地の人々の行きかう姿が消えてしまった状景にただ愕然とする。少なからずの観光資源が破壊されたことだろう。五浦海岸の六角堂も津波にさらわれたという。
  一日も早い復興をひたすら祈るばかりである。

                                                     講師 西村 修一

文化学園大学 現代文化学部 国際文化学科のHPはこちら
[PR]
by bwukokusai | 2011-04-26 17:44 | 教員コラム