「ほっ」と。キャンペーン

文化学園大学 国際文化・観光学科ブログ“小平の風”

bwukokusai.exblog.jp
ブログトップ

校外授業に行こう!

 みなさんは小学生時代、社会科見学に行った経験があると思います。1,2年生では近所のパン屋さんや八百屋さん、3,4年生で警察や消防署、5,6年生ではバスに乗って企業の工場、国会議事堂、NHKのスタジオパークに行った人も多いでしょうね。現代文化学部では企業見学を校外授業として積極的に授業に取り入れています。「エーッ!大学生になっても社会科見学?」と思うかもしれません。でも学ぶ目的が異なると、違った視点から企業を見ることができますよ。

 小学校の社会科見学では、本物に触れることを通して自分たちの生活と職業のつながりを考えることが求められます(文科省HPより)。大学の校外授業は、企業と社会とのつながりを学ぶという、キャリア形成教育の一環であるところに意味があります。私も担当する授業の範囲内で可能な限り学生を外に連れ出しています。そこで企業の情報発信の実態を体験し、一人の消費者として企業情報を理解する力を養う、いわば企業の情報発信ツールのメディア・リテラシーを学ぶことができるからです。

 たとえば(株)味の素の場合、①雑誌、TV、HPなどで製品や企業そのものを広告する、②料理教室やお客様相談センターで消費者の声を聞く、③食の文化センター・食と暮らしの小さな博物館(港区)で食文化を育成する、④味の素スタジアムなどのネーミング・ライツ獲得でヤング向けブランド・イメージを醸成する、⑤世界各地で環境・社会貢献活動を展開する、⑥全国3カ所で工場見学と食育教育を行う、などの情報発信を行っています。a0149405_18212267.jpg現代文化学部の学生70名は今年2月、同社川崎工場を訪問、アジパンダ・アジパンナ兄妹の熱烈歓迎を受けてきました。

 おもしろいのは企業によって生産現場の見せ方に違いがあり、それが学生にきちんと伝わることです。どの年齢階層をコア・ターゲットとするか、発信する文化をどのように考えているか、などによって企業はコミュニケーション手法を変えており、複数の校外授業を経験した学生にはその違いがわかってくるということでしょう。たとえば森永製菓はチョコボールの「キョロちゃん」がメインキャラクターで小学生向け、味の素は鰹の一本釣り体験などヤング向けです。サントリーでは使用済みのビール熟成樽を使って異次元空間を味わうちょっと大人っぽい体験ができましたし、資生堂では同社の製品を自由に使ってメークアップが楽しめる、おしゃれなコーナーが設けられていました。同じことはサントリー美術館(港区)、資生堂ギャラリー(中央区)、たばこと塩の博物館(渋谷区)、電通アドミュージアム東京(港区)など企業が展開している文化施設見学にもいえます。

 あなたも校外授業でさまざまな企業コミュニケーションを体験し、メディア・リテラシーを学んでいきませんか?

                                                      教授 三島 万里

文化女子大学 現代文化学部 国際文化学科のHPはこちら
[PR]
by bwukokusai | 2010-11-29 18:22 | 教員コラム