「ほっ」と。キャンペーン

文化学園大学 国際文化・観光学科ブログ“小平の風”

bwukokusai.exblog.jp
ブログトップ

歳の暮れ、年の始め

 年の瀬である。賑やかにしなればいけないという“空気”が漂っている。
 新年・正月が昇り来る朝日のイメージならば、師走はまさに沈み行く夕日である。弥生と卯月の際、年度末にはこうしたイメージは涌(わ)かない。

 西欧流の聖誕節(クリスマス)の根底には、太古からの「冬至の祭(太陽の復活を祝う)」があると謂(い)う。私たちの正月の祝いも神事であり、祖先の霊も戻って来る。
 「祭り事」に精神的なある種の「神聖さ」が無いと、賑(にぎ)やかさを装っただけのただ喧噪(けんそう)のみが反響し合うだけで、事後には虚しさと気怠(けだる)さだけが残ってしまう。凛(りん)とした静謐(せいひつ)の裏支えがあればこそ、祭りの賑やかさも厚みが増す。
 祭り事の中に秘められたこの神聖な静謐の「場」、それは各自の心の中に沁み出して来るものであるが、そこでは無限の過去と無限の未来とが交差している。その交差点に佇(たたず)む自分に気がつき、日頃(ひごろ)の生活の中では刹那(せつな)の喜憂に浮沈するばかりで、忘れがちになってしまっている本来の自分を見つめ直し、心に積もっていた埃(ほこり)を叩(はた)き落として心の清浄を取り戻す。邪念から遠ざかり、目先の損得勘定から離れ、世間という小賢しさの澱(よど)みの中で溺(おぼ)れそうになっている自分の魂を救い出し、本来の自分に立ち返る。
 その浄なる心に映し出される様々な姿、それは親や兄弟姉妹の相であり、友人であり、故人であり、世相であり、過去であり、また未来である。日頃は見えない姿が現れて来る、聞こえない声や音が響いて来る、感じなかった波動が伝わって来る、思い浮かばなかったことが甦(よみがえ)って来る。
 
 祭り事はただのイベントではない。イベントに堕した祭り事からは、心の糧は得られない。祭り事はヒトが人になった時に生み出した叡智(えいち)の精華である。
 イベントを繰り返し、積み重ねるだけでは、ますます叡智から遠ざかってしまうのではないか?
 「学問」という言葉がある。それは叡智を求めることであり、ただ勉強したり知識や技術を習得したりすることではない。学問をすることは、「祭り事」に例えることができよう。祭り事の表現は知識や技術に彩られて賑やかではあるが、しかし、それは叡智とつながっている。知識や技術に塗(まみ)れているだけでは、それはただのイベントだ。

 「祭り事」の外観は、時とともに移っていくが、しかしその根底の意味が失われずにいることで「祭り事」であり続けることができる。
 さて、「まつりごと」という概念が、いつの間にか「イベント」という流行(はやり)に置き換わってしまって、もう随分と日が経つのではないか?

                                                        准教授 窪田 忍

文化女子大学 現代文化学部 国際文化学科のHPはこちら
[PR]
by bwukokusai | 2010-12-28 11:43 | 教員コラム