文化学園大学 国際文化・観光学科ブログ“小平の風”

bwukokusai.exblog.jp
ブログトップ

東北地方太平洋沖地震

  3月11日の東北地方太平洋沖地震と津波、それにより発生した東京電力福島第一原子力発電所の事故の被害に遭われた皆様に、心からのお見舞いを申し上げます。
  私も地震発生当日は帰宅難民で新都心キャンパスに泊まりこみ、翌朝、中央線の運行開始を待って国立の自宅まで帰りました。朝、7時35分に新宿駅を発車し、一駅一駅安全を確認しながらの運行で、国立駅まで通常の6倍程の3時間かかりました。途中、車内なのに携帯電話で声高に話す乗客が若い男性に車両から降ろされたり、のろのろ運行について車掌に苦情を言う乗客がいたりしましたが、混乱することはありませんでした。どちらも私と同じ中高年世代の男性だったのは情けないです。車窓から見える地震の被害は、古い木造家屋の瓦が落ちているのが散見される程度でした。
  東京にあっても、数多くの余震、計画停電、買占めと物不足等がおこっています。が、しかし、マグニチュード9.0という過去最大級の強さの地震と津波に直撃された東北地方太平洋岸を中心とする被災地の皆様の悲しみを思う時、暗澹たる思いがします。朝日新聞に山折哲雄氏が「<生きていくあなたへ>『無常』受け止める」と書かれた文章が印象的でした。(http://www.asahi.com/special/10005/OSK201103170004.html、3月17日朝刊30面)私は、テレビや新聞で報道される被害の大きさに、何かを考えることが出来なくなってしまいました。

  原発のコントロールが回復し、激烈な被害を受けた地域社会とそこに暮らす皆様の身の安全が確保されること、さらには生活の再建が進むことを願っています。
  地震発生後は、できるだけ買物を少なくし、行列には並ばない、停電になったら布団に入って寝ることで、時を過ごそうと我が家では決意しています。共に60歳台の夫婦だけの世帯ですから可能ですが、小さい子どもが居たら大変だと思いました。幸い、今週に入ってから店頭の棚の商品が増え、ガソリンスタンドなどの行列は解消しました。一方では、原発事故による放射能汚染が空気中から地表、水道、海水へと拡大し、不安の種は尽きませんが、政府・自治体が発表する確実な情報に従って行動しようと思います。

  小平キャンパスの窓からは、桜の蕾がピンク色に膨らみ始め、開花が近いことが伺えます。今年ほど、暖かい春の到来が待ち遠しい年はありません。


                                                  教授 瀬島 健二郎

文化女子大学 現代文化学部 国際文化学科のHPはこちら
[PR]
by bwukokusai | 2011-03-28 11:28 | 国際文化・観光学科の紹介