文化学園大学 国際文化・観光学科ブログ“小平の風”

bwukokusai.exblog.jp
ブログトップ

クリスマス表記について

クリスマスの時期から少しずれてしまいましたが、昨年末、街中で見かけて気になったクリスマス表記について少し触れさせていただきます。

クリスマスシーズンになると、街のあらゆる所でクリスマスの表示を目にしますが、その表記にはいろいろなバリエーションがあるのに気づいている方も多くいるかと思います。思いつくままに挙げてみると、「クリスマス」「Christmas」「Xマス」「Xmas」「X’mas」など等です。さてこれらの表記はいかがなものかと考えてみることにします。

カタカナの「クリスマス」と英語の「Christmas」は問題なしですね。さて、上記に挙げた残り3つはどうでしょうか?うーん、と答えに窮してしまいます。「Xマス」は英語と日本語の混成表記でしょうか?そして「Xmas」と「X’mas」は英語のみの表記でしょうか?では、Xは何を表すのでしょうか? 英語でしょうか? 実はギリシャ語なのです。Xはカイというギリシャ文字で、ギリシャ語でキリストをXPIΣTOΣと書きます。つまり、キリスト(Christ)を表すギリシャ語の頭文字だったわけで、12世紀ごろにはすでにこのXがクリスマスの表記に使用されていたと言われています。XのほかにXP.やXt.もキリストを表す時に使われることがあります。つまり、Christmasは、X + mas(ミサ)ということになりますので、「Xmas」は正しい表記です。辞書も公認しています。「Xマス」はギリシャ語と日本語の混成表記です。ですが、「X’mas」はどうでしょうか? 実際、街中ではこの表記のほうが多いようです。このアポストロフィを使用した表記は日本人が考え出した誤った表記のようです。アポストロフィは省略記号で、例えば、is not がisn’t になる時などに使用されますが、「X’mas」はXとmasの間に何かが省略されていると感じられるためにアポストロフィが使われているようですね。

今年のクリスマスシーズンにはどのような表記が街にあふれているか、是非確かめてみてください。

                                                    教授  石田 名都子


文化女子大学 現代文化学部 国際文化学科のHPはこちら
[PR]
by bwukokusai | 2011-01-18 06:18